探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【TOCANA】【緊急警告】千葉・三重の「メガマウス」は大地震の前兆か? 7月下旬までにM6以上の地震?

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
『【緊急警告】千葉・三重の「メガマウス」は大地震の前兆!! 7月下旬までにM6以上は確定的か!? 9つの前例で判明!』と題したもの。


f:id:nmomose:20170527214316j:plain


5/22の千葉県館山市沖に続いて、5/26に三重県尾鷲市沖でもメガマウスが捕獲されたことは、昨日の記事で書いた通り。


tankyu.hatenablog.com


今日のTOCANAの記事は、この2件の事例を紹介したもの。

TOCANAの記事

TOCANAの記事は、もちろん探求三昧ブログで書いたこと以上の内容を盛り込んでいる。
具体的には、過去の日本近海でのメガマウスの出現と、その後に起きた大地震の対応例を示している。
下記の記事を読んでみてください。


tocana.jp
 

南海トラフ巨大地震の前兆?

ネット上で、「南海トラフ巨大地震の前兆か?」という意見を見かけた。
そういう声があるけれど、私は必ずしもそうとは思わない。


一つには、自分が収集したデータでは、必ずしもメガマウスが出現したところの「近場」で地震が起きているとは限らないからだ。
なので、三重県沖で捕獲されたからといって、南海トラフ領域やその近辺で大地震があるとは必ずしも限らない。


というか、一つの可能性としては、強い電流が流れる震源となるところから少しでも遠ざかろうとする傾向があるかもしれない。

「幻の」ではない?

もう一つのネット上で見られるのは、これだけ短期間に二度も捕獲されたのだから、「幻の」でもなんでもないのではないか?という意見。
これも、長期的な観察が足りない故の見方ではないかと思ってしまう。


今年以前に捕獲されたケースは、2016年4月14日の熊本地震の前震の当日まで遡らないとないのだから。
それ以前では、2014年12月まで遡らないとない。
頻度でいうと、1年に1度よりも少ないのだから、やはり稀にしか出現しないと言えるのではないか。
それが4日間に2回現れたのだから、尋常なことではない。

九州で大地震の可能性は?

あまり考えたくないケースとしては、やはり「九州の巨大地震」だろう。
あまりにも色々な要素があるので、そう考えてしまう。
もっとも、予言的なものなども含めてだが。


メガマウス地震前兆説は、ネット上では賛否両論ある。
自分も、絶対に地震の前兆だとは言っていない。
多少でも可能性があるものは注意喚起して、そうでないものは無視するというスタンスは変わっていない。


非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット


※スズさんが大変な夢を見たことを神秘三昧ブログで書きました。
www.shinpi3.com


https://www.instagram.com/p/BUlrIqulhPA/
【東京多摩六都科学館】うちの子たちには早いとスルーしていた地球の部屋の前を通ったら、「立川断層帯」の文字が。ギクッ。動けばM7.4前後になりと言われ、うちはマップの右端あたりでも古い木造家だからどうなるかわからない。#東京多摩六都科学館 #多摩六都科学館 #地震 #活断層


https://www.instagram.com/p/BUl_coTl7Hq/
【東京多摩六都科学館】地球の部屋の東京都の地形パノラマ。標高差がデフォルメされて、渋谷とか四谷とか、その名の通り谷底にあるのが一目瞭然。つまり昔は川だったり軟弱地盤で大地震で倒壊などのリスクが高い。やはり地名は重要。#地震 #東京多摩六都科学館 #地盤



【東京多摩六都科学館】「地球の部屋」の、プレート移動によってどのように地震が起きるかを説明した模型。地震関連についても、大人でも勉強になるので来る価値あるかも。#東京多摩六都科学館 #地震 #プレート


https://www.instagram.com/p/BUk2D2mlf0f/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email