探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

8月12日に大地震は起きるか?

「8月12日に大地震が起きる」という噂がネット上で囁かれている。
噂というか、某ブログの地震の夢が発端となっている。
「コテ造&ママゴン」さん親子による「コテ造と天使さんの毎日」というブログだ。


静岡県に住む女性「ママゴン」には、「コテ造」という小学生の息子がいる。
コテ造は天使の声が聴ける。
7月に入って、大地震の同じ夢を何度も見た。
その一連の夢は、天使からのメッセージとしてコテ造に伝えられたものだった。
それを人々に伝えようと、ママゴンがブログを立ち上げた。
ブログ開設以来、今日(8/6土)までに14記事ほど書きこまれていて、全部読むのはそれなりに大変だ。
そこで、以下に予言(?)の内容をまとめておく。


夏の暑い朝、NHKのテレビ画面に緊急地震速報が流れる。
本震が2回あり、1度目の地震はM7.9で、震源相模湾の中心。
湘南は震度6、熱海震度6弱(2回目の地震では震度6強)。
相模湾の沿岸一帯に大津波が発生し、初島津波に呑み込まれる。
東京は液状化現象による被害が拡大し、東京湾は重油の流出で一面火の海。
だが天使さんは「夢が全部現実になるわけじゃないよ」と言っている。

コテ造の夢とメッセージの内容

みなとみらいが津波に呑まれ、新幹線の熱海駅のすぐ下まで津波が達した。
灯台より高い津波が来て、灯台が折れ、浮いている。
津波で多くの家が流されている。大きな川を津波が逆流。
浜岡原発も大津波の被害が出て、2号機で放射能漏れ事故(福島ほどひどくない)。
東京は震度5強で、内陸にまで15mの津波が押し寄せる。
地下に水が流れ込み、メトロが壊滅。


東京湾は一面の火の海。
成田空港と羽田空港は水浸しになり、北海道の千歳空港に国際空港の機能が移転。
新聞記事の見出しは、不幸が“10万人以上の可能性”や”天皇家一時大阪へ”など。
天使さんは「みんな次第で変えられるよ」と言う。


東京湾岸沿いの高速道路が部分的に落下し、全てコンクリートでできているような人工島が沈んだ。
スカイツリーがポキンと折れた。
新聞記事に“大阪が首都になるおそれも”


コテ造は、夢の中だけでなく、起きている時も「青白い光」からのメッセージを受け取るようになる。
地震が起きるのは8月12日の朝6時から8時の間。
起きるか起きないかは決まっていないが、起きる可能性は高い(87%)。
その後、8/2の駿河湾沖の地震によって相模湾震源とする地震が起きる確率が高まり、91%となった。(8/5時点)
東海地震の起こる確率は、12%に下がった。


8月2日23:58に起きた駿河湾震源とするM6.1地震について。
フィリピン海プレートユーラシアプレートとの境目で起きたもので、東海地震も場所は違うが同じ境目で起きる。
気象庁の見解とは違い、東海地震と大いに関係がある。
東海地震は、東南海地震と南海地震が起こった後に起こる可能性が高い。
12日の相模湾震源地震とも関係があり、その前兆である。
東南海地震と南海地震とは関係はない。


その後、ママゴンも、青白い光から直接メッセージを受け取れるようになる。
以下は、ママゴンへのメッセージ。
日本に生きる人間の魂は、本来、幾多の困難にも耐え得る素晴らしい強い魂である。
今回の地震は、われわれの想念次第で、大きくも小さくもなる。
今こそ、われわれの魂が目覚める時である。
コテ造に夢を見せたのは、人々に防災の備えや心構えを喚起させるためで、不安を煽るためではない。
防災の心構えがあるとないとでは、いざという時、取る行動が違ってくる。


以上は、本日(8月5日)時点までのブログの情報に基づいている。
私がちょっと疑問に思うのは、コテ造君が夢や「天使」からの直接メッセージを得ていたのが、ある時から旧に「ママゴン」も青白い光からメッセージを受信できるようになったことだ。
このへんに、ちょっと不自然さを感じてしまう。

「伊勢女」さんの地震の夢

東日本大震災を予言していたとされる「伊勢女」さんという女性も、大震災後に話題となっている。
コテ造の地震の夢の内容は、この女性の夢と類似する部分がある。
この人が夢で見た内容は、2ちゃんねるへの書き込みという形で公開された。
いまはもう読めなくなっているようなので、代わりにその夢をまとめた下記のブログを示しておく。


上記の春夏秋冬の4つの夢のうち、「冬の予言」と言われているのが、東日本大震災のこととされる。
11月に起きるというのは、本人の解釈が違っていて、本当は11日だったという意見がある。
そして「夏の予言」は、これから対応する大地震が起きるのではないかと言われている。
「ニノマエ」という地名が平塚市の二宮のことならば、相模湾沿いの町で、コテ造の夢と共通することになる。

エレニン彗星による地震予知

東日本大震災予知していたとして、ネット上で話題になっている女性が外国にもいる。
9Naniaと名乗る、米国の超能力者のような謎の女性だ。
彼女は、エレニン彗星の位置に基づいて予測をしていた。
それに加えて、「霊感」のようなものも利用しているのだろうが。
3月8日にYouTubeに投稿された動画では、3月11日から15日にかけて要注意で、「断層帯の地域に住んでいる人は逃げてください」と警告している。
その動画を貼り付けておく。

◎MARCH 11-23 EVENT?! Signs and Evidence


メンサー・オマーバシッチ博士の学術論文によると、エレニン彗星と地球と太陽が直列になることによって、地震を引き起こす遠因の一つとなっているという。
そして、M6を超える地震の多くは、地球と惑星が直列した時期に起きているという。
この条件が次に整うのが、今年8月16〜20日なのだ。
コテ造が知らされた8月12日に近いのは、偶然だろうか。
この時には、エレニン彗星は絡んでいなく、地球・水星・太陽・金星が直列になる。
8月12日頃にも、この4天体が直列になりかかっているので、地震が早まって起きることもあり得るのだろうか。

8月12日に大地震は起きるか

このブログ記事の締めくくりとして、結論的なことを書きたいのが山々だが、本当にどうなるかは、私には書けない。
「近い内にどこそこあたりで大きな地震が起きる」というような情報が、「向こうの世界」から流れてくることは、あり得ると思う。
だが、正確に何月何日に起きると特定するのは、通常は向こうの世界でも容易なことではないと思われる。
コテ造の夢のように、あれだけリアルに描写されると、ちょっと心配になってくるが。


東日本大震災を予言していたとして一躍有名になった松原照子さんは、この件に関連して何か言っているだろうか。
ブログ「幸福への近道」の8月5日付の記事では、「大地震は今日も気になっていません」とタイトルにある。

この冒頭には、「8月に大災害が来るのではと、ご心配されておられる方も多い事と思いますが、今月大雨は気掛かりですが、大地震は今日も気になっていません。」とある。
恐らく、コテ造&ママゴンの噂が耳に届いていて、それを前提としての言葉なのだろうと推測する。
「今の所、心を休めておられてもいいのではとも思います」と書かれているから、8月に大地震がある予感はしないということなのだろう。


コテ造&ママゴンのメッセージは、現在進行形で続いている。
東日本大震災予知していた人たちのブログをウォッチしたり、天体配置や太陽フレアの状況をチェックしたりして、1週間後のその日に向けて、注意を怠らないようにしたいと思う。


※こちらの記事で追加情報を書いています。


【参考文献】
前述の9Naniaさんが紹介されている。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email