探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

『賢者のことば』呟きBOTとTTM

今日は、twitterで『賢者のことば』を自動で呟くBOTを作った。
BOT(ボット)というのは、twitterでさまざまな情報を自動で呟くプログラム。
TTMという、簡単にBOTを作れるWeb上のサービスがあることを知って、それを利用することにした。

TTM

BOTは通常、perlとかPHPとかで自分でプログラムを書かなければならない。
だが、このTTM(坦々麺の略だそうです)は、データさえ自分で作れば、あとはやってくれるというもの。
呟くデータは、CSV形式で作成する。
Excelなどのソフトがあれば、簡単に作成できる。
作成したCSVファイルを、上記サイトからtwitterアカウントにログインしてアップロードする。
その時、1時間から5時間の時間間隔を設定でき、設定された間隔で1レコードのデータを呟いてくれる。
呟く順番は、先頭レコードからではなく、どうもランダムらしい。
また、呟くtwitterアカウントをフォローしてくれた人を自動でフォロー返しもしてくれるという。

CSVファイルの作成

上記サイトでは、ExcelCSVファイルを作るところから解説している。
Officeをもっていなければ、OpenOfficeなどのソフトを使って作成することもできる。
そういうソフトもない場合は、テキストファイルエディタ(サクラでも何でも)でも作ることは可能だ。
通常のCSV形式はカンマ区切りで、改行で1レコードを区切るという形式。
だが、TTMで必要なデータは1レコード1フィールドだけなので、実際はカンマは必要ない。
改行で区切ってさえあれば良い。
拡張子(.csv)は必ず付けなければいけない。

データが送れない

私の場合、CSVファイルを作成して、送信しようとしたが、失敗する。
CSVファイルを入力してください」とエラーメッセーが表示される。
ちゃんとファイルを指定しても、[送信]ボタンをクリックすると、上記メッセージが出る。
開発者にメールで問い合わせてみた。
CSVファイルを送って調べてもらったが、データに問題はないという。
向こうで送信したら、うまくいったという。
けっきょく、代わりに送信してもらって、呟きが送られるようにはなった。
だが、私のPCから送るとダメで、何か環境的要因がありそうだ。

『賢者のことば』

記念すべき初つぶやきは、弘法大師空海のことばだった。

三界の狂人は狂せることを知らず、四生の盲者は盲なることを識らず、生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し--空海


はじめて自分でボットを作れたのは、ちょっとした感動だ。
もっとも、自分でプログラムを作ったわけではないが。
というわけで、これからは1時間おきに賢者の言葉を呟くようになるだろう。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email