探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震・噴火】桜島が噴火~アラスカ州付近でM6クラスの地震が多発~「環太平洋地震帯」が活発化か

今日5/2の3:20頃、桜島の昭和火口で噴火が起きた。
噴煙の高さが火口から4000mに達し、その後も噴火が連続し、鹿児島市内で灰が積もった。


f:id:nmomose:20170503001534j:plain


4月29日、フィリピンのミンダナオ島南方付近でM6.8の地震があり、フィリピン海プレート上での地震・火山噴火に注意が必要と書いた。
その直後の桜島の噴火だった。


また、昨日5/1に、米国アラスカ州とカナダのブリティッシュコロンビア州の国境付近で、M6.1ほかM6クラスの地震が相次いで発生した。
そのことについても触れることにする。

アラスカ州・カナダ国境付近でM6クラスの地震

f:id:nmomose:20170503000421j:plain


上記の図ではわかりずらいが、多くの地震が比較的狭い範囲内でピンポイントで起きている。
下記の図は、その範囲を100Km四方ぐらいに拡大したもの。


f:id:nmomose:20170503000430j:plain


これら地震震源は、太平洋プレートがオホーツクプレート(北米プレート)の下に沈み込んでいるあたりになっている。

フィリピン海プレートの動き

下記のGoogleEarthのマップでは、日本の主要な火山をピンマークで示している。


f:id:nmomose:20170503002908j:plain


今日噴火した桜島と、先日から群発している大隅半島東方沖の震源を丸で囲んでおいた。
これを見て興味深いのは、火山の位置というのが、ちょうどフィリピン海プレートが大陸プレートの下に沈み込んでいるあたりを列をなして並んでいるように見えること。


こうした観点から見ると、フィリピンの地震桜島もアラスカの地震も、「環太平洋火山帯」あるいは「環太平洋地震帯」の活動が活発化しているという見方で捉えられるかもしれない。
実際、リング・オブ・ファイア付近での地震が多発しているように思われる。


そろそろ日本周辺でも大きめの地震が起きても不思議はない?
そんなことを思わせる流れになっている。


上で「環太平洋地震帯」という言葉を使ったが、ここでは、世界で起きる浅発地震の8割~9割、そして深発地震のほとんどがこの一帯で起きている。
なので「火山帯」は「地震帯」でもあるのだ。
GWあたり、注意しましょう。


火山の脅威?環太平洋火山帯? [DVD]

火山の脅威?環太平洋火山帯? [DVD]

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

[asin:B000S6KT0C:detail]


動画もあります。
saruchan.hatenablog.com


www.shokuzan.com


https://www.instagram.com/p/BTkMc5xlrlB/
【龍矢】【愛弥美】いってきます。Mornin'





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email