探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震】熊本地震から2年+島根地震は「台湾―西日本連鎖の法則」に対応か+花蓮港でクジラ

f:id:nmomose:20180413211047j:plain


明日で、2016/04/14の熊本地震(前震)から2年がたつ。
その2ヶ月前には、台湾南部地震もあった。
4/9の島根県西部M6.0の地震は、「台湾―西日本連鎖の法則」に対応するものだったのか。
また、台湾・花蓮県で、クジラが現れたということも紹介します。

台湾地震

2年前の2月には、台湾南部でM6.4の地震があった。
台湾で大きな地震が起きると、その後に西日本でも大地震が起きることがあるが、その一例だ。

2016年2月6日:台湾南部地震 - M6.4、深さ16.7km。
2016年4月14日:熊本地震の前震 - M6.5、深さ11km。
2016年4月16日:熊本地震の本震 - M7.3、深さ12km。


この地震については、下記の地震当日の記事で書いているが、フィリピン海プレートの境界付近が震源となっていた。
www.tankyu3.com


これに対して、熊本地震は活断層が動いた結果の地震だが、それでも木村政昭・琉球大学名誉教授などによると、プレートの動きも影響があったのではないかという。

島根県西部地震(M6.1)と「台湾―西日本地震連鎖の法則」

その2ヶ月ほど後に起きた熊本地震(前震、本震)は、やはり無関係とは言い難い。
これまで、台湾で大地震が起きて1年ほどの間に西日本でも大地震が起きた例が非常に多く、これを「台湾―西日本地震連鎖の法則」と呼ぶことにした。
下記のTOCANAの記事で書いている。
tocana.jp


今年2/6に発生した台湾・花蓮地震の後も、西日本で大きな地震の可能性を警戒していたところに、4/9に島根県西部でM6.1、最大震度5強の地震が発生した。
この場合は、フィリピン海プレートが沈み込んでいるところではなく、未知の活断層が動いた地震だと考えられている。


それでも、この法則が成り立つのだろうか。
あるいは、たまたま起きた地震なのかもしれないが。

熊本地震の前兆

2年前の2016/04/14夜に熊本地震の前震が発生した時には、ショックだった。
当時、九州はノーマークだったからだ。
だが、その後に様々な情報を収集していくと、前兆現象のようなものは多数あったことがわかってきた。


本当に残念なのは、これが本土の方ならば、体感する人や地震前兆に関心がある人がたくさんいて、自分がどんなに多忙でも、何かしら情報が入ってくるものなのだ。
ところが、九州では、そのような活動を行う人が、あまりにも少ない。


f:id:nmomose:20160502233902j:plain


だが、そのことを攻めるわけにはいかない。
ようするに、関東などに比べて、発生する地震の絶対数が少ないということなのだ。
これが、東京や茨城・千葉に住む人ならば、電磁波に敏感であればイヤでも気がつくだろう。
耳鳴りや頭痛が、地震の前に起きるものだということに。


熊本地震を機に、そのような人が少しでも増えてくれることを願うばかりだ。


pets.ettoday.net
 

台湾・花蓮県の海岸にクジラ

これは、Facebookの台湾の地震関連グループで目にしたもの。
台湾メディアの記事を、翻訳機能を使って読むと、4/10朝、花蓮県の花蓮港にクジラが現れたという。


下記にYouTube動画がある。



ここ1ヶ月ほどは、花蓮県付近では地震が起きていないようだ。


防犯・防災 非常用持出リュック

防犯・防災 非常用持出リュック


https://www.instagram.com/p/BhfT2HLn69_/
【ハムスター】4/13朝、カウンター値:543。ミールワームおいちい。@kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


https://www.instagram.com/p/BhfRUncHIh3/
4/13 今日は、タイの旧正月、ソンクラーン(水かけ祭り)です。#タイ #ソンクラーン #Songkran


https://www.instagram.com/p/BhgxUltnUf1/
今夜は、部屋の中がシーンと静まり返っている。サルちゃんが子供2人を連れて家を出て行ったので。あ、タイ友の家に遊びに行っただけで、明日帰ってくるけれど。(^-^)Saru and kids went to friends's home and nobody else is here tonight.



Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email