探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震】6/12日向灘でM2.7の地震~クジラ”ユメゴンドウ”漂着の2日後に~後続の地震あるか?

昨日6/11の記事で書いた、宮崎市・赤江浜でユメゴンドウという小型クジラ7頭が漂着した件の続き。
下記の昨日の記事でも追記したが、早くも日向灘地震が起きた。


tankyu.hatenablog.com
 

発生時刻:2017年6月12日 4時57分頃
震源地:日向灘
最大震度:震度1
緯度:北緯 32.2度
経度:東経 131.8度
震源マグニチュード M2.7
深さ:約30km

 

ユメゴンドウ座礁は前兆現象だった?

正直いって、想定外だった。
いや、地震が起きたことではなく、こんなに早く結果が出たことが。
それと、規模がかなり小さかったことが。


クジラ7頭は、6月10日までに赤江浜に漂着していることがわかった。
下記のGoogleEarthのマップに、その漂着地点と震源マッピングした。


f:id:nmomose:20170612205619j:plain


今日の地震震源は、赤江浜から北東へ約60kmくらい。
その震源から少し南方で、1969年と1970年にM7.0の地震が起きている。
黄色い丸印のところだ。


今日の地震が、「たまたま」ユメゴンドウが漂着した海岸の近くで発生したとは、あまり考えられない。
地震前兆としてのパルス電磁波によって、方向感覚が撹乱された末の座礁だったのだろうか。


このような小規模の地震の場合、地震の数日前に前兆現象が起こることは、あり得るのではないか。
これがもし、M6とかM7超といった大規模の地震の場合だと、1カ月~2カ月くらい前に同様の漂着があることも、あり得るかもしれない。

後続の地震はあるか?

だが、この地震で「終わり」とは限らないかもしれない。
一つには、やはり想定していた規模よりも小さい地震だったということ。


同じエリアで、今後より大きな地震が発生する可能性は、高くないかもしれないとしても、考慮しておかなければならないだろう。


科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE)

科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE)

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様


https://www.instagram.com/p/BVNxj5rlU9P/
【ハムスター】6/12朝、カウンター値:3727。昨日タンポポの花をあげたら、一目見て茎や葉にかじりついていた。 @kokanranger 報告





Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email