探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

的中王海龍氏の今年のプロ野球順位予想がいい線行っている件

的中王海龍氏については、昨年のワールドカップ・サッカー(男子)の順位を「完全的中」した占い師として、下記のブログで紹介した。tankyu.hatenablog.com


9.11テロを予言したり、都知事選の得票順位を当てるなど、その高い的中率には以前から注目していた。
今年3月のプロ野球開幕前には、Twitter上でセリーグパ・リーグの順位予想を行った。
プロ野球はまだ終わっていないので順位は確定していないが、現時点での順位と海龍氏の予想を比較してみることにしたい。


海龍氏は今年3月17日に、セパ両リーグの順位予想をTwitter上でツイートした。
まず、セリーグの順位予想のツイートを埋め込んでおく。



 

これに対して、昨日9/3時点のセリーグの順位を以下に示す。
下記Sportsnaviの順位表をそのままキャプチャさせてもらう。
プロ野球 - 順位 - スポーツナビ


下記はセントラルリーグの順位。
f:id:nmomose:20150904214509j:plain


以下にテキストでも書いて、カッコ内に海龍氏の予想順位を書き、上位チームとのゲーム差も示す。

1位:阪神(4位)
2位:ヤクルト(3位)、0.5ゲーム差
3位:巨人(2位)、1.0ゲーム差
4位:広島(1位)、4ゲーム差
5位:DeNA(5位)
6位:中日(6位)


現時点では、6位の中日だけは的中している。
上位3位以内(Aクラス)を見ると、ヤクルトと巨人はAクラスに入ると予想している。
4位の広島を含めた上位4位までを見ると、海龍氏が上位4位と予測した4チームがそのまま入っている。
いい線行ってるのではないかという感じだ。


セリーグは、1位から3位までが1.5ゲーム差にひしめく混戦状態で、今後どうなるか予断を許さない。
今夜は2位のヤクルトが勝って、勢いがありそう。
その点、巨人は勢いがあるとは言えない。


次に、パ・リーグの予想順位を。



下記は現時点でのパ・リーグの順位だ。
f:id:nmomose:20150904214520j:plain


以下にテキストでも書いて、カッコ内に海龍氏の予想順位を書き、上位チームとのゲーム差も示す。

1位:ソフトバンク(1位)、マジックナンバー:14
2位:日本ハム(3位)、10.5ゲーム差
3位:ロッテ(2位)、1.0ゲーム差
4位:西部(5位)、7.5ゲーム差
5位:楽天(6位)、7.5ゲーム差
6位:オリックス(4位)、1ゲーム差


現時点では、1位のソフトバンクが予想通りで1位となっている。
だが、上位3位は2位と3位が入れ替わっているものの、予測通りだ。


パリーグソフトバンクが独走状態で、マジックナンバー14。2位と10.5ゲーム差あるので、ほぼ決まりか。
2位の日本ハムは3位と10ゲーム差で、これも決まりか。
3位のロッテは、2位の西武が1ゲーム差に迫っていて、どうなるかわからない。


参考までに、野球評論家諸氏の予測はどうなっていただろうか。
下記サイトを見てください。matome.naver.jp


これを見ると、ほぼ全員が巨人1位を予想。
パでは、現時点での1位と2位の通り、1位ソフトバンク、2位日本ハムを予想した人は皆無だ。
これと比較してみると、やはり海龍氏の予測は、いい線行っていると言えるかもしれない。

桜の開花日予想

3月12日のツイートでは、下記の通りに桜の開花予想を行っている。



3月24日と予想していたのが、実際は3月24日だった。
1日違いと、惜しいと言えるだろうか。


以前のW杯を見ても、とにかく何かの「順位」を当てるのが得意な人のようだ。
プロ野球は各チーム、残り20試合前後が残っている。
全チームの順位が確定したら、また予測との比較をしてみたい。


的中王・海龍老師のとてつもない予言 (バンブー・オラクル・ブックス)

的中王・海龍老師のとてつもない予言 (バンブー・オラクル・ブックス)

プロ野球「スキャンダル事件史」大全

プロ野球「スキャンダル事件史」大全


【今日の食卓】カーオパッド・サッパロ(パインアップル入り炒飯)。サッパロは炒めると甘みよりも酸味が強くなる。タイではエビを入れたサッパロクンがポピュラー。Khao Pad Papparot.
https://instagram.com/p/7NSIiNo2kl/


【愛弥美】おはよ。Mornin'
https://instagram.com/p/7L0H9dI2hm/

since 18/09/2004

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email