探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【TOCANA】12月中に南海トラフ巨大地震発生?英紙「起きれば日本壊滅」~南海トラフ地震の発生条件

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
題して、『【緊急警告】12月中に南海トラフ巨大地震発生か!? 英紙「起きれば日本瞬サツ」、過去のパターンと不気味すぎるリンク』という記事。


英国の新聞「フィナンシャル・タイムズ」紙が昨年、日本の巨大地震に関する衝撃的な特集記事を発表したことに端を発した話題を紹介している。


f:id:nmomose:20171219214052p:plain
 

「In Deep」で話題にしていた

有名なブログ「In Deep」さんで、この特集記事を話題にしているのが目に止まり、ネタ出しした。


M8~9クラスの南海トラフ地震が起きれば、たしかに日本滅亡まではいかないとしても、日本だけでなく世界の経済に大打撃を与えるだろう。

発生条件は?

では、南海トラフ巨大地震は、いつ頃起きるのかということに関して。
いつも書いていることだが、以下の2つの条件が知られている。

  1. 発生日が判明している南海トラフ地震(14回)は、すべて7~2月(グレゴリオ暦)に起きている。そのうち5回(直近4回)が12月に発生している。
  2. ほとんど黒潮の直進期(非大蛇行期)に起きている。


現在、(1)の条件は合致するが、(2)は現在大蛇行の期間中なので、当てはまらないことになる。
だからといって安心できるかというと、黒潮の大蛇行が起きていたかどうかの記録は、せいぜい100年ほどなので、それ以前はわからない。
もしかすると、大蛇行期間中に何度も起きていたかもしれない。


いずれにしても、今年の12月には起きないとしても、毎年7月~2月の間は、黒潮の大蛇行か直進期かを意識した方が良いだろう。
毎年7月~2月の間で、且つ黒潮の直進期であるならば、要注意ということだ。

今日の地震予測まとめ情報

以下に、日々の地震予測関係の内容を記します。

今日の体感

耳鳴りは依然として強い。

他者の地震予測

◎宮城県の美弥さん:12/10「嫌な予感」
◎松原照子氏:12/10「揺れやすくなっています」
◎角田史雄氏:1月に伊豆で大きな地震
◎ミシェルさん&ミッヒーさん:12/16「M6体感」

今日のまとめ

新月トリガー警戒期間継続中。
今年12月に南海トラフ地震が起きる可能性は低い。
1年のうちで大地震の発生頻度に偏りがあるのは南海トラフ地震だけで、その要因は「黒潮」と何らかの関係があると思われるが、今後の課題としたい。


キャラデコクリスマス 妖怪ウォッチ2017 [冷凍]

キャラデコクリスマス 妖怪ウォッチ2017 [冷凍]


https://www.instagram.com/p/Bc3I87ugkYp/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美




Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email