探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

妊娠3ヶ月目とタイへの避難?

サルちゃんと龍矢が、来週8/21から2ヶ月ほど、タイへ帰国する。
妊娠直後に、あまりに怠いので、タイへ帰国して休みたいという希望からだ。
先日の記事で書いたサプリのお陰で、怠さはなくなったが、良い休息になるだろう。
昨日病院の検診に行ったが、超音波エコーで見る胎児は、かなり人間らしい形になってきた。
背骨もよく写っている。



今は妊娠12周目に入った。
公立昭和病院では、また担当が若い女性の先生で良かった。
出産予定日は来年2月19日で、ヘタすると龍矢と同じ魚座で生まれるかもしれない。
あの時はかなりの難産で、吸引分娩で生まれた。
今回はもっと体重が増えていて、どうなることやら。

自然分娩と帝王切開

タイは性転換手術とか代理出産とか、変なところで医療が発達している。
なぜか初めから帝王切開で産むケースが多く、自分で選択できるという。
日本に嫁いだタイ人の中にもいて、サルちゃんの友だちは小柄なのに出産直前まで異常にお腹が膨れていて、どうなることかと思ったら、やはり帝王切開で産んだそうだ。
だからタイ人は妊娠中も遠慮なくよく食べて、どんどん太る。
出産予定の病院は自然分娩が基本で、そう簡単には帝王切開はさせてくれないだろう。

出産までの体重増加は10キロまでと先生に言われた。
タイへ帰ってお母さんの美味しい(味が濃く辛い)料理を食べて、いま以上に太って帰ってくるのではないか。
今の担当医は温厚そうな若い女性だから怒られることはないだろうが、苦労するのは自分だ。
サルちゃんは明るいわりに、すごく繊細で心配症なところがあるが、こういうところは東南アジア人らしく呑気だ。

龍矢の嫉妬

以前に、サルちゃんのタイ友が出産して、遊びに行って赤ちゃんを抱っこしたら、龍矢が大泣きした。
乳幼児の嫉妬というやつだ。
1歳を過ぎた頃だったが、パパとママがキスしていた時に、割り込んで引き離そうとしたこともあった。


妊娠が発覚してから、先生から母乳をやめるように言われ、龍ちゃんはかわいそうだ。
夜寝ていて、寝ぼけながらママの胸元をまさぐってオッパイを触っている。
起きているときでも、よくそれをやる。
時々間違えて、パパの胸に手を入れる。
何なんだろうね、これは。
幼児性欲とかとは違い、オッパイへの名残なのか。

第二子は男か女かわからないが(私のヴィジョンでは女の子が見えたが)、その子が生まれたら、龍矢はどういう態度をとるだろうか。
誰もが乗り越えなければならない道だろうが。
私自身は3人兄弟の長男だったが、そういう記憶はまったくない(あたりまえ?)


龍矢は、さすがに魚座生まれのこともあって、これから霊感が強くなりそうだ。
職業的には、もしかしたら父と同じ道(コンピュータエンジニア)を歩むようになるかもしれない。

タイへ避難?

タイといえば、3.11以降に、タイへ避難することを薦めてくれた人が何人かいた。
本当に原発事故など大災害が起きたら考えるが、いまは基本的にそのつもりはない。
自分は日本にとどまり、日本のために災害鎮静などの祈りをすることが役割の一つだと思っている。
そのことを、ロン・バードTwitterでやり取りしている時に言ったら、自分と同じ側に立っていてくれて嬉しいとか何とか言われた。


これから2ヶ月ほど、賑やかな二人がいなくなって寂しいが、執筆や研究に専念できる。
今年後半に自然災害が起きるという予言や予測のたぐいが多いが、二人がタイへ行く件は、それとは関係ない。
近く某所で書くが、最新の予測では南海トラフ地震が今年か来年あたりに起きてもおかしくないような前兆も見られる。


3.11だけで終わらず、今後数年間も日本にとってヘヴィーな状況が続くだろう。
「恐怖の男・安倍氏」の問題もある。
日本にとっては、大きな試練が待ち受けている。
西日本の方も、のんびりしてはいられない。
どうか十分な情報を得て、自分のため家族のために近未来のことを考えてください。
政府が信用出来ないことは、もう十分わかっていることと思いますが。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email