探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震予知】3.11に匹敵する地震が千島海溝で切迫+中央構造線が西へ伸びた+八丈島東方沖でM5.0の地震

12月19日、政府の地震調査研究推進本部が、東日本大震災に匹敵する規模の巨大地震が「切迫している可能性が高い」と発表した。
これは、北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にM8.8以上の超巨大地震が発生する確率を再検討したもの。
発生確率的は、最大40%だという。


また、今日未明に、八丈島東方沖でM5.0の地震が起きたので、ハムスターと私の体感について書いてみたい。

f:id:nmomose:20171220212822j:plain
 

千島海溝巨大地震

同本部は、千島海溝沿いの地震について13年ぶりに予測を見直した。
その結果は、十勝沖から択捉島沖までを震源域とするM8.8以上の地震が起きる確率は7~40%となった。
この地震の周期は340年~380年とされ、直近に起きたのは400年前だから、いつでも起き得るということになる。


千島海溝で大地震が切迫していることについては、今年4月の記事で別の観点から書いている。
www.tankyu3.com
 

東日本大震災の次に日本周辺で起きる巨大地震としては、最も警戒しなければならない地域だろう。
もちろん、津波の被害想定も軽く見てはならない。
この件については、後日某所で詳しく書くことにしたい。

中央構造線の西端は大分県まで達していた

政府の地震調査委員会は、国内最大の断層帯である「中央構造線断層帯」の長さを見直した。
それによると、これまでは西端が四国沖と考えられていたが、実際は大分県まで達していることがわかった。従来は全長360kmだったのが、約440kmとなった。


これにより、全体が同時に動いた大地震となった場合は、四国・九州北部・近畿地方など広い範囲で震度6弱以上の揺れに襲われるという。
全体を10区間に分けると、各区間で起きる地震の規模はM6.8~M8.0またはそれ以上となった。
もちろん、活断層は長さが長くなるほど、全体が動いた場合の規模は大きくなる。

スズさんの夢

実は、大分県あたりも、熊本地震が終わったからといって、安心してはいられないのだ。
災害の予知夢と「御札流し」で知られる主婦スズさんが2015年8月に見た夢で、耳元で「噴火はもちろんのこと、大分県北部地震、そして、慶長地震がそのままに起こる」と囁かれた件だ。


それだけではない。
今年5月にスズさんから来たメールでは、「夢の中で九州の地図が広がり、大分県南西あたりに、M9と書かれており、九州全域と四国などにM7と書かれておりました」とあった。


そして、それは「2年以内」に起きるような気がするという。
ということは、2019年5月頃までということになる。


北海道と九州は、大地震にしてもカルデラ噴火にしても、大災害という観点では本当に怖いところなのだ。
特に九州は原発がイヤなところにある。
自分の地域で大惨事が起きてから「脱原発」になったって、遅いんですよ。

八丈島東方沖でM5.0の地震

今日未明、2017/12/20 2:52に、八丈島東方沖でM5.0の地震が発生した。


https://www.instagram.com/p/Bc5xN-EAvg4/
【地震】2017/12/20 2:52、房総半島はるか南東沖でM5.0。有感地震にはならなかったが、頭痛や耳鳴りなど体感していた人もいるかも(自分も?)。 @kokanranger 報告 #地震 #地震体感 #地震予知


下記のGoogle Earthマップには、1900年以降のM7超の地震のマッピングデータを取り込んでいるが、今日の震源の周辺で、何度か大きな地震が起きていた。
f:id:nmomose:20171220211708j:plain


今日の震源から30~40km西で、1972年2月にM7.2、12月にM7.4の地震が起きていた。
また1953年11月に、北東50kmほどのところでM7.9の地震もあった。
これらの地震よりずっと規模は小さいが、後続がある可能性もあるだろう。

今日の地震予測まとめ情報

以下に、日々の地震予測関係の内容を記します。

今日のハムスター運動量

https://www.instagram.com/p/Bc5nKpmgUUY/
【ハムスター】12/20朝、カウンター値:4006。多め。@kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


前述の八丈島東方沖の前兆としては、直前すぎるので、違うかもしれない。

今日の体感

私の体感としては、4日前の12/16夜から、強いセミ鳴きの耳鳴りが続いていた。
未明の八丈島東方沖M5.0だが、何分遠く、250kmほどか。
ここから宮城県南部あたりまでと等しいので、耳鳴りが前兆だったかどうかは微妙だ。


まだセミ鳴きの耳鳴りが強く続いているというか、強さは昨日までと変わっていないか、若干弱くなった程度かな。
関東近辺、まだ揺れるのかもしれない。




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email