探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

世界中の火山が噴火し始める?2月に南海トラフ巨大地震?日刊ゲンダイの記事より

1月19日付の「日刊ゲンダイ」に、興味深い記事が載った。
「世界中の火山が噴火の不気味…2月は“巨大地震”に要警戒」と題したもの。


f:id:nmomose:20180112232057j:plain
 

世界中の火山が噴火し始めている

まず、ゲンダイの記事は、世界中の火山が噴火し始めていると始まる。
1月5日には、パプアニューギニアの火山島「カドバー島」で有史以来、初の噴火が起きて、その後もインドネシア、フィリピンの火山が相次いで噴火した。
日本では/15に鹿児島県の桜島が2度噴火した。


これらは、1/2の(エクストリーム)スーパームーンの影響かもしれない。
地震に比べると、火山の噴火のタイミングは、満月・新月からタイムラグがあるかもしれず、この点は課題事項としたい。


昭和南海地震

さらに同記事は、2月に国内で大地震が発生する可能性が高まっていると続く。
昨年7月中旬にアリューシャン列島でM7.7、1月14日にペルー(チリ)でM7.3の地震が発生した。


実は、1946年にも同じ場所で大きな地震が起きている。
その年の4月にアリューシャン列島でM8.1、11月にペルーでM7.3の地震が起きていた。
そして、その年の12月に昭和南海地震が発生した。


これは、以前から私が言っている、環太平洋の時計回りの法則に当てはまるだろう。
それならば、他にも環太平洋で大きめの地震が起きていたのでは?
そう思って調べると、やはりあった。


1946年8月4日。ドミニカ共和国で地震(M 8.0、犠牲者100人)。
1946年12月5日、台湾で台南新化地震(M6.1、犠牲者74人)。


そして、台湾の地震から2週間後の12月21日に昭和南海地震(M8.0)が発生した。
これらを時系列に並べると、ちょうど時計回りになる。


そういえば、この時はドミニカで地震が起きたが、今月10日にそこに近いホンジュラスでM7.6の地震があった。

2月に南海トラフ巨大地震???

日刊ゲンダイの記事で、武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏(地球物理学)はこうコメントしている。

いつどこで大地震が発生するのか、正確に予測することはできません。しかし、東日本大震災以降、国内で大きな地震が起きていない。16年4月の熊本地震は、東日本大震災の2000分の1程度の規模でしたから『大地震』の枠からは外れます。【中略】46年の連鎖地震と同様に、日本国内で近々、大地震が起きても不思議ではありません。


では、本当に南海トラフ地震が近いのか。
南海トラフ地震が起こる条件として、黒潮の大蛇行が起きている間は起きないということがある。
そのため、可能性としては低くなるが、そうとも言えない要因もまたある。


大蛇行は、今年春頃に終わりという予想もあるのだ。
そうなれば、南海トラフ地震が起きる条件は揃うことになる、


今後も様子をしっかりと見守ることにしたい。


www.nikkan-gendai.com


KAKURI サバイバルシート(防寒・保温シート)

KAKURI サバイバルシート(防寒・保温シート)


https://www.instagram.com/p/BeLFKp1AJPk/
【愛弥美】幼稚園で描いた、ママと愛弥美の絵。なぜか左にバイキンマンも。先生が手伝ったとは思えないから、3歳にしては絵心ある?(親馬鹿か)。Ayami drew mom and herself.#愛弥美


www.sarucook.com




Copyright (C) 2004-2017 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email