探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

あなたの頭痛や目眩や古傷の痛みは気象病だった?体感地震予知との関連は?

今日、テレビの『世界一受けたい授業』(日本テレビ系列、2015/04/18(土)19:56~20:54)を何気につけていたら、面白い授業があった。
3時間目の佐藤純先生(名古屋大学 動物実験支援センター 教授)による、「その痛みは天気のせいだった!天気予報でわかる『気象病』の防ぎ方」と題したもの。


気象病とは、気象の変化によって症状が現れ、悪化する疾患の総称だ。
天気が悪いと古傷がうずくという天気痛、メニエール病、喘息、目眩、頭痛、うつ病などが含まれる。
メカニズムの詳細は不明であるが,気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となり,それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えがある.主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などであるが、他の原因による症状についてはこの限りではない。


いわゆる「体感」で地震を予知するという人々に見られる症状も、多くは気象病と共通するものがある。
私自身がそうだが、気圧の低下によって頭痛が起きることがあるのではないかと、以前から考えていた。

世界一受けたい授業』の概要

以下に、この番組の概要を記しておく。


堺正章氏は、頭が痛くなると翌日に雨が降るので、雨を予測できるという。
誰だか知らないが、ゲスト出演者の女性は、台風が来る前に頭痛があるそうだ。
また、プロレスラーの飯伏幸太(いぶしこうた)氏は、以前に手術した左肩が痛むと語る。


そこで、飯伏氏が実験台となって、気圧を次第に下げていくと、左肩が徐々に痛み始めた。
強い台風の920ヘクトパスカルに下げると、違和感が強まり、頭や首が重くなった。
佐藤先生によれば、気象病の患者は、低気圧接近や前線の通過など、気圧の変化に影響を受けるという。
耳の奥には気圧変化を感知するセンサーがあるが、気象病の人は、センサーが敏感だと。

気象病の三大症状。

気象病には、以下の3つが代表的な症状だという。

◎目眩

メニエール病の症状などは、気圧が下がることでも発症しやすい。

◎喘息

気圧の低下に加えて、前日より3度以上気温が下がった時に発症しやすい。
気圧が下がると血圧・脈拍が上昇するため。

うつ病

雨の日はうつ病の発症が増える。
気圧が急激に低下すると、精神が不安定になることもある。

気象病の手軽な予防方法

頭痛や目眩などの気象病の予防策として、酔い止め薬が良い。
乗り物酔いと気象病は発症形態が似ているため。


また、酔い止め薬が手元にない場合、代わりにツボ刺激の方法もある。
「内関」という、手首にあるツボを刺激する。
このツボの位置は、下記のページを参照してください。


こころのリラクゼーション・癒しのツボ 図解でツボがよくわかる


このツボを刺激するための酔い止めバンドも、気象病の予防になる。
Amazonで「酔い止めバンド」で検索すると、下記のような商品が出てくる。
妊娠のつわりにも効果があるという。


私の場合、たとえば頭痛があって、それが低気圧接近のせいなのか、地震前兆なのかという判断が必要だが、もとより地震の発生と気圧は関係があるので、その辺も探求が必要となってくる。
前述のように台風接近で頭痛が始まるという人もいるが、台風はまた地震の発生と関係する場合もあると思われる。


いつも書いているが、私は頭痛が始まると、真っ先にiPhone 5の『頭痛~る』というアプリを使って、低気圧頭痛の発生の可能性を探っている。
頭痛、耳鳴り、目眩などがあったとしても、すぐに地震と結びつけるのではなく、慎重な受け止め方が必要となってくるだろう。


気象病―天候が健康を脅かす (生活人新書)

気象病―天候が健康を脅かす (生活人新書)

世界一受けたい授業使える知識!BEST100 (日テレbooks)

世界一受けたい授業使える知識!BEST100 (日テレbooks)


【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/1mCThVo2p9/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email