探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

大地震の夢を見るスズさんの原発事故の夢?

今年3月に、ハピズムで「富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性」として紹介したスズさんから、久々にメールが届いた。
そこには、昨年見たという原発がらみの怖い内容の夢が書かれていた。


スズさんについて知らない方は、こちらの記事を先に読むことをお勧めします。
全貌を知ろうとすると、ちょっと時間がかかります。
神仏や宗教的な話(特定の宗教ではなく)も関連してくるので、そういうのが嫌いな人は初めから読まない方がよいかもしれません。


その夢について紹介する前に、スズさんがなぜ地蔵流しなどをされているかなど、読者の人々にわかってもらった方が良いということで、スズさんが新たに文章を書き起こして送ってくださった。
それを、まず紹介したい。
ちょっと長くなるが、読んでみてください。
敢えて、私の方で一字一句変えずに、送られたメールをそのまま貼り付けておく。

なぜ御札流しをするのか

繰り返しますが、これ以降のスズさんの文章などだけを読んでも、何がなんだかわからないかもしれません。
前述の記事を先に読むことをお勧めします。

今の日本は、有り得ないと思っていたことも、思いもしなかった事も、現実に起こり、その事にショックを受けている間にまた新たな災いが起こり、それの繰り返しになっていると感じます…。


御札を流せば回避できるのか?と聞かれれば、私は回避できると言い切る事は出来ないと思います…。


何の思いも込めない御札流しは、おまじない遊びに過ぎないからです…。


私は東日本大震災直後は、日本の神々に対する感謝の気持ちや、今日がある、仲間がいる、仕事がある、美味しい食事がある、自分を取り巻く全ての事に感謝しながら御札を流してきました…。


そして今は、海を汚した事について、自然を壊してきた事について、震災などから命がけで人間を護り、息絶えてしまった沢山の龍神様のために、日本を囲むように間隔を空けながら、冷たい海の中に正座し、何度も何度も強い波に押し倒されても体勢を直し、ひたすら読経する大勢のお坊様方々のために、神が護っても歩み寄っても神をないものとし、神を絶望させる愚かな人々の代表として、御詫びと今日までの無事に感謝する気持ちで御札を流しております…。


私や私のように、様々な災害の夢を見る方は沢山いらっしゃると思います…。


私には、少なからず回避の方法があると神が、感じる方に先の事を見せているのでは…?と、思えてなりません…。


気付きとは、感謝と反省の事なのでは、と思います…。


いつの間にか、人が神よりも偉い存在だと勘違いする方も増え、神はいないとなげき、何でも直ぐに諦めてしまう方々が増えているのでは、と感じます…。


百瀬さんのおかげで御札流しをしてくれる方々が増えました…。


台風27号28号に加え、中国から日本に向かう渦があった頃、私は日本の犠牲者は数百では済まされない大惨事になると、寒気がしておりました…。


台風がそれた数日後、メールが殺到してわかったのですが、台風が上陸すると言われていた前日までに、皆さんが御自分の意思で、全国で一斉にお札流しをしておられました…。


他人の幸せを願い、一人一人は、他に流している方がいることを知らずに、一斉に流していたのです…。


それが御札流しのおかげかは、私にもわかりません…。


他の方々も同じ気持ちだと思います…。


ですが、諦めは受け入れでしかないと、無心で流してくれたのだと思います…。


日本は今後余震や、原発の問題があり、次の世代に安心と安全を受け渡すのは、とても難しいと思います…。


先にどうなるかより、今は福島に住む方々や、命懸けで原発で作業する方々が心配でなりません…。


福島に住む方々にも、原発で作業する一人一人の方にも、大切に産み育てた親や、大切な家族がいることを、遠いからと、知らない方だからと目を背けないでほしいのです…。


どんな罪深い人間であっても、簡単に亡くなってもいい人間はこの世には一人もいないと、私は思っています…。


月に一枚御札流しの協力をしてくれる方が100人いれば、月に100枚の御札が日本の海に流れます…。


たった一枚ではなく、これからは協力をして頂ける確かな一枚が大切だと思うのです…。


福島で事故が万が一起これば、ドミノ倒しの様に次から次へと災害が後をたたなくなるのではという不安もあります…。


けしてあってはならないことです…。


御札流しの協力が無理だとしても、神社や御寺などに、御詫びや今日までの無事に感謝するお参りをして頂けたらと思います…。


可能な方は、月に一枚でも構いませんので御札流しの協力をどうか宜しくお願い致します…。


希望の光は、自分が切り開いた所から射し込むと私は信じています…。


どうか御協力を宜しくお願い致します…。


もしかして、超大型の台風27号が上陸しなかったのは…?
他者のために祈る人が、この国にはまだいるのだと知っただけで、嬉しくなってくる。

原発事故の夢?

次に、上記のメールをもらう前に久々に送られてきたスズさんのメールも、そのまま載せておく。

昨年なのですが、江戸川区の自宅近くのスーパーにいる夢を見ました…。


夢の始まりは、停電したスーパーから出る所から始まりました…。


外にも明かりはなく、地震?停電?と思って自転車に向かうと、強烈な科学薬品のような臭いがしました…。


大慌てで自宅に戻ろうと、できる限り息を止めてがむしゃらに自転車を走らせました…。


外に出るな!外に出るなーー!と大声で叫びながら走り続け、自宅すぐそばの川の上を見ると、異常なほどにオーロラが沢山出ていました…。


反対を見ると、黒い雲で形成されたような巨大な四角い箱の様な物が浮かんでいました…。


金魚の水槽の様に、枠だけが黒く、中が見える感じでした…。


真ん中に一本の太いアームの様な物があり、掴んでは上がり、掴んでは上がりを繰り返していました…。


中には何も入っておらず、その時は、人を掴んで入れる箱かと思いました…。


自宅に着き、外に出るな!!外には絶対に出るな!!
と、子供達に叫んでいました…。


そこで目が覚めましたが、何の夢なのか曖昧で、原発事故?地震?と思っていました…。


そしてつい最近、また夢を見ました…。


丸いコンクリートの様な建物の中にいました…。


ブロックを積み重ねて作ったような、継ぎ目が見える丸い建物で、3分の1が斜めに削られた様に崩れた建物でした…。


高さは30メートルはあったでしょうか…。屋根にはブルーのシートか掛かっていて、垂れ下がっていました…。


その中から筒の様な物を沢山抱えてて出ようとしている方がいました…。


筒は透明で、中が空洞になって手が入るような筒で、筒の端に黄色いテープのようなビニールの様な物がヒラヒラと着いていました…。


長さ1メートル50センチほどの筒でした…。


一本一本に、セシウムプルトニウムストロンチウムなどと書かれていました…。


それを10本ぐらいいっぺんに抱えて、1つ落としては拾い、拾うとまた別の筒を落としを繰り返していて、やめた!!と、全部置いていなくなる夢でした…。


この2つの夢をどう感じますでしょうか…。


私にはどうしても作業の失敗が頭を過るのです…。


2つの夢は、燃料棒取り出しを知る前でした…。


原発には知識が無いに等しいくらいですし、筒の夢を見た直後に取り出し作業の事を知ったほどです…。


この夢が、「このままではこういう事態が起きるかもしれない」という「警告夢」であってほしいと切に願う。
そうではなく、これから本当にこのようなことが起きるという「予知夢」だとしたら、大変だ。
以前にハピズムで予言のメカニズムみたいな記事で書いておいたが、予言や予知夢というのは、必ずその通りに現実に起きるとは限らない。
スズさんも、そうならないようにと回避のための祈りなどを行っている貴重な人だ。
自分ものんびりしていてはいけないと思えてくる。


ハピズムの記事以降にスズさんからの他の夢についても、下記の過去記事で書いています。


※スズさんと直接にコンタクトを取りたいという方は、メールアドレスをお教えしますので、百瀬までメールをください。



風邪が治って3人とも元気です。





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email