探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

グレイッシュベビーゲート〜幼児を守る最強フェンス?

こういう商品を一般的に何と呼ぶのだろう?
ベビーフェンス?
とりあえず、幼児がいない家には関係ない話題だろう。
1〜2歳の子供が立ち入ってほしくないところを塞ぐゲイトだ。


3月に龍矢が2階から階段の下まで頭から落ちたが、怪我ひとつしなかった。
まあ、この家ならばそういうこともあるだろうと、普通のことに思えてしまう。
だが、いつもそんな奇跡をあてにする訳にはいかない。


あれ以来、2階の階段へ出るふすまは常に閉じておいた。
でも、夏場になると風通しが悪くて暑くて仕方ない。
そこで、ベビーフェンスを買うことに。


一度近所のB-Kids(BOOK OFF系)へ行って、安い中古のベビーフェンスを買ったのだが、1日ももたなかった。
すぐに龍矢に破られてしまった。


そこで、またB-Kidsへ行って、もっと頑丈そうなものを選んだ。
JTCというメーカーの、「グレイッシュベビーゲート」という製品。
中古で安く売っていたのを、買ってきた。


これが箱の写真。


階段の手前の2本の柱の間に設置した。
突っ張り式で、ネジを回していくと、かなりの強度になり、大人が強く押しても動かない。


2歳くらいまでの子供ならば、押してもビクともせず、乗り越えることも不可能だ。
三重ロックになっていて、最後の砦のロックは、手前にいる幼児から絶対届かないところについている。
幅を広げるためのサイドパネルが2枚ついていて、この写真では片方だけ使っている。


1歳3ヶ月の龍矢が前に立つと、こんな感じ。


片開きのドアは両側に開くが、片側だけに開くようにするストッパーもついている。
万が一ドアを閉め忘れても、オートクローズ機能で自動で閉まる。
オプションのサイドパネルを買えば、より幅広い空間に設置できる。


詳しいことは、下記のAmazonのページにある。
定価14,000円ぐらいで、Amazonでは半額くらいで売られている。

グレイッシュベビーゲート

グレイッシュベビーゲート


つまづき防止スロープ付きとか、かなり細かいところまで考えられている。
何度も改良を重ねてきた商品ではないか。
いまのところ、まったく不満はない。
ロックするのがちょっと面倒くさいかなというのがあるが、我が子の安全には替えられない。
イヌやネコの侵入防止のために設置している家もあるようだ。


そんなに多くの種類の商品を見てきたわけではないが、私が知る限りでは最強の製品だ。
Amazonカスタマーレビューでの評価も良い。
日本育児の製品と比較する人が多いようだ。

他のメーカーの製品は?

日本育児からも似たような製品が出ているが、私は現物を見たことがない。
こちらの方がベストセラー1位になっているようだ。
安いタイプはJTCより強度が劣りそうだが、価格は安い。

日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006

日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006

日本育児 ファミリーゲイト

日本育児 ファミリーゲイト





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email