探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震予知】JESEAの3/21全国一斉異常変動はデータ不具合によるものだった~「大地震の予兆」は撤回

f:id:nmomose:20141222180731j:plain


今日、村井俊治・東大名誉教授らのJESEA(JESEA地震科学探査機構)から、重大な発表があった。
3/21(水)配信の『MEGA地震予測』の内容について、重大な訂正が行われた。
全国一斉異常変動は、実はデータ不具合によるもので、全国的な異常変動は、取り消されたことになる。

3/21発表の地震予測

関東や南海地方など全国で一斉に大きな変動が起きたため、今年はしばらく要注意だということは、下記の3/22の記事で紹介した通り。
www.tankyu3.com
 

この内容について、村井氏が昨日3/23のTwitterで、以下のようにツイートした。


「3月22日」は恐らく村井氏の勘違いで、MEGA地震予測は毎週水曜日発行となるので、最新の地震予測の発表は3/21(水)だった。

JESEAの訂正

この時は、全国的に4cm超の週間高さ変動が98点の多さで一斉変動を起こしたため、 異常点が集中した南関東周辺および南海地方を要警戒にレベルアップした旨の発表だった。


ところが、昨日3月23日に国土地理院より、3月19日に公開されたデータについて、 日々の座標値について、2018年2月28日に、全国的に各成分で値の跳びが発生したことがわかり、今週に急激に異常変動が起きたというのは、誤りだったことがわかったという。


そのため、JESEAで再解析を行った結果、今週発表の98点の異常変動は、実際にはほとんどなかったという。
そのため、今週レベルアップした4地域については、すべてレベルアップを撤回するとのこと。


3/22に村井氏が「大地震の予兆の可能性を否定できないです。3か月から6か月以内は要注意が必要です」とツイートしたことも、撤回されることになる。

今年は日本で特大の大地震はない??

今回の訂正は、村井氏やJESEAが悪いのではなく、データ提供元の国土地理院の問題なので、仕方ないところだろう。


というわけで、とりあえずは一安心ということになる。
以下、スピ的な話題になるが、今年の粥占などを見ると、特段に大きな地震は日本では起きる気配がないという感触を得ている。


このへん、ちょっと言葉の選択に慎重になるが、だからといって、絶対に大地震が起きないわけではなく、そのあたりが難しいところだ。


地震は必ず予測できる! (集英社新書)

地震は必ず予測できる! (集英社新書)


https://www.instagram.com/p/Bgr70Q7A6G7/
【ハムスター】3/24朝、カウンター値:230。鼻の上が禿げているのは檻をガリガリやるせいだろう。@kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


https://www.instagram.com/p/BgsNCaFgIr_/
【桜】3/24 まだ五分咲き位で、小金井公園での花見は来週末かな。家を出てすぐの自転車道路が桜並木というのが、他に住みたくない強力な理由の一つ。Sakura near home.#桜 #多摩湖自転車道路 #花見


https://www.instagram.com/p/BgsPRpSAinn/
サングラスをかけ続けるとコメカミが痛くなるので、Amazonで買ったメガネバンド、いい感じ。送料込み380円。百均でも売っていそう?#メガネバンド #サングラス



Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email