探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

DELLのPC

※PC用語でわからないものがあれば、一般的なものはだいたい「はてなダイアリー」のキーワードに登録されていると思うので、その言葉(色がブルーになっている場合)をクリックしてみてください。


先日書いた、家内のPCの不調は、けっきょくHDDを交換しても直らなかった。
OSのインストール中に画面が突然に消える現象が出て、調べたところ、どうもマザーボードに原因があるようだと判明。
マザーボードに1万数千とか2万とかかけるのならば、いっそのことPCを買い換えた方がいいだろうということになった。
ただし、その費用は新品のマザーボードを買うのと大きく変わらないものであることが条件。
ヤフオクで探してみると、たまたま大穴のサーバー用マシンが出品されていた。
DELLのPCの新品で、OSなしの本体が25,000円だという。
もちろん新品で3年保証付き。
これを逃したら後悔すると思い、即決で購入した。
http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/pedge_sc430?c=jp&l=jp&s=bsd


ちなみに、PCなんて基本的に中古で買うものではない。
CPU、HDD、マザーボードなどのボード類…、みんな寿命があって、またPC機器は年々安くなっているので、高い値段で中古を買うのはバカバカしい。


上記のDELLサイトを見ると、この製品は個人ではオーダーできず、企業ユーザー専用となっている。
それをどこかの業者が安く仕入れて、オークションを通じて個人に売ろうということのようだ。
CPUはCeleron(D)の250GHz、HDDは80GB、メモリ256MBのミドルタワー仕様は、家内が使う分には十分すぎる。
オールブラックのボディーは惚れ惚れするほど格好良く、私が使いたいぐらいだ。
元々サーバー用の製品なので、OSは含まれず、またサーバーには不要なサウンドカードもカットされている。
このサウンドカードと、メモリが少ないのでその増設も必要だが、いずれも数千円の出費で済むものだ。


DELLのPCの良いところ、というか最近のPCはみんなそうかもしれないけれど、ドライバーを使わずにワンタッチで筐体をオープンできるということ。
よくできた作りになっている。
キーボードは人間工学的によく考慮されて曲線状に配置されている。


PCを買うには、こういう裏技もあるということで紹介した。
ただし、OSの入手とインストールが必要なので、初心者向けのソリューションではまったくない。
今日はそのOS(Windows2000Pro)のインストールをしたが、バックアップしたデータの復元も含めて、半日がかりだ。

ホームサーバー

これを書いてるうちに、ホームサーバーが欲しくなってきた。
バックアップ用サーバーでもあるし、またTVキャプチャ機能を搭載すれば、DVDレコーダーなんて要らなくなる。
25,000円程度でサーバーが買えるならば手が届く。
ただしUPS無停電電源装置)は必須だが。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email