探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震】房総半島沖のスロースリップの影響の地震はまだ続く?過去の大地震との関係

f:id:nmomose:20180429215757j:plain


昨日の記事で、千葉県の房総半島沖の「スロースリップ」について少し言及した。
だが、まだ書き足りないことがあったので、今日も書くことに。

房総半島沖の「スロースリップ」(スロー地震)

昨日は、茨城県の郁代さん(仮名)からのメールにスロースリップが出てきたので、少しコメントした程度だった。


このスロースリップが始まったのが、6月3日ごろから8日にかけてだった。
防災科学技術研究所のチームは、6/11の政府の地震調査委員会で、この群発地震が通常とは異なる地殻変動をとらえているとして、発表となった。


その後6/12に千葉県東方沖でM4.9の地震が発生した。
だが、地震調査委員会の平田直委員長は、今後より大きな地震がある可能性があるとして、注意を呼びかけた。

「あなご君」を見ると

今朝、「あなご君」で、房総半島沖の地震の具合を確認してみた。
これは、Hi-netの無感地震データをヴィジュアルでわかりやすく、Googleマップにマッピングしたもの。


下記のInstagramで投稿している。


https://www.instagram.com/p/BkCBGe3HHtN/
6/15 12時現在の「あなご君」より。房総半島の太平洋側で無感地震が群発している。スロースリップは沖合だが、このあたりまだ揺れそうか。  @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #LINE


あなご君は、過去24時間分の地震しか表示されないので、刻々と内容が微妙に変わってくる。
これを見てわかるように、スロースリップが起きている沖合から内陸寄りのところで特に、無感の群発地震がまだ続いている。

最新の無感地震状況

今夜9時頃のあなご君のマップに、最近の地震や過去の大地震を追記したのが、下記の図。
四角の中がスロースリップが発生した位置。
f:id:nmomose:20180615235735j:plain


ここにあるように、房総半島沖では、M6~M8クラスの地震が起き得る。
今回のスロースリップでは、約6.5センチ動いたそうで、大きな地震にはつながらないとしても、昨日書いたように、スロースリップの間隔がだんだん短くなってきた時には、「いよいよ巨大地震か?」と、警戒しなければならない。


次に起こる巨大地震は、房総半島沖と明言している地震学者もいるので、このことは忘れずにいたいものだ。
今日は黒潮の大蛇行との関連も書きたかったが、時間切れになったので、また後日に。


【参考】
「あなご君」 Google MAP



https://www.instagram.com/p/BkB5Fm_HQ24/
【愛弥美】給食を食べ始めたのは良いけれど、宵っ張りで0時~1時まで起きていることもあるのが悩みの種。夕方寝るとダメみたいで、難しい。#愛弥美


www.sarucook.com


すごく大事なこと。
www.shokuzan.com

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email