探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

イエスの妻〜マグダラのマリア

さきほど、TVで映画『ダ・ヴィンチ・コード』を初めて見た。
けっこう面白かったので、もっと早く劇場で見るべきだったかな。
この作品では、「マグダラのマリアはイエスの妻だった」というテーマが含まれている。
そして、イエスの子孫がいたという前提だ。


これは、私が電子本とオンデマンド本として出版した『ヴィア・ドロローサ〜イエスが歩いた悲しみの道』でも探究したテーマのひとつだ。
イエスが本当に妻帯していたかどうかについては、拙著の中で詳しく論じている。
有料ですが、興味がある人は読んでみてください。↓


当時のユダヤ社会の慣習からすると、20代のイエスが独身でありえなかったという主張もある。
だが、イエスはエッセネ派の影響を受けていた可能性がある。
エッセネ派の共同体では、独身主義や禁欲生活が貫かれていた。


古代には、神殿娼婦(神聖娼婦)という存在がいた。
彼女たちは、神と交わる神聖な存在だった。
だが、それはユダヤ教から見れば異教徒の行いだった。


映画『ダ・ヴィンチ・コード』を見て思ったこと。
それは、たとえイエスに本当に妻と子孫がいたとしても、それはユダヤ人であるということ。
なので、ダン・ブラウンの小説のように、白人であることはあり得ないだろう。


聖娼婦の問題などについては、いずれ『Noyaユーザーズクラブ』の方で書くことにします。


ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

ダ・ヴィンチ・コード [DVD]




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email