探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【TOCANA】大阪北部地震を予知していた5人…今後の巨大地震に関する予言も+広島のラドン濃度グラフが要注意

f:id:nmomose:20180622203758j:plain


今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
題して、『大阪北部地震を予知していた5人とは!? FBI超能力捜査官、松原照子… 今後の巨大地震と津波に関する予言も』というもの。
6/18の大阪北部地震(大阪府北部地震)を予言・予知していた人々の紹介だ。


他に、近日中にさらなる大きな地震が起きそうな前兆などがあるため、それも紹介する。
ラドン濃度グラフの最新状況(要注意)や、自分の磁石落下装置、体感などだ。

【目次】

 

TOCANAの記事

この記事は、大阪北部地震(M6.1、最大震度6弱)が発生した当日に、急遽執筆・掲載された第1弾に続くもの。
第1弾では、主に前兆現象や南海トラフ地震につながる可能性などを書いた。


今日の第2弾では、ジョセフ・マクモニーグル氏、松原照子氏、リシルさん、スズさん、ミシェルさんの予言・予測を紹介する。


まず、下記のトカナの記事を読んでみてください。
今日はちょっと重要な補足事項があるので、戻ってきて続きを読んでください。


tocana.jp
 

ジョセフ(ジョー)・マクモニーグル氏

まず、マクモニーグル氏だが、記事に掲載されなかった部分があるので、補足する。
今回の大阪の地震に該当するかもしれない予言は、実は下記の2つあった。

(1) 2007年晩秋: 高槻市 北25km 震度6弱/強 →誤差11年、25km
(2) 2012年夏: 伊丹市 東北東5km 震度6弱 →誤差6年、15km


このうち、時間と震源までの距離の差を見ると、(2)の方がどちらも誤差が少ないので、記事ではそちらが採用された。
(1)は高槻市と今回の震源がガチで指定されていたが、その中心から北へ25kmだと、むしろ伊丹市の東北東5kmの方が震源に近くなるのだ。


いずれにしても、まぐれでそうなったとは、あまり思えない。


下記の今年の予言も、5年以内くらいに首都直下地震と南海トラフ巨大地震として現実になるかもしれないが、忘れないでいたいものだ。

1. 津波:2018年秋 高さ10.5m
2. 大地震:2018年晩夏 東京都の西40kmで震度6弱

 

松原照子氏

松原照子さんが大阪北部地震を世見(予言)していたかもしれないことは、ブログで書いたつもりで、書いていなかった。
問題の、2012/06/20の「伏見城で大地震に」と題した世見記事では、以下の通りある。

ただ、8月5日高槻で講演会をする事になっているので高槻を探すと、この高槻から思い出深い有馬温泉に一本の線が見えたのです。
この一本の線の意味は分かりませんが、秀吉が伏見城の天守閣で体験した事に繋がるようなのです。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2012/06/20より)


ここで、「高槻から思い出深い有馬温泉に一本の線」というのは、今回動いたと思われる活断層帯「有間―高槻断層帯」を意味しているようだ。
さらに、「秀吉が伏見城の天守閣で体験した事に繋がる」というのが、豊臣秀吉が伏見城で体験した慶長伏見地震のことを意味しているというのは、無理な解釈ではないだろう。


もっとも、この世見が書かれてから6年の歳月が流れているので、そのへんが世見的中と言えるかどうかの意見の分かれ目だろう。
自分的には、世見が掲載されたのが6月20日と、地震があった6月18日から2日違いだったのが、意味深なところだとも思うのだ。

松原氏:これからもまだ揺れる?

さらに、2018年03月07日 の「今年も揺れるでしょう」と題したブログ記事も紹介した。
ここで、阪神・淡路大震災(1995年)に言及した後で、こう書いている。

この地震が起きた時、六甲山の南縁から淡路島の東岸の辺りに影響が起きた気がしたのと、有馬から高槻辺りを通り、大阪、京都、琵琶湖へと伝わったと思いましたが、23年経った現在もありがたいことに何も起きてはいません。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2018/03/07より)


ここでも、また「有馬から高槻辺りを通り」と、「有間―高槻断層帯」のことと思われる記述の後で、さらに「大阪、京都、琵琶湖へと伝わった」とあれば、今後はそこが揺れるのかと思ってしまうが、さてどうなるか。

スズさん

次は、スズさんの例の「慶長地震がそのままに起こる」
2015年8月28日に見た夢で、誰かに「噴火はもちろんのこと、大分県北部地震、慶長地震がそのままに起こる」(「災害の夢ブログ」より)と耳元で囁かれたという件だ。


ここで、原稿では書いたのだが、慶長時代に続けて起きた大災害で、「まだ起きていないもの」を一目瞭然でわかるようにと、下記のリストを作った。

・1596/09/01:慶長伊予地震(M7.0、愛媛県)→伊予灘地震(2014年、M6.2)
・1596/09/04:慶長豊後地震(M7規模、大分県)→熊本地震(2016年、M7.3)
・1596/09/05:慶長伏見地震(M7.0、京都・大阪)→大阪北部地震(2018年、M6.1)?
・1605/02/03:慶長地震(南海トラフ?、M8位)→南海トラフ地震(20xx年?)
・1611/09/27:慶長会津地震(M6.9、福島県)→福島県浜通り(2011年、M7.1)
・1611/12/02:慶長三陸地震(M8.1~8.7)→東日本大震災(2011年、M9.0)


この中で、「大阪北部地震」については、これで終わりになるとは言えないという部分がある。
もちろん、本当にそうなってほしくはないが。


そして、更に残るのが、南海トラフ地震だ。
もちろん、数年中に起きると決まったわけではないが、あの時代には15年間かそこらで、これらの大災害の連続があったのだ。

ミシェルさん

ミシェルさんについては、
「震度3~4(余震)が多発」(6月19日時点)する体感がある


今日は霧島連山・新燃岳で爆発的噴火が起きたが、この体感だったかどうかは、まだ確言できないようだ。
今日やりとりしたところでは、かなり体調を悪くしているようで、辛そうだ。
しばらくはTweetも少なくなるかもしれない。


つい先ほど、また連絡が来たので、下記の部分だけ紹介する。

北関東特に千葉茨城でありそうな感じがしますね。昼過ぎに千葉茨城の耳鳴りがありましたが、震度2~大きく揺れても震度4でしょうか、スズさんには大分やばいかなと伝えましたが、新燃岳だったみたいですが先程連絡したとおりまだ様子見しています。


というわけで、大分県の人だが、関東まで体感しているようだ。
いつ頃ということまでは、わからないが。

リシルさん

これも、群馬県南部の地震を予知していたことだけが書かれていたが、これは記事の掲載が遅れたせいかもしれない。
私が原稿を送ったのが6/19だったが、その日に掲載されず、6/20に「大阪で震度5」が起きるという部分が時期遅れになってしまったのだ。
この辺の記事掲載の順番は色々あるので、仕方ないところだろう。


そのリシルさんの最新の体感・予感は、昨日の記事で書いた通り。
www.tankyu3.com


今日もLINEでやりとりしたが、特に地震の話は出なかった。
これから、震度5または震度6もあり得るということで、注意したいところだ。
 

ラドン濃度グラフ

さて、TOCANA記事紹介は終わって、ここからは最新の大事な情報を。
まず、関西のラドン濃度グラフの変化についても、昨日の記事で書いた。


今日は「防災三昧」のPC版で、大阪東部のラドン濃度グラフもフッター部分(最下段)に表示するようにしました。
あまり顕著に出ないこともあったり、ノイズもあったりするけれど、注意深く見れば、なんとか傾向がわかるだろうということで。


その他の前兆情報も、下記の「リアルタイム地震前兆データ」にあります。
www.bosai3.com


次に、今日6/22 21時現在のラドン濃度グラフを見てみる。
まず、大阪東部は以下の通り。
f:id:nmomose:20180622215608j:plain


6/21夜から水平状態で、これでピークに達したのかもしれない。
そうなれば、あとは下降するだけで、その間に地震が発生することになるか。
または、完全に元のレベルまで下がってから揺れることもある。
f:id:nmomose:20180622215614j:plain


6/18の地震の11日前の6/7には48bq/m3ぐらいでピークだったのが、今は44くらいで、1日以上長く続いているという違いがある。


次に、広島のデータは以下の通り。
f:id:nmomose:20180622215639j:plain


こちらはまだ上昇しそうで、これがもし大阪の余震(本震?)の前兆を捉えているとすれば、発震はもうちょっと先になる。
もっとも、大阪東部と広島のデータが別の地震の前兆かもしれず、そうなるとまったく話は異なる。


いずれにしても、明日以降も様子見としたい。

宮城県の美弥さんより

次に、宮城県の美弥さん(仮名)から、6/21未明にメールをもらったので、紹介する。

先程読ませて頂きました!掲載して頂き感謝します! 読んでくれた方々が、地震について備えと、心構え、家族が出かけている時の連絡手段や集合場所等を日頃から話をする機会になってくれたらと、節に思いますm(_ _)m
今日も異常な眠気と怠さ、肩の痛み、ブラス左耳の耳鳴りも始まり、WIFiもネットワークエラーが頻発して繋がりませんでした!震災前を思い出す状態です!家猫の行動も続いてます!


気になる場所は東北方面では岩手〜北海道釧路辺りまでが気になります!後、秋田!
でも、もっと気になるのが、北関東と房総半島沖〜神奈川沖、静岡沖辺りと四国沖〜九州沖辺りまでが凄く気になります! 大きな災害にならない事、本当に祈っておりますm(_ _)m
岐阜、長野辺りは絶対に来て欲しくない場所です!美濃辺りで大きな地震がもし来たら、次は南海地震や富士山の噴火も危ぶまれる感じがします、 この胸騒ぎどうか外れる事、毎日祈っております!


後述するように、東京以西の人たちが異様な眠気を覚えているが、美弥さんも同様のようだ。
美弥さんによると、東日本も要注意なようだ。
 

磁石落下装置

ここからは、大阪の地震前兆とは異なり、私が住む小平市花小金井の現象となる。
さきほど久しぶりに、磁石落下装置が落下した。


https://www.instagram.com/p/BkUyGkqnc5Z/
【磁石落下装置】6/22 20時頃、紙が少ない方が10cm弱落下していた。戻そうとしても明らかに磁力が低下しているよう。要注意。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #宏観 #磁石落下装置 #LINE


「紙が少ない方」というのは、磁石の磁力が異なるようで、紙の枚数なども、あまり気にしないでください。
まだ左側の黄色い磁石は落ちたことがなく、青い方は落下後も、戻そうしててもピタッと止まってくれず、磁力が弱まっているような印象です。


磁石落下装置は、地震発生前に磁石の磁力が弱まるという、江戸時代から知られた現象を利用したもの。
百均で売っている磁石、紙、そして磁石を張る鉄の壁か柱があれば簡単に作ることができる。


大きな地震を体験した近畿地方の人は、今はとにかく何でもいいから地震が起きる前兆を知りたいという人が多いでしょう。
そういう方も、ぜひ試してみてください。

Wi-Fi不調と体感

私は4月から派遣の仕事をやめて、現在は自宅でTOCANAなどやブログ・Webの執筆に専念している。
ここ数日は異様な眠気があり、夕方にちょっと休憩に横になってタブレットを見ているうちに、爆睡してしまう日が続いている。


また、うちはインターネットはすべてWi-Fi経由なのだが、休憩中に特にタブレットで、Wi-Fiが繋がらずにイライラしていた。


そして、目覚めた後で次第に軽く頭痛が始まった。


https://www.instagram.com/p/BkUvE0NHURq/
【体感】6/22 夕方に爆睡した後でジワジワ頭痛が始まりそうだが、気圧降下要因はなさそう。ただ明日は要注意。近畿だけでなく関東も色々出ていて、今朝は伊豆半島先端付近でM4.4の無感地震も。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #体感 #LINE


ただ、今のところは夕食後に頭痛薬を飲まずになんとかなっているレベルだ。


しろ子の運動量は、今朝も少なかった。
https://www.instagram.com/p/BkT0uDrnsq4/
【ハムスター】6/22朝、カウンター値:554。少ない。 @kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知
 

「百瀬直也WORKS」メンバーから報告

「百瀬直也WORKS」グループメンバーでは、東京と神奈川の人がひどい眠気あり。
愛知県でスマホ電波障害、別の人はひどい眠気。
兵庫県の人が、めまいと眠気。
今日は、今のところ、このような前兆・体感が報告されている。


このグループは、リシルさんが紹介してくれたおかげで(?)、メンバーが2倍に増えて、全国各地のメンバーがいて、体感や前兆を報告してくれる人も増えて、このようにブログで紹介できるようになった。


自分は常に多忙で、SNSやブログで体感などを報告している人たちの情報を見て回る時間がないが、いろいろと情報が入ってくるようになって助かっている。
メンバーの中にも、いままで人には話せなかったことを話せるようになって嬉しいとか、喜ばれることもある。


大阪周辺と関東周辺、この数日間は大きめの地震に注意してください。



https://www.instagram.com/p/BkTipi3Hm0e/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email