探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【松原照子氏】東京講演会と打ち上げへ行ってきた+熊本地震を世見していたか?

昨夜、山の手線の中で目覚めると、上野駅
時計を見ると22時半くらい。
どうも逆方向に乗って、しかも1周してしまったらしい。
昨日は、松原照子さんの第10回講演会と、その後に行われた打ち上げに行ってきたのだ。
飲み放題だと、つい飲み過ぎてしまう。


東京講演会の内容は、6月頃にまたワンダーアイズさんからDVDとして発売される予定なので、詳細を書くのを控えることにする。
今日の記事では、このくらいまでなら許されるだろうと判断したことと、飲み会で得た情報なども紹介することにしたい。


f:id:nmomose:20160108232516j:plain
【写真は前回の講演会の時のもの】

講演会の様子

「第10回松原照子特別講演会 in 東京」は、昨日2016年4月29日の祝日に、前回と同じ会場で行われた。
13時の開演前には、ムーでもおなじみの男女2人組「ヒューマンキューブ」のライブがあった。
その後、松原さんは着物姿で登場。


この日の松原さんは、ノリに乗っていたという印象を受けた。
そういう状態だと、関西弁が全開になるから、そのことでもわかる。
自分的には、前回よりも充実していたと感じた。
災害のことも、前回はそういう趣旨ではなかったこともあるが、今回は熊本地震の直後ということもあって、そちらの方の話題も、質疑応答を含めてかなり出てきた。
私自身、多くのヒントを得た。


HumanCubeの演奏の後で、二人の人物の挨拶があった。
お二人とも、会社の社長だが、そのスピーチで興味深い話があったので紹介したい。


まず一人目の方は、以前に松原さんが会社に来られた際に、そこにあった車を見て、事故が起きてペシャンコになるから気をつけなさいと言われたという。
その後、実際に多重追突事故に巻き込まれて車はペシャンコになったが、運転手は怪我をしたものの助かったという。


二人目の方の話は、もっとすごい。
ある飲み会の席で松原さんが同席された。
その時に松原さんは「津波が来るでー」と話していたという。
そして2ヶ月前に、東日本大震災が起きてしまった。


たしか「2ヶ月前」と言われていたと思う。
(講演会に参加された方で「記憶違いでは?」と思われる方はご一報ください)
ということは、1月の時点で「津波」が来るという認識があったことになる。


例の有名になった2011年2月16日の世見では、こういう記述があった。

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。
陸前高田」と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。
どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。
指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。
東和と書かれている場所辺りが気になった。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2011年2月16日より)


だが、「津波」の文字はどこにもない。
このへんのことを松原さんに聞いても、恐らく忘れてしまったという答えが出てくるだけだろう。
今回のDVDで松原さんとの対談があればぜひ聞きたいところだが、恐らくないだろうと推測する。
まだサービスコンテンツの内容は未定なのだ。


松原さんは、2月16日にブログに書いていた以上のことを感づいていたのだろうか。
対談は無理でも、いつか直接聞いてみたいことだ。


ブログ記事捏造を信じる人は情報不足だと、つくづく思う。
例のNPOの問題にしても、ネット上で得られる情報だけでは限界がある。
この件に関しては、ブログ捏造説以上に複雑な事情があり、私自身も詳細の真相を把握しているとはいえない。
いま書けることは、松原さん自身も「騙されていた」方だということくらいだ。


昨日の講演会で思ったのは、松原さんは自分の持つ能力に関して、実際以下のことしか書かないということ。
本当はもっともっとすごい部分があるのに、本人も忘れてしまうのだろうか。
以前から松原さんのことをよく知っている人々は、本当のすごさをもっと良く知っているようだ。


蛇足だが、松原さんが書いたものだけ読んでいるとわからないかもしれないけれど、話を聞いていると、まさしくB型と思えてくる。
実は私もB型だけど、松原さんによると「百瀬さんはA型に見える」そうだ。
みんな騙されるみたいだ。


講演会終了後に、毎日ブログを拝見しているという人が何人か挨拶しに来てくれた。
いつも、読者像がまったくわからずに書いているので、読者のお顔を拝見するだけでも嬉しいものだ。

3.11のブログ捏造説について

どうも最近、またブログ捏造説が再燃してきたようだ。
現在、「何で今?」と思うくらいに捏造説が復活してきて、やはりSNSなどで拡散されていることもあるのだろう。


その根拠とするところは、2011年3月11日から日付が変わって12日になった時点で、WordPressでブログ記事が更新された履歴が残っていること。
だが、これはカテゴリーが変更されただけであって、本文の内容自体はまったく変更がないことを確かめている。


この件については、サイト管理者の方が色々と調べていて、そのうち何らかの成果が出るかもしれない。
私自身が調査した結果は、5年前にすでに下記のブログ記事で公開している通りだ。
ソフトウエア開発歴25年の元SEの目で見て、ブログ本文の捏造などはされいないことを確認している。


tankyu.hatenablog.com


これだけで終わるとあれなので、もうちょっとだけ。
松原さんがブログで1回だけ書くことよりも、「同じ言葉が(2回以上の記事で)出てきたら気をつけて」と言っていた。
松原さんは1回書いたことをすぐ忘れるので、これが2回目だとは自分でも覚えていないことが多いのだろう。
たとえばの話、「○○で地震に注意」と同じ地名を2回の記事で書いた時には、その地域は要注意ということだ。

松原氏は熊本地震を世見していた?

以降は、講演会の話題ではない。
松原照子さんが4/14以降の熊本地震(M6.5の余震やM7.3の本震)を世見していたかどうかについて、ネット上で話題になっている。
4月7日の世見で世見していたというもの。


熊本地震が起きた後で、松原さんがなかなかブログでその話題に言及しなかった。
これは、原稿執筆から掲載までのタイムラグのせいもあるのだろう。
あまり前から原稿を書いてしまうと、こういう災害が起きたときに即対応できなくなるという問題が出てくる。


私は14日に最初に揺れた日の記事で、この日の記事について書いている。
2016年04月7日の「少し気になり始めた“揺れ”」と題した記事だ。

4月になると少し気になり始めたのが“揺れ”です。
【中略】
私的に、今日は大地震が近日中に起きる気はしていません。
だからと言って私も人間です。
完璧に感じ取れる自信はありません。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/04/07より)

「今日は大地震が近日中に起きる気はしていません」とあるが、続いて「完璧に感じ取れる自信はありません」とも書いている。

地図を触ると九州の火山は今日も元気でした。
三瓶山西表島の線上の山々の中には阿蘇山霧島山、桜島、口永良部島と、多くの山々があります。
(松原照子、同上)


ここで、「阿蘇山」という言葉が出てくるくらいで、地震が起きそうとか、その場所が熊本であるといった記述は見られない。


その後、2016年04月26日にやっと「九州の地震のこと」と題した記事が掲載された。

私はこうして毎日書いていることを殆ど覚えていません。
だから、こうした災害が起きる度に、お伝え出来ていなかったのではと胸の奥が痛みます。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2016/04/26より)
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/437178286.html

昨年のいつ頃からだったかは思い出せませんが、九州が気になり始めたのは事実です。
今年の初めに「月刊SYO」(有料サイト)で今年の出来事として書いていたみたいなのですが、お読みになった方からこのことを聞いても、自分が書いたことを思い出せませんでした。
(松原照子、同上)


ここで書かれている「月刊SYO」は、今年2016年1月特大号のことと思われる。
有料コンテンツなので直接引用は控えることにする。
地図を触ってみて、駿河湾から九州の東に続く海が、気をつける周期に来たと感じる旨ある。
九州という言葉は出てくるが、内陸で地震が起きることは念頭になかったのかもしれない。
また、2016年はどうかということでは、大丈夫と書きたくなったともある。
実際は大丈夫ではなかった。


以上を総合して考えると、4/7の世見も月刊SYOの1月号も、熊本地震を世見していたと言うのは難しいだろう。
松原さんもその点は認識されているようで、昨日の講演会では、これからは災害について気になることはどんどん書きたいと言われていた。
だから、当たる当たらないで見ないでほしいとも。


5/1~5/10の世見では、その関連のシリーズとして出てくるらしい。
災害のことを「楽しみに」してはいけないが、いままで以上に情報が得られることを期待したい。


※私も出演している前回の講演会DVD

津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと

津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと


https://www.instagram.com/p/BEzRyAMo2vL/
【熊本地震】これは恐い。1階ピロティ式のビルは新耐震基準でも危ないところがあるとか。想定外はどこでも起こり得る。首都直下地震で数多く起こるだろう「想定外」を想定すること自体が恐ろしい。#地震 #Earthquake


https://www.instagram.com/p/BEzRBaFo2uB/
【愛弥美】2歳2ヶ月になりました。でも哺乳瓶が手放せない。何とかしないと。Ayami is 2 years 2 months old.





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email