探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【前兆】4/20に苫小牧市沖に出現したシャチは地震前兆だったのか~その後に発生した地震は?

ちょっと前になるが、4月20日に、苫小牧市真砂町の海岸で、シャチが出現した。
それで、海に出ていたサーファー10人が海から避難した。


この沿岸でシャチが目撃されるのは稀なことだという。


f:id:nmomose:20170507222824j:plain
【写真】苫小牧民報

通常、シャチが1頭現れたぐらいで、地震前兆とは限らないかもしれない。
だが、これはどうもそうらしいのだ。


というのも、下記に示すように、その後の2週間ほどの間に、付近で3回ほど地震が発生しているからだ。

4/24苫小牧沖M3.9

まず、4/24 16:14に、苫小牧沖でM3.9の地震が発生した。
これは、シャチ出現の場所から30Kmほどの近い距離で起きた地震だった。
時間的にも4日後ということで、ドンピシャ的に宏観異常現象といえるかもしれない。


f:id:nmomose:20170507222424j:plain

4/30十勝地方南部M5.5

次に、10日後の4/30 23:42には、十勝地方南部の内陸でM5.5の地震が起きた。
10日のタイムラグがあり、且つシャチ出現場所から100kmほど離れて且つ内陸地震だったので、対応関係は微妙だが、有り得るかもしれない。

5/2苫小牧沖M3.8

さらに12日ほど後の5/2 19:29には、苫小牧沖でM3.8の地震が発生した。
これは110Kmほど離れいるので、十勝地方南部より更に確度は低くなるが、可能性としてはある。


けっきょくのところ、4/24の苫小牧沖M3.9の地震が、シャチ出現に対応する地震として最もあり得るだろう。
だが他の2つの地震も、相乗的効果として地中でパルス電磁波を発生させ、影響を与えていたかもしれない。


たった一度だけの出現だが、タイミング的にも距離的にも、これが地震前兆現象だった可能性が高いケースといえるだろう。

【追記】5/1中川郡豊頃町長節でもシャチ漂着

実は5/1朝にも、北海道でシャチが漂着していたことを知った。
場所は中川郡豊頃町長節の海岸で、すでに腐敗していたという。


これから起きる地震の前兆かもしれない。


f:id:nmomose:20170508005520j:plain


kujira110.com


被災したらソーラーが大事になる。


GW明けにはいよいよタイフェスティバル
saruchan.hatenablog.com


https://www.instagram.com/p/BTxXez6FjBr/
【龍矢】【愛弥美】おはよ。Mornin'#走水神社 #オトタチバナヒメ





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email