探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【TOCANA】5月23日に南海トラフ巨大地震発生、6月には富士山噴火?未来人「XU」の信憑性は?

f:id:nmomose:20180425123504j:plain


第して『【検証】5月23日に南海トラフ巨大地震発生、6月には富士山噴火!? 破滅を予言する未来人「XU」の信憑性は?』というもの。


あっと驚くかもしれないが、「未来人」についてブログやTOCANAで書いたのは、これが初めて。
つまり、正直いうと関心がない。
だが、編集部の依頼によって、執筆することにした。


「5月23日に南海トラフ巨大地震が発生する」、「6月15日に富士山が噴火する」といった「未来人」の予言について、真剣に検証してみた。


TOCANAの記事

もちろんトカナでは、「未来人の予言」ネタがよく登場するが、私に声がかかったことはなかった。
予言の内容が私向きだということかもしれない。


まずは、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。


tocana.jp
 

自分の考え

私の原稿を編集者が更に簡潔にまとめてくれたので、いつもと違って、あまり補足することが思い当たらない。


TOCANAはあくまでも、一応はニュースメディアとされていて、記事上で私見を差し挟むことは極力控えている。
だが、ここではそういう縛りがないので自由に書くことにする。


まず、基本的に「未来人」とか「タイムマシン」のたぐいには懐疑的に見ている。
過去にそのような予言が「本当だった」と思われるような出来事は、起きていないように思う。


もしこの予言の主が「未来人」ではなく「現代人」だったとして、そのような予言を想像上で創作するにあたって、ちょっと十分な知識が足りなかっただろう。

知識不足な「未来人」

それは…

  1. 日付がわかっている過去の南海トラフ地震は、7~2月に起きていた。
  2. 黒潮の大蛇行が知られるようになった後(20世紀半ば~)の南海トラフ地震は、すべて黒潮の直進期(非大蛇行期)に起きていた。

…という事実だ。


もっと決定的なのは、2020年に東京が攻撃されて、同じ年に岡山へと首都移転するのに、更に東京オリンピックが予定通り開催されると言っていることだ。
あまりにも考慮が足りないというか…。^^;
SF作家には成れないな。


…というわけで、これ以上の補足は不要でしょう。


池上彰とメ?テレが真剣に考える 南海トラフ巨大地震から命を守れ!

池上彰とメ?テレが真剣に考える 南海トラフ巨大地震から命を守れ!


https://www.instagram.com/p/Bh-F-vPnhX-/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美


www.sarucook.com

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email