探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・予言・体感などを探求する

スポンサード リンク

【地震・噴火】ミャンマーでM6.0の地震+カムチャツカの2つの火山が噴火~スーパームーンの影響か

今日1月12日、ミャンマー中部ピューの西南西39kmで、M6.0の地震が発生した。
また、昨日1月11日、ロシア、カムチャツカ半島の2つの火山が噴火した。
同日、加えて桜島の南岳も噴火した。
これらの地震や噴火は、1/2のエクストリーム・スーパームーンの影響だろうか。
それを考えてみたい。


f:id:nmomose:20180112232057j:plain
 

ミャンマーM6.0地震

ミャンマー時間の1月12日0時56分ころ、ミャンマー中部ピューの西南西約39kmを震源とするM6.0の地震があった。
震源の深さは約10kmだった。


タイ北部チェンマイ市、中部ノンタブリ市、バンコクなどでも揺れが感じられたという。
下記のGoogleEarthのマップ上のオレンジ色の丸印が、その地震と余震の震源だ。


f:id:nmomose:20180112233718j:plain


震源からタイの国境までは約160kmほどある。
この地震は、ビルマプレートとインドプレートの境界付近で起きたものと思われる。


上記マップ上の白丸は、過去1900年以降のM7.0以上の地震の震源を示す。
1930年に、今日の震源から数十km~100km南方あたりで2回のM7クラスの地震が発生していた。


https://www.instagram.com/p/Bd2QtwIgn6P/
【地震】1/12 3:26、ミャンマーでM6.0の地震。サルちゃんにマップを見せたら、タイから遠いから大丈夫だろうとのこと。Earthquake of M6.0 occurred in Myanmer. #地震 #LINE


サルちゃんの予想に反して、タイでも若干揺れたようだ。

世界で火山噴火が相次いだ

9日に噴火したカムチャツカ半島東部の火山は、シベルチ山とクリュチェフスカヤ山だ。
それに加えて、1月2日以降、下記のように世界の火山噴火が相次いで起きた。

  • 1/02:米国ワシントン州、セント・ヘレンズ山で火山性地震多発
  • 1/07:パプアニューギニア、カドバー島噴火(有史以来)
  • 1/09:カムチャツカ半島東部、シベルチ山噴火
  • 1/09:カムチャツカ半島東部、クリュチェフスカヤ山噴火
  • 1/09:桜島南岳噴火
  • 1/11:インドネシア、バリ島アグン山噴火


ミャンマーの地震も上記の火山噴火も、エクストリーム・スーパームーンの影響なのだろうか。
ちなみに、地震よりも火山噴火の場合の方が、スーパームーン後でタイムラグが長くなるのかもしれない。
たとえば、下記のような例がある。

1952/09/04:スーパームーン(満月)
1952/09/24:ベヨネーズ列岩海底噴火


1991/06/03:雲仙岳噴火(火砕流被害)
1991/06/12:スーパームーン(新月)


2014/09/09:スーパームーン(満月)
2014/09/27:御嶽山噴火


これらは、たまたまそうなっただけかもしれない。
今後、より多くのデータで検証してみることにしたい。


※今日の防災三昧ブログ記事。
京都府でリュウグウノツカイ。
www.bosai3.com



www.shokuzan.com




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email