探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【松原照子氏】2018/03/27世見「何かが近付いている」~大震災級の地震災害か?

f:id:nmomose:20180327213513j:plain
【写真】東日本大震災、陸前高田の津波で住宅の屋根に打ち上げられた車。
"A carried car in Rikuzentakata, Iwate, Japan" by Mitsukuni Sato
licensed under the Creative Commons Attribution 2.0 Generic


今日3/27の松原照子さんの世見を紹介する。
これは見逃せないと思う内容なので。
2018年3月27日「何かが近付いている」というもの。
内容は、「3.11の次は?」に関わるものだ。

「何かが近付いている」

東日本大地震が起きた年のお正月、関東大地震を気にしておられる方の顔が浮かんだと同時に、来ると思いその方に電話を入れました。
勿論どこなのかはわかりませんでした。
東日本大地震が起きる前年の秋頃から、福島にある原子力発電所が気になり始め、この世見でも書かせていただいていました。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2018/03/27より)
ameblo.jp


ここで松原さんが書かれている「世見でも書かせていただいていました」に対応するブログ記事は、いくつもある。
その中で、「福島にある原子力発電所が気になり始め」に該当する世見(予言)については、いくつかある。

原発事故の世見

まず、「2011/01/06:チェルノブイリは他国の事ではない」から引用する。

<世見> 2011/1/6
Date: 2011.01.06 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Response: 1
太平洋側はよく揺れる
満潮と重なると、かなり大きな津波が本土に来る
これからが冬本番、雪が人々を苦しめる
今年は 原子力発電所の事を 忘れてはいけません。
現在 稼働中の原子炉って 幾つあるのだろうか?
55くらいあったとは思うのですが 皆様も関心を持っておられるようにお願い致します。
チェルノブイリ事故は他国の事ではありません。
使用済みの核燃料の始末はどうなっているかもです。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」より)


ここでは、「チェルノブイリ事故」が日本でも起こる、それも「今年」(2011年)に起こることを示唆する内容となっている。
ところで…。
2011/02/16の最も有名になった3.11を予言していた世見記事は、東日本大震災発生の翌日に「捏造」されたというあやふやな言説がネット上で広まって、松原さんは「インチキ」だと信じる人がいまだに少なくないようだ。


だが、私がこの記事で紹介するすべての世見記事を「捏造」したとして、それを誰も指摘しないのは、どういうことだろう?
徹底的に捏造説を「検証」するならば、もっとしっかりしてくださいね。
もともと捏造は一切やっていないのだから、できるわけはないだろうけれど。


もう一つ、「2011/02/04:原子力発電所」の世見。

<世見> 2011/2/4
Date: 2011.02.04 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Response: 1
【中略】
今は地球のお心なのか この核施設や原子力発電所には天災を避けてくれていますが いつ地球のお心が変わるか分かりません。
その日が近付いている そんな思いにもなります。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」より)


「原子力発電所」が「天災」によって何らかの異常をきたすことについて、「その日が近付いている」とまで書いている。
たしかに、「その日」まで、あと1ヶ月あまりに近づいていた時点で書かれた世見だった。


原発事故以外の巨大地震や津波についての世見は、ここでは引用しないが、下記の「神秘三昧」のページでまとめているので、参照してください。
www.shinpi3.com


私は、ソフトウエア開発歴25年ほどの元SEだから、はっきり言えるけれど、これだけたくさんのブログ記事を事後に「捏造」して、世間にばれないって、それは無理でしょう。


2011/02/16の記事だけは、3/12に当時のIT担当者が気を利かせて(?)、WordPressの機能でカテゴリーを変更してしまったんですね。
でも、私が検証したところ、カテゴリー以外の本文は一切改編されていなかった。


それから、講演会に参加した人は聞いたことがあるかもしれないけれど、松原さんは身近の人々に、大災害が近いことを事前に言っていたんですね。
そういうことまでは、ネット上や本でも書かれていない。


万が一、この問題が訴訟沙汰になったら、松原さん側の証人となってくれるかもしれない人は、少なくないのです。
それに、ブログ記事を事前に読んでいた人も、たくさんいます。

切迫した表現

あの時のお正月に“来る”と感じたあの感じや、阪神淡路大地震が起きた初出勤の日、社長と来訪者に話した「神戸が危ない」と言ったあの時の感じまではないものの、何かが近付きつつあるのを感じています。
地震はどこで起きても喜べることではありません。
30年以内ではなく、15年いえ10年、もしかすると数年以内‥‥。今年でないことを願わずにはおれません。
(松原照子、同上)


阪神・淡路大震災のときにも、事前に周囲の人々に話していたんですね。
今回は、「あの時の感じまではないものの、何かが近付きつつあるのを感じています」とある。
何かしら切迫したものを感じているようです。


ただ、それは早くとも数年以内というニュアンスで、今年すぐに起きる的な表現ではない。
巨大地震なのか、規模は小さくても津波地震なのか、福島のような原発事故なのか。
「何か」はまったくわからないが、M6かM7程度の地震では、こんな表現は使わないだろう。

今月も後4日で終わりますが、中国で起きた大地震は2月から3月に起きています。
(松原照子、同上)


中国の大地震は2月と3月に多いというのは初耳だけど、そうなのかな?
日本では全体的に3月にいちばん多いというのは、3/23にTOCANAで紹介した通りです。
www.tankyu3.com

中国の地震予知

周恩来は陣頭指揮をとり、地震の予知予報をはじめましたが、科学者は動物の異常、井戸水の変化、微小地震を調べたのです。
微小地震の多発、平穏、そして大地震発生を研究所は察知したといいます。
この地震の予知方法で1975年の2月に起きた地震を察知して、100万人余りの人が予報を聞き、避難して助かりました。
(松原照子、同上)


あの頃の中国の国家規模の地震予知は、本当に役立った面もあったけれど、その後に続かなかったのが残念です。


今日の世見の「何かが近付いている」、もし本当に逼迫しているのならば、この世見だけでは絶対に終わらないでしょう。
今後の重要な世見を見逃さないようにしたいものです。

宮城県の美弥さんの体感

3/25 0時頃に、宮城県の美弥さん(仮名)からメールをもらったので、紹介する。

暫く、様子を見ていたのですが、痛みが続いています!
昨日宮城沖で震度4の地震がありましたが、昨日は少しで痛みも止まったので報告はしませんでした!
今日の方が痛みは強く長いので、もし来るときはもう少し大きめか海洋上での地震の可能性が高いと思います!


後述する私の体感からしても、関東か東北かわからないけれど、今週これから中規模以上、揺れそうです。

私の体感など

今日は、昨日からの頭痛が収まらず、仕事を休んだ。
低気圧要因も、朝に「注意」レベルがあった。


そのほか、久々に顕著な地震前兆の体感があった。
https://www.instagram.com/p/Bgz5ebCgwwi/
【体感】写真はダミー。3/27 11:45左耳の閉塞とポー音の耳鳴り30秒程。今日明日大きめか近場で地震ありか。昨日からの頭痛で仕事休み。低気圧+体感で、こちらは30日以降に発震か。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #体感 #LINE


また、家の無人チャイムも、14:24、そしてその後も数回、「新曲」のメロディーが流れた。
そして、私がPCの前に座っていた短い間も、ばけたんが何度か点滅していた。


この耳鳴りからすると、かなり大きめ(中規模以上)か、またはM3程度でも、埼玉県南部や多摩地区などの近場で揺れるのではないか。
そう思って地震情報を見ると、2018年3月27日 18時40分頃に茨城県沖、M3.7、最大震度2の地震があったが、この程度ではないだろう。


耳の閉塞に続くピー音やポー音の耳鳴りは、当日か翌日にほぼ確実に地震があるパターンだ。
今夜または明日3/28に、対応する地震があるかもしれない。


今朝までの頭痛は、また別で、「3~4日ルール」からすると、3/30以降になると思う。
こちらは、そう大した地震ではないかもしれない。


www.sarucook.com
www.shokuzan.com


https://www.instagram.com/p/Bgz1116gffi/
【花粉情報】東京はもう終わったものと思っていたら、そうでもないらしい。私は症状が軽く、サルちゃんも大丈夫そうだけど、全国的に最大の「非常に多い」ばかり。#花粉 #花粉情報 #花粉症 #LINE


https://www.instagram.com/p/Bgzu0ZWAT23/
【桜】家の前の多摩湖自転車道路で。ソメイヨシノの色が年々薄くなっているとか東京の桜は薄いとか俗説があるが、つぼみ→満開の期間が短い、樹齢が高くなる、満開前など様々な条件で色が薄くなり一概には言えないようだ。#桜 #ソメイヨシノ #桜の色が薄い #花見



Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email