探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【松原照子氏】2018/01/15世見「地震について」~「416」の謎を解釈する~今年揺れそうな国は?

今日は、1月15日の松原照子さんの世見「地震について」を取り上げる。
これはかなりツッコミどころ…ではなくて解釈のし甲斐があるかも。


f:id:nmomose:20180118234711j:plain

 

地震について

2018年01月15日「*地震について」

「416」こんな数字が見えました。
意味はわかりません。
「日本書紀」こんな声も聞こえます。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2018/01/15より)


「不思議な世界の人々」さんたち、ヒント与えすぎ。
面白みが減ってしまう。^^;


「416」
この数字は何かと解釈しようとする時に、まず「西暦年」の可能性を考えてみるのが普通だろう。
そこで、「西暦416年」でググってみると、そこで答えがバレてしまう。


416年には、日本で「允恭(いんぎょう)地震」が起きたと、日本書紀に書かれている。
ただの地震ではない。
日本史上はじめて歴史に刻まれた地震だったのだ。


だが、どこで起きて、どのくらいの規模だったのかなど、まったくわかっていない。
允恭天皇5年7月14日(ユリウス暦416年8月22日、グレゴリオ暦8月23日)


また、西暦506年以前は日本暦が明らかでないため厳密に西暦には換算できず、西暦換算が416年であるかも疑わしいという意見もある。


ただ、不思議な世界の人々が、「允恭地震」で何を言いたいのかがわからない。
どこで起きたのかもわからない地震なのに。

今年揺れそうなところ?

南米のチリから環太平洋沿い、インド、イラク、トルコ、ギリシャは、今後も地震は避けられないようです。
今年は、中国の地震の回数がトップになるかもしれません。
コスタリカ、アルバニア、エルサルバトル、イラン‥‥。
書きたくなったので、こんな国名を書いておきます。
大和地方って‥‥。
ここまで書いて、次の言葉が書けなくなりました。
地図を変える。
(松原照子、同上)


ここで出ている国名は、「今年あたり揺れそうなところ」と解釈したのだが、どうだろうか?
そういう意味では…。
すでに揺れましたね。


まず、コスタリカ、エルサルバトル…。
そう頻繁に大きな地震が起きない2つの国の近く、ホンジュラスで。
1月9日の2018/01/09 20:51、ホンジュラス沖でM7.6の地震。


f:id:nmomose:20180118235556j:plain


それと、チリ。
1/14に、チリとペルーの国境付近の沖で、M7.1の地震。
まあ、こちらは結構揺れるところなので、それほどインパクトはない。


松原さんは世見掲載の数週間前に原稿を書くそうで、ホンジュラスもチリの地震も、おそらく地震の前から書いていたのだろうが、もちろん世の中的には認められないだろう。


今年は、中国でいちばん地震が多くなる?
さて、どうなるか。


冒頭の世界地図で、松原さんが国名を出しているところを、ピンクで塗っておきました。
ちょっとわかりにくいけれど。
念のため、他の国も注意することにします。


聞いてビックリ「あの世」の仕組み

聞いてビックリ「あの世」の仕組み


https://www.instagram.com/p/BeESkc0A1P7/
【家族】2年前にエッグスンシンクスららぽーと立川立飛店で。2 years ago at Eggs'n Things.




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email