探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

北九州聖地巡礼2日目〜宗像大社など

GWのせいもあるのか、あまり読みに来てくれる人がいないようなので、簡単に。
北九州聖地巡礼2日目は、宗像(むなかた)大社、志賀海(しかうみ)神社、香椎宮(かしいぐう)の3社を廻った。


昨日からの巡礼でいちばん感銘を受けたのが、宗像大社だった。
高宮祭場では、いちばん強い力を感じた。
女神さまが最初に降臨された場所だ。
辺津宮の御祭神であるイチキシメヒメさまが祀れた本殿よりも、タゴリヒメさまが祀られた第二宮で力を感じた。
おみくじも20番「大吉」だった。
宗像三女神には、やはりご縁がありそうだ。


次に、福岡市の沖合いに見える志賀島(しかのしま)にある志賀海(しかうみ)神社へ。
ここは、同じ海の神さまである綿津見(わたつみ)三神を祀る。
時間が余ったので、近くの大嶽神社へもお参り。


最後は、香椎宮(かしいぐう)へ。
仲哀(ちゅうあい)天皇、神功(じんぐ)皇后、応神(おうじん)天皇住吉大神を御祭神としている。
仲哀天皇の御神霊を神功皇后がお祀りされたという伝説に基づく。
境内を出た裏手には、仲哀天皇を祀った橿日宮(かしひみや)・沙庭斎場の跡である古宮(ふるみや)がある。
また、ここは仲哀天皇熊襲と戦った際の大本営の跡でもある。
そういう神社なので、いつもの巡礼とちょっと勝手が違った。


昨日コメント書いてくれた人につられて、また食い物ネタを。
昨日夕食をとったホテル近くのインド料理店へ再度入る。
今日はダール豆カレーとチーズナンを注文。
カレーは今日は「辛め」を指定して、ちょうど良い辛さ。
これなら「激辛」でも何とか食べられるかもしれない。
唐辛子を使わない料理で辛いといっても、たかが知れている。


ナンが小ぶりだったので、追加でVegetable Pakola(パコダ)なるものを頼む。
インド式の天ぷら(のようなもの)だ。
違っているのは、衣にターメリックを混ぜていてカレー色で、ソフトなところ。
ベーキングパウダーでも入れている感じ。
具は、カボチャ、ナス、タマネギ。
これにトマトケチャップを付けて食べる。
値段が260円なので、大してボリュームはないだろうと思ったが、出てきたのは大きめの皿一杯に乗った6個のパコダ。
一瞬目を疑う。
やっぱりこの店は安い。


味も美味しく、あさってもまた来て食べたい。
明日の夜はいったん宗像市を離れて、小倉のホテルに泊まるので。
毎日のように食べに来て、インドのお兄さんには変な顔をされるかもしれないが。
「簡単に」終わるつもりだったが、好きなインド料理(ヴェジタリアン向き)の話になるとつい長くなってしまう。
※昨日紹介したぐるなびのページはぜんぜん違う店でした。
ネット上でほとんど情報が得られない。
宗像の「サンシティ宗像 シティボウル」1階に入っている「カシミーリ インド ファミリーレストラン」。
「ファミリー」にだまされないように。
味は本格インド料理なので。


明日は宇佐神宮、そして近くの百体社、鷹居神社を廻る。
いちばんヘヴィーな日になるかも。
なんといっても、百体社は戦いで殺された100体の隼人の首を祀った場所だ。
ちゃんと清まってくれてるといいな〜とか思ったりして。




Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email