探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【TOCANA】「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
数ヶ月前に執筆して送った原稿で、すっかり忘れ去っていた。
南海トラフ地震の発生には、ある程度の法則があるということを主題としている。


「7月以降は相当ヤバい!? 「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!」と題した記事だが、また煽り系のタイトルにされてしまったな。
すでに半日にして、人気記事ランキングの4位に上がってきた。


南海地震の発生時期には、ある「偏り」があるということを紹介しています。
記事を読んでみてください。


tocana.jp
 

TOCANAの記事で書いている「黒潮の大蛇行」と地震との関連については、昨年9月の下記の記事で詳しく書いている。


tankyu.hatenablog.com


このように、南海トラフ地震黒潮の非大蛇行期(直進期)に発生する傾向があると思われる。
現在黒潮は、八丈島の南を流れる非大蛇行離岸流路で、しばらくはこの状態が続くと予測されている。
なので、南海トラフ地震の発生の条件の一つは、当てはまっているわけだ。


また、南海地震の前兆現象については、『南海地震は予知できる』(中村不二夫著、高知新聞社)の内容を紹介している。
以上をまとめると、下記の条件が揃う時に、南海トラフ地震が起きる可能性が高くなるということだ。

  • 7月から2月にかけて
  • 黒潮の直進期(大蛇行が起きない期間)
  • 前兆と思しき異常な現象が見られた時


あくまでも、以上の条件が揃った時に要注意なわけで、「7月以降がヤバイ」というタイトルは、3番目の前兆現象が今のところは見られないので、本当の要注意ではないわけです。


いまこの記事を書いている時点(23:55)で、今日のTOCANA記事に対してFacebookの「いいね」が700件以上ついていて、Twitterでは200件以上ツイートされている。
久々に「あたり」の記事になったようだ。


以上とは直接関係ないが、今日は午後から頭痛が強くなってきて、昼食後と夕食後にロキソニンを服用した。
それでも完全には収まっていない。
低気圧頭痛ではなさそうで、念のため注意したい。


南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

日本の地震地図:南海トラフ・首都直下地震対応版

日本の地震地図:南海トラフ・首都直下地震対応版


【今日の食卓】カーオ・ガパオ・ムーガイ、豚(ムー)と鶏(ガイ)のガパオご飯。頭が痛いからご飯は半分ねと言ったら、のんな可愛いのが出てきた。ご飯が目玉焼きの下に隠れてる。濃い味で食欲が出てきた。Khao Gapao Mu Gai. Aroi.
https://instagram.com/p/4gwsJRo2tm/


サルちゃんブログ更新。中野のタイ屋台「999」です。saruchan.hatenablog.com



Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email