探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

静岡県・御前崎の群発地震と、リシルさんの体感、松原照子さんの世見など

今日は仕事が休みで、たまたま龍矢の幼稚園で、園児引き渡し訓練というのがあったので、サルちゃんと一緒に行ってきた。
災害発生時には、送迎バスなどが運行不能になるかもしれないため、親が幼稚園へ迎えに行って園児を引き渡すことになっている。
こういうことも、大切だろう。


8月29日から静岡県の御前崎で起きている群発地震の件。
静岡県西部の有感地震としては、9/1にM4.2、最大震度3の地震が起きているが、その後はない。
だが、無感地震は続いているだろう。


リシルさんは、8月19日の「体感」と題したブログ記事で、こう書いていた。

静岡県を起点とする地震にご注意下さい。
前回ブログで書いた体感もまだ抜けていないので重ね重ねご注意下さい。
静岡県、関東及び甲信越地方は特にご注意下さい。
三陸、北海道も注意が必要です(>_<)ameblo.jp


御前崎群発地震が始まる10日ほど前に、静岡県を指摘していた。
また、8/31の「静岡県西部」と題した記事では、こう書いている。

今日は静岡県西部で地震が多発しています。
場所が場所だけに怖いです。
まだ大きな地震に注意が必要だと思いますよ。
体感もまだ抜けない。こんなに長く抜けないのが凄く気になります。

ameblo.jp


「場所が場所だけに」というのは、例の「霊さん」から言われた2015年の夏に東海地震が起きるという件が念頭にあるのかもしれない。
いま、多くの人々が気になっている点だろう。

松原照子氏の御前崎の言及

読者の方から教えてもらったのだが、松原照子さんは、今年1月11日の「地図上で気になる具体的な場所」と題した世見で、御前崎に言及していた。
地図を開いてフォッサマグナをたどっていった結果として、以下の記述になる。

その上の辺りから御前崎にも何ともいえない感触がありました。
糸魚川から静岡の真中辺り。www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


「何ともいえない感触」というのは、どういうものだろう?
何とも言えず気持ちいい…というのではないだろうな。
今回の群発地震を世見していたのかどうかは、これだけだと何ともいえないが。
御前崎には浜岡原発があり群発地震は、まさにその上で起きている。
今年南海トラフ地震東海地震)がすぐに起きるというわけではないとしても、スロースリップの問題とかもあるし、長期的には関連する地震である可能性は否定できないだろう。

村井俊治氏の警戒ゾーン

8/10の記事で書いたが、村井俊治氏は南関東を初めて警戒ゾーンとしている。
の言葉を再度引用する。

6月28日~7月4日の週に神奈川の山北で4.2cm、箱根で4cm、湯河原で4.3cm、静岡の宇佐美で5cm、伊豆諸島の三宅で5.5cm、八丈で4.4cmと、一斉異常変動が見られた。経験則として、長い静謐後に異常が見られたら、近いうちに大地震が起きる可能性が高いと考えられます。


tankyu.hatenablog.com


JESEAでは、9月頃までは注意が必要といっているが、上記のように静岡県まで変動があるとすれば、御前崎群発地震も関係してくるのかもしれない。

自分の体感や宏観現象

自分の体感としては、8/31に頭痛があった。



この日で抜けたので、9/3(木)~9/4(金)頃に対応する地震が関東であるのが普通だ。
埼玉や千葉が震源だとM3程度のこともあるので、大したことはないが、震源が遠くなると、その限りではない。
また、下記のネズミの件。



今日も、昼間から天井裏でネズミが走る音が聞こえた。
また、iPhoneの誤動作があり、何もしていないのにバックスペースが効いて入力した文字が勝手に消えていったりしていた。
地震とは関係ないかもしれないが、念のため書いておく。


また、今日は16時7分頃に四国沖でM4.6、最大震度2地震があった。
f:id:nmomose:20150902231257j:plain


イヤなところが揺れたな。
この震源からもうちょっと南下したところが、私のダウジング予測で何度も出ている南海地震震源域だ。
黄色い文字の1から5がそれで、赤文字は過去の南海地震の想定震源
f:id:nmomose:20140530225532j:plain


詳しくは、下記の記事で書いている。tankyu.hatenablog.com


このダウジング予測があって、南海トラフ地震のうち最初に揺れるのは南海かと思っていたが、松原照子さんの最近の世見では、東海が先に揺れるようなニュアンスがある。
もっとも解釈次第で変わる要素があるかもしれない。
世見でもダウジングでも、あくまでも不確定要素なので、参考に留めるだけにしてください。


また、何度も何度も書いておくが、松原照子さんの例の「魔の水曜日」から始まる東海大地震糸魚川-静岡構造線の日本列島真っ二つの大災害は、本人が数十年は起きないと講演会で語ったという。
東海にしても南海にしても、いますぐに揺れるという要素は見られない。
ただし、それより小規模な地震については、その限りではない。
そのへんの判断は、くれぐれも慎重にお願いします。



まだあるかな。超貴重な本。

南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

南海トラフは当分は起きない派の最新刊。


【愛弥美】おはよ。はやく幼稚園行きたいな。
https://instagram.com/p/7Gu4xqo2kA/




Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email