探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

福島県沖でM4.0地震~茨城県のイルカ座礁は前兆だったか?+ゲリー・ボーネル氏の予言最新情報

今日未明の2015/04/11 2:18頃、福島県沖でM4.0、最大震度1、深さ約50kmの地震があった。
大した規模の地震ではないが、取り上げるのは訳がある。
昨日、茨城県鉾田市台濁沢(だいにごりさわ)の海岸に150頭くらいのイルカ(カズハゴンドウ)が座礁した件が、地震の前兆ではないかと話題になった。
昨日のブログ記事で、TOCANA編集部による記事を紹介した。


tankyu.hatenablog.com


実は、このイルカ打ち上げは、今日の地震の前兆だったのではないかと推測している。
これは、あくまでも可能性としてであり、今後更に地震が起きるかもしれないし、また地震はまったく起きないかもしれない。


下記のGoogleマップ震源鉾田市台濁沢の位置を追記しておいた。
ちなみに、打ち上げられた海岸から震源までの距離は100Km前後あった。


f:id:nmomose:20150411100034j:plain


たとえ地震前兆であっても、これまでの経験から、必ずしも「大地震」ではなく、今日のM4程度の地震でも起こりえるのではないかと考えている。
また、打ち上げられるイルカやクジラの頭数は、かならずしも地震の規模に比例しないように思う。
2011年3月4日に茨城県鹿嶋市下津海岸にクジラ(カズハゴンドウ)52頭が打ち上げられ、1週間後に東日本大震災が起きた。
今回は3倍のカズハゴンドウが座礁したので、3.11の3倍の規模(M9.2位)の地震が来るかというと、そんなことはあり得ない。


イルカをはじめとするクジラ類の脳には磁気を感じる物質が存在していて、鳥類と同様に磁気を利用して移動している可能性がある。
この機能が、地震前兆としての地殻変動の岩石破壊により発生する電磁波によって狂わされるのではないかということだ。

ゲリー・ボーネル氏の最新コメント

昨日掲載されたTOCANAのゲリー・ボーネル氏の記事で、前述のイルカ座礁を絡めてあったので、そのボーネル氏の最新情報を。
昨日4/10に、ボーネル氏はYouTube動画で、予言の最新状況について語っている。


それによると、以下のような内容だ。

アカシャの中では30日前から地震情報の日付が消えました。
それは「今」起こるということです。
なので地震はいつ起こっても不思議ではありません。
今かもしれないし12日かもしれないし27日かもしれません。
「4月12日大地震説」提唱のゲリー・ボーネルがイルカ打ち上げを受けて新メッセージを公開 | ネットニュースのB.N.J


そのYouTube動画を貼り付けておく。
ゲリーからのメッセージ4月10日 - YouTube



また、氏のFacebookでは、昨日のイルカ座礁の写真を貼り付け、「これが前兆だとすれば、次の地震(4月12~20日)は同じエリアで起きるだろう」と書いている。
いまだかつて、日にちまで指定して当たった予言はないという私の言葉が届いたのか(たぶん違うでしょうw)、予言の範囲を広げたようだ。


いずれにしても、今日の福島沖の地震がイルカ座礁に対応するものならば、もう地震は起きないかもしれず、または更に大きめの地震が起きる可能性もあるだろう。
しばらく様子見することにしたい。
たとえ地震があるとしても、ボーネル氏が予言するような大規模なものではないだろう。


ちなみに、昨日のTOCANAの記事は、その夜のうちにランキング入りし、今日は1位になった。
またFacebookでは「いいね」が3000以上ついていて、その注目度が伺える。


tocana.jp



[2014~2018]アカシックリーディング 日本人が知って変えていくべき重大な未来

[2014~2018]アカシックリーディング 日本人が知って変えていくべき重大な未来

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

叡智の道 THE KNOWING WAY レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》

超入門 アカシックレコード (5次元文庫)

超入門 アカシックレコード (5次元文庫)


【龍矢】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/1T-w7WI2k0/


【愛弥美】入園式で、母子ピースサイン。龍矢の先生に「お姫様みたい」と言われてママが舞い上がっていた。Peace sign by mom & Ayami.
https://instagram.com/p/1SCv2DI2nz/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email