探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

至高の夫婦愛~元中国スパイ深谷義治さんとチヤさん夫婦の激動の生涯

昨日は、TOCANAの原稿執筆のためブログをお休みした。
今日、何気にテレビをつけていたら、「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレビ朝日、19時00分~21時48分)でやっていたエピソードに釘付けになった。


YAHOOテレビの番組内容には、こうある。

「日本最後のスパイ」国境越えた夫婦愛 
戦時中、中国にスパイとして潜伏した深谷は中国人女性と結婚。4人の子をもうけた。全てはスパイ活動の一環「偽りの家族」のはずだった。だが終戦で狂い始めた運命の歯車が彼らを襲う!その中で「偽りの家族」が「本当の家族」となっていく


深谷義治さんは、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した。
第二次世界大戦時、中国戦線でスパイとして活躍した憲兵だった。
敗戦後も極秘指令を受け上海に潜伏し諜報活動を続けた。
偽装のため、中国人のチヤさんと結婚。


当初は指令による偽装結婚のつもりだったが、次第にチヤさんを心から愛するようになる。
だが、1958年に中国当局によって逮捕され、拷問を受ける。
それでも、決してスパイ活動のことは口を割らなかった。
日本がそのような諜報活動を行っていることが世界に知れたら、日本の不名誉になると。


世界最悪といわれた上海市第一看守所で拷問され、1日1食の粗末な食事で栄養失調になり、結核を患い、左目を失明した。
それでも、いつか釈放され、最愛の家族とともに暮らすことを夢見ていた。
だが、深谷さんに無期懲役刑が下り、その夢は潰えた。


チヤさんは、スパイの妻と人々になじられ、極貧の生活に必死で耐えた。
夫が日本のスパイだったと知っても、チヤさんの夫に対する愛情は変わらなかった。
極貧の自分を救ってくれ、実家に送る金も月々与えてくれた。
チヤさんは、貧しい家族のためになるならばと、15歳でまったく知らない深谷さんと結婚したのだ。


チヤさんは、夫に会うことを諦めなかった。
日本に対して、夫を釈放してくれるよう、懇願書を送ったのだ。
その後、日中平和友好条約締結で特赦を得て、1978年に釈放された。
そして、妻子とともに帰国した。


なんという固い絆の夫婦だろう!
チヤさんは、20年間も夫の帰りを待ち続けたのだ。
これこそ無私の愛に近いものだろう。
中国人というと、最近でもネガティブな報道ばかり目立つが、こういう献身的で誠実な女性もいるんだなと思った。


自分も、深谷さんと同じ立場になったら、同じ行動ができるだろうか?
拷問に耐えられるだろうか?
(痛みに弱いから、無理かな)


20年間も共に暮らせずに、夫婦の愛を保ち続けられるだろうか?
無期懲役となり、二度とともに暮らせなくなっても、決して諦めなかった。


一緒に暮らしてはいるが、実際は家庭内離婚だったり、
愛情などとっくの昔に消え失せて、それでも金や世間体などのために別れない仮面夫婦だったり、
浮気とか不倫とか、とんでもない夫婦が多い中で、
これこそが本当の夫婦愛なんだと思わせてくれた。


この二人は、ものすごく高い次元で結びついているように思う。
自分に、ここまでたどり着けるだろうか?


2015年4月21日、深谷さんは肺炎で亡くなった。
99歳だった。
深谷さんの息子の深谷敏雄さんは、昨年12月に、父と自身の体験を綴った本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」を出版した。
読んでみたいものだ。


日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族

日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族


この番組のインタビューで、チヤさんは、こう語った。
「生まれ変わっても、また夫と一緒にいたいです」
なんという尊い夫婦愛だろう。
二人とも、一緒になったが故に受け続けた人生の試練。
それでも、夫婦愛に亀裂が入ることは一切なかった。


自分たちも、こういう人生をともに歩めるだろうか?
自分的には、かなり自信がある。
だが、人間の行いは常に不安定。
2回の結婚の失敗が、3度目にならないとは確言できない。
だが、いまのところ、そういう予兆はまったくないが。


9月で、結婚4周年になる。
大震災の直後に出逢って、その年に結ばれた。
大震災の1年後の3月に息子が生まれ、3年後に娘が生まれた。
言ってみれば、大震災で結ばれた夫婦と家族だ。


サルちゃんの子供たちへの接し方を見ていると、「無条件の愛」に近いものがある。
タイ人はみんな子供をすごくかわいがり、大切にする。
これぞタイのお母さんという感じだ。
自分は到底かなわない。
どうしてあそこまで、自分を捨てられるのか?


23歳下で、いつまでも子供のような家内だが、実は私の方が学ばされているところが多かったりする。
何が何でも大切にしなければならない妻だ。


【参考】www.nikkei.com


ルルドの聖マリア像 薔薇

ルルドの聖マリア像 薔薇


「温かい家庭」以上に、人生で必要とするものがあるだろうか。
【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/6LaAvPI2oE/


【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/6TLeX8I2pi/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email