探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震】新燃岳噴火は“大地震の前兆”と木村政昭氏が警告~富士山噴火と首都直下地震も?

f:id:nmomose:20180325225503j:plain


久しぶりに、木村政昭・琉球大名誉教授の話題を。
3月1日朝に噴火した新燃岳(しんもえだけ)に関することだ。
木村氏によると、この火山の噴火が大地震の前兆だという。
その説を検討してみることにする。

新燃岳

霧島山(霧島連山)に属する新燃岳。
この霧島山が、日本の地震・火山活動にとって非常に重要な山であることは、いままでブログやTOCANAで何度も書いてきた。


昨年2017年10月11日には、新燃岳が6年ぶりに噴火した。
このときにTOCANAで書いたが、霧島連山の噴火から数カ月後に、オホーツクプレート上で大地震(主にM7.5以上)や大噴火が起きるケースが多い。
tocana.jp

木村氏の説

木村氏は、週刊新潮 2018年3月22日号の取材に応えて、日本の地震と火山噴火は、太平洋プレートとフィリピン海プレートの東から西への移動に伴うプレッシャーで起こる現象と説明する。
そして、以下のようにも語っている。

東日本大震災後の2013年当時、三陸沖のストレスがなくなって太平洋プレートの押してくる圧力が高まり、桜島、新燃岳などの火山活動が活発化しているはず。注意すべきは九州内陸地震と主張したのです。
(木村政昭、週刊新潮 2018年3月22日号)
www.dailyshincho.jp


このように、なぜか東北の地震活動と九州南部の火山活動がリンクしているのだ。
このことは、前述のように私が以前から考えていたことと矛盾しない。

富士山噴火、首都直下地震

新燃岳噴火はフィリピン海プレートの圧力によるもの。今は九州の火山活動を注視すべき。連動している太平洋プレートのプレッシャーが影響する富士山噴火は、私の予測では、2014年±5年。東京直下型地震にせよ、いつやって来ても文句は言えません。
(木村政昭、同上)


フィリピン海プレートの動きが九州の火山にも影響を与えることも、私は何度も書いていた。
富士山もフィリピン海プレートが沈み込む地点に位置することを考えれば、富士山の噴火もその延長線上で捉えることができるだろう。


そして、そのまた延長線上にあるのが、首都直下地震?
木村氏は、以前から指摘していた空白域が、3.11以降に消滅したと考え、予測を取り消したことがある。
それでも、またその可能性が浮上してきたということなのか。


富士山といえば、今月になって私がスピ的観点も混じえて警告している通りで、さまざまな視点から数年間は注視しなければならないだろう。
この件に関しては、公の場で書けない情報も入ってきているので、尚更不穏に思うのだ。



https://www.instagram.com/p/BgunL9rgi5L/
【ハムスター】3/25朝、カウンター値:535。少ないのは、昼間ずっと起きているせい? @kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


https://www.instagram.com/p/Bgud214gMYz/
昨日、多摩湖自転車道路のベンチで、昨年5月にしろ子を売っていたおばさんが、今度は白いジャンガリアンを売っていた。全く病気せずに元気だと言ったら喜んでいた。あと半月位で1歳。平均寿命だとあと1~1.5年は生きるが、4歳まで生きる子もいるらしい!#ハムスター #ジャンガリアンハムスター #桜


https://www.instagram.com/p/Bgvfs9IgLBK/
Amazonで1.1万の山善の学習机、安いと思ったら完全組み立て式で、2時間かけて腰も傷めた。(^-^; でも頑丈で何の問題もない。ランドセルとSB見守りケータイも揃って入学準備OK。I assembled the desk for Ryuya, bought on Amazon.#学習机 #山善

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email