探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【熊本地震】4/16の本震M7.3を予測していた静岡地震防災研究会

4/28の記事のコメントで、二人の人が同じ研究会のブログが予測していたと紹介してくれた。
それは、「静岡地震防災研究会」というところのブログだ。
今日は、それを紹介したい。


f:id:nmomose:20160502233902j:plain


まず、この研究会は、どんな組織なのか。
ブログを見ても、プロフィールにもまったく書かれていない。


同じ研究会と思われる、Webサイトがあるのを見つけた。


静岡地震防災研究会


ほとんど中身のないサイトだが、これによると、静岡を拠点とする、地震と防災に関する研究を行う市民グループとある。


そして、こちらが研究会のブログ。


profile.ameba.jp


ここの記事を見ると、2年ほどずっと更新がなかったようだ。
そして、2015/04/15に更新があるが、これは今年4/15の間違いで投稿されたと思われる。


以下のように予測されていた。

地震注意報2016年4月15日18:28
地域:熊本県中部
日時:2016年4月15日~17日
規模:M7.5~7.9
最大震度:7


実際は、2016/04/16 1:25にM7.3、最大震度7地震が起きた。
3日間の範囲内であったが、予測のM7.5~M7.9からは若干低かった。
最大震度7は、その通りだった。


熊本地震の本震が発生する7時間ほど前に、直前予知に成功したとしている。
ここまでの情報を得て、「14日の前震から予測していなかったので意味がないじゃないか」と思われる人もいるだろう。
私もそうだった。
だが、この予知手法は、「前震」かもしれない地震が発生した後で、「本震」を予測するというものだ。


そのへんの予測方法については、4/30の下記の記事で説明している。


ameblo.jp


これによると、ある地点で発生した最初の地震と、その直後に近傍で発生した最大地震(2回目)のマグニチュードの差を比較するというもの。


この手法は、あくまでも「前震」がある地震のみにおいて「本震」の日時や規模を予測可能とするものだ。
前震がなく、いきなり本震が発生する地震では有効ではない。
海溝型でも内陸型でも適用できるというが、これが今後起きる大地震にも有効ならば、非常に有用なものとなるだろう。
経験を積んで更に精度が上がることを期待したい。


都市直下地震―熊本地震から兵庫県南部地震まで

都市直下地震―熊本地震から兵庫県南部地震まで

東京防災

東京防災


【愛弥美】おはよ。Monin'
https://www.instagram.com/p/BE4V8zFo2oQ/





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email