探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【松原照子氏】6/21富士山の噴火は‥→【解釈】富士山は2016年~2019年頃に大噴火する?

今日は夕方からひどい頭痛が始まり、ブログもお休みしようと思ったが、薬でなんとか止まったので、書くことに。
昨日の松原照子さんの世見をネタにする。
まだ今月分で取り上げたい世見があるのだが、こちらが重要な内容なので優先して紹介する。


2015年06月21日「富士山の噴火は‥」と題した記事だ。

ところで草津の湯には変化が起きていなければ嬉しいのですが、この辺りが動き始めると白根山浅間山と繋がり、富士山噴火のXデーが近付くかもしれません。
私達が目を細めて見とれる富士山は新富士 西湖と精進湖それと本栖湖の水量や水位に変化は起きていないだろうか。
今後、富士山の活動をいち早く私達に知らせてくれるのがこの仲良しの湖だと思っています。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2015/06/21より)
世見2015年06月21日富士山の噴火は‥・ : あほうどりのひとりごと★幸福への近道


草津温泉の湯量か何かが変化すると、それが富士山噴火Xデーにつながるということだ。
また、西湖、精進湖本栖湖の水位変化も注視すべきだと。
忘れないように、よくよく頭に刻みつけておきたい。
みなさん、もしこれらの現象に気づいたら、コメントなどで知らせていただけると嬉しいです。

312と云う数字の意味はわからないが、富士山噴火は何十年も先の話とは思えません。
(松原照子、同上)


松原さんが謎めいた数字を示した時は、百瀬が何かしら解釈してくれるのではないかと期待してブログを訪問する人がいるんじゃないかと思い、何も浮かばなくてもバックレるわけにはいかないので、頭を絞ってみました。
今日は頭痛でちょっと頭が回らないけれど、これは昨日考えたことです。


まず、日付だという解釈は、もうやめましょう。
心情的には、つい「3/12」かまたは欧米的に「12/3」ではないかとか。
そういう日にちまで指定した予言が当たることはないと思っているので。


2014年12月18日の世見で、「115の数字がこのところ気になり始めていますが、今日のところ115に心当たりはありません」というのがあったでしょう?
あれを、例のエコノミストの『2015 世界はこうなる』の表紙と絡ませて、5月11日とか考えてみたけれど、もちろんその日に大地震が起きるなどとは思っていませんでした。
あくまでも、そういうことを示唆する動きがあるのではないかと。tankyu.hatenablog.com


この「115」は、実は5月29日に噴火した口永良部島と関係がある…ということは、すでに書いたと思っていたけれど、まだだったか。
あくまでも一つの解釈の可能性としてだけど、実は新岳で起きた噴火による火砕流の平均時速が、「115Km/h」だったんですね。
あくまでも低い可能性だけど、他に現時点で「115」に思い当たることはないので。
ただ、これが出てくる昨年12/18の世見は火山噴火とは関係ないことなので、その点がマイナスポイントか。
まあ、たまたま一致したのかもしれません。


下記がそのニュース記事です。www.yomiuri.co.jp


「312」の数字の解釈に戻って…。
312を西暦年とするには、無理がある。
4世紀などという昔に大地震があったとしても、その正確な年などの記録は残っていないだろう。


ふと思って、現在の2015年から312を引いたら何年になるだろうと思ったら、1703年だった。
元禄関東地震が起きた年だ。
なんだ、考えすぎずに素直に行けばいいんだ。(^o^)


いや、だが、その後にFacebookのタイムラインで、別の解釈を示してくれた人がいた。
私の解釈を「足し算式」とすれば、その人の解釈は「引き算式」だ。
宝永大噴火が起きたのが1707年。
これと312の数字を足し算すると…。
 1707 + 312 = 2019
つまり、2019年にまた富士山が大噴火することを示唆しているのではないかというのだ。


富士山噴火に関する世見で書かれていることだから、やはりその人の解釈の方が妥当ではないか。
ということは、次も宝永の大噴火と同じ大噴火になるだろうということ?


松原さんによると、富士山噴火は今年はギリギリセーフだという。
つまり、今年は噴火しないが、来年か再来年あたりが危ないということのようだ。
だが、2019年噴火説だと、その世見と矛盾するではないか。


あるいは、「来年から2019年までの4年間あたりが噴火に注意が必要」ということなのかもしれず、これならば両者は矛盾はしないだろう。


ちなみに木村政昭氏の最新予測によれば、富士山噴火は「2014±5」となっていて、2019年までに噴火と予測している。
つまり、これも松原さんの世見解釈と重なるではないか。


以上の解釈が正しいとすると、2017年に南海トラフ地震が起きて、その前後の2019年頃までに富士山噴火するかもしれないということになる。
日本は立て続けに大災害に見舞われることになるが、そうなるともう東京オリンピックどころの話ではない。
日本経済は大打撃を受け、国家の存続に関わる一大事だろう。


ちなみに、私のダウジング予測では、富士山噴火は2回やって、「2015年後半」と「2016年」と出ている。
2015年後半は、たぶんハズレるだろう。^^;
そこまで逼迫した前兆は、まだ起きていないように思う。


saryuya.com


2016年の方は、2013年5月に実施したもので、松原さんの世見に影響を受けたわけではなく、ちょっと不気味ではあるが。
南海トラフ地震にしても富士山噴火にしても(首都直下地震も?)、来年あたりから「いよいよ」の感が出てきそうだ。
今後も、様々な観点から時間範囲を絞っていくことにしたい。

地震?宏観?体感?

サルちゃんによると、6/19金曜日の昼間に、ネズミが天井裏で暴れていたという。
昨夜は、愛弥美が珍しく、激しく夜泣きしていた。
理由がまったくわからない。


今日は、私が夕方から頭痛が次第に強くなり、ズキズキ系の痛みになり、帰りの電車の中で寝ていた。
コーヒーを飲んで、帰宅してしばらく横になっていたら痛みが弱くなり、雑炊を少し食べてロキソニンを服用したら、だいぶ楽になった。


iPhoneの「頭痛~る」アプリで見ても、低気圧頭痛ではなさそうだ。
たまたまこういうことが続いただけで、地震前兆ではないかもしれないが、念のため記しておくことに。


「噴火の目」で予知する富士山噴火のXデー

「噴火の目」で予知する富士山噴火のXデー

富士山噴火―ハザードマップで読み解く「Xデー」 (ブルーバックス)

富士山噴火―ハザードマップで読み解く「Xデー」 (ブルーバックス)

富士山噴火の歴史: 万葉集から現代まで

富士山噴火の歴史: 万葉集から現代まで


【今日の食卓】カオトム・ムー。豚挽肉、ワカメ、生姜の雑炊。ひどい頭痛で食欲がなく、急遽作ってくれた。和風のお粥だと食欲が出なかったかもしれないが、これは美味しく全部食べられた。🙏Khao tom mu. Though I have headache I could eat.
https://instagram.com/p/4OsD4So2ga/


【龍矢】昨日の父親参観日に幼稚園の壁に貼ってあった龍矢の作品。まあ顔に見えるからいいか。Ryuya drew "My father" in the kindergarten.
https://instagram.com/p/4MKIico2r_/
面長なのは正確だ。(^^)


【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/4NWLayo2hT/




Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email