探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

「孤族の国」と年配者の婚活

数日前に、年末からたまっていた朝日新聞をイッキ読みしたことは、その日の記事で書いた通り。
その時に読みふけっていたのは、『孤族の国』という連載。
asahi.comでも、その特集の全文を読むことができる。↓


上記ページのトップには、「単身世帯の急増と同時に、日本は超高齢化の時代を迎えます」とある。
歳とっても配偶者がいなかったり、孤独な生活を強いられている人々が、この国には多い。
読んでいて、いろんなことを考えさせられた。
私自身も5月に55歳になるが、人ごとでは済まされない部分もある。
このまま結婚しないで母もいつか亡くなると、孤独な生活が待っているかもしれないのだ。

孤族の婚活

この連載、年末で終わるのかとばかり思っていたら、元日以降も続いていた。
「正月早々、こんな暗い話題を読みたくないな」と思った人もいるかもしれない。
朝日が敢えてそれをやったというのは、日本に対する重大な提言なのだろう。
「孤族の国」でググルと、120万件以上ヒットする。
かなり話題になったようだ。


連載2回目には、とても気の毒に思う男性の例が紹介されていた。


60歳になる男性が、中国で婚活を行う。
若い頃は借金返済に追われていつしか50を過ぎ、婚活を始めた。
いくつも結婚紹介業に登録したが、駄目だった。
ある時、「あなたの年では日本人は難しい」と言われ、中国人女性を紹介されるようになった。
男性が言われた言葉は、私自身にも当てはまる。


だが、中国人女性と2回の結婚は、すぐにダメになった。
結婚後すぐに逃げられたような形で終わった。
出会いサイトとかで見つけられないのかなとも思ってみたが、自分の経験からして、それはたしかに難しい。
年配の人々のための男女の出会いの場が、もっとあればいいのにと思う。


自分も今は失業中の身だ。
少しでも生活の足しになるようにと、アフィリエイトにも力を入れるようになった。
明日は我が身で、「孤族」の仲間入りをするかもしれない。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email