探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

絵画の才能

最近、絵画などのアートの才能をもつ外国の友だちが増えてきた。
よくチャットをやるジャワ人の女性は、絵画が趣味だという。
作品を見たいと伝えておいた。
今日、早々に40点もの作品をMySpaceのアルバムにアップロードしてくれた。
自然の描写がすばらしく、まるで自然が発するオーラを描いているかのようだ。
特に光の描き方がうまい。


スピリチュアルな世界に造詣が深く、カードリーディングやヒーリングの才能もある。
宗教は、チベットのタントラ仏教を信仰しているという。
写真から見ると華人のようだが、本国ではチベット仏教を信仰する漢人などほとんどいないだろう。
絵画作品は、まだまだ他にもあるという。
さきほど彼女とチャットして、絵画を売らないのかと聞いてみた。
「誰も買わないわよ」という返事。
「そんなことない、ここに一人いるよ」と言ったら、お金なんていらない、タダであげると。


お言葉に甘えて、弁才天さまを描いた『サラスワティ』という油絵の作品をもらうことにした。
ただし、スラバヤまで来てくれたらという条件がある。
なんとかハードスケジュールを調整できないものだろうか。
絵を置いておくスペースがなくなってきたので、家で弁才天さまをお祀りしているあなたにもらってほしいという。
これも女神さまの導きなのだろうか。


先日紹介した、カンジェン・ラトゥ・キドゥルさまのブログを書いているインドネシアの男性。
女神さまの絵を描いている彼の作品も、素晴らしい。
買いたいと思って相談してみたが、値段交渉は決裂してしまった。
だが、同じ女神さまを慕う同士で、良い友達になれそうだ。
8月にジャカルタで会うことにした。
彼も逢いにきたら、何か絵をくれると言っていた。
彼のアートギャラリーはこちら。↓
画像をクリックすると、2段階で大きくなる。
http://dtse76.deviantart.com/gallery/


他に、絵画を趣味とするロシアの女性などもいる。
今日もMySpaceで一人、ジャワ島の新しい友だちができたが、彼女も絵画や人形を創作するアーティストだ。
彼女の絵も牧歌的で味わいがある。
絵本の挿絵なども描いているようだ。
ジャワ人やバリ人では、夢の世界(アストラル次元)を見たままに描いているような絵心をもつ人が多い。


私も子供の頃は絵を描くのが好きで、先生に母親参観日に紹介されたりしていた。
だが中学校の頃に音楽に目覚めてからは、パッタリと絵を描かなくなってしまった。
今、40年ぶりに絵を描きたいという気分になりつつあるかもしれない。
(いまからじゃ遅いか…)
才能ある人々の作品を鑑賞するだけにしようか。
スピリチュアルな次元で開花した人は、何らかのアートな才能をもっている人が多い。
私の場合、ヴィシュダチャクラが動いているせいもあって、「音」の方に惹かれる要素が強いのかもしれない。




Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email