探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




地震予測

【予測】南海トラフ巨大地震はいつごろ発生するか?~久々に更新された黒潮大蛇行の長期予測による推定

南海トラフ巨大地震の発生時期を探る上で最も重要な黒潮の長期予測が久しぶりに更新されたが、それによると黒潮大蛇行は依然として長く続きそうで、来年の東京オリンピック前に南海トラフが揺れるかどうかなど「猶予期間」を探ってみる。

【予測】スーパームーン当日は地震が多発~明菜さんとリシルさんの地震予測~今後も要注意

今日4/8はスーパームーン満月だが、昨日から九州~沖縄のフィリピン海プレートの沈み込み地帯でM4前後の地震が複数起きていて想定内であることと、今後さらに大規模も含めて地震に注意が必要だ。

【予測】【緊急警告】明日のスーパームーン前後に大地震発生の可能性~巨大地震が起きた前例多数あり

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。 これは明日4/8のスーパームーンの前後に大きな地震に注意という趣旨で、以前に掲載されたものの再掲だ。 今年もっとも月が地球に接近する日なので、特に要注意ということと、過去のスーパームーン前後に起きた…

【予測】スーパームーン前後フィリピン海プレートで大きな地震に注意+【note】コロナウイルスに負けない免疫力

4/1の米アイダホ州M6.5の地震に続いて環太平洋で連鎖するパターンを示唆したが、そのうち対角線上に来たようで、西太平洋の南あたりでM5クラスが続いている。 その後に4/8のスーパームーン前後に日本へ連鎖する可能性を考えてみる。

【予測】南海トラフ地震発生“Xデー”秒読み?前触れとされる異常現象が多発中?+黒潮大蛇行の最新予測

4/3の週刊実話wjn.jpの記事で、南海トラフ巨大地震が「秒読み」とありスルーできないので、本当に「秒読み」かどうかを検証する。 また、南海トラフ巨大地震の発生予測にとって欠かせない黒潮大蛇行の最新予測もチェックする。

【地震予測】4月に大地震に注意が必要な時期~月が最接近する「スーパーピンクムーン」に要注意

今日は、4月に大きな地震に注意が必要な時期を、月齢や天体配置から推測する。 特に、4/8は今年で月が地球に最接近する「スーパーピンクムーン」で、この前後は通常の満月やスーパームーンよりも注意が必要だ。

【地震予測】週末に関東で強めの地震か~リシルさんが関東で震度4を予測+頭痛でダウン+都内新型コロナ区市町村別感染者数

リシルさんが群馬県で「震度4」の地震の体感を予測しているのと、私は酷い頭痛でダウンして、週末に関東圏で強めの地震が予想される。 また先ほど発表のニュースによると、東京都が初めて区市町村別の新型コロナウイルス肺炎の感染者数を発表したので詳細を…

【地震】カムチャツカ半島沖でM7.8の地震~マリアさん直前に予感あり~ダウジング地震予測に対応か

今日11:49にカムチャツカ半島南沖でM7.8の地震があり、気象庁より津波予報(若干の海面変動)も発令されたが、今朝ヒプノセラピストマリアさんが揺れそうな予感がして、北海道~東北の地図が視えたそうで、また私も3/14にダウジング地震予測を行って出たのが…

【地震】バヌアツでM6.1、バリ島でM6.2の地震~日本付近も「環太平洋時計回りの法則」で大地震に注意

昨日バヌアツでM6.1、今日はバリ島でM6.2の地震が起きたが、環太平洋の南西部で大きな地震があると北西部の日本付近でも地震が連鎖することがあるので、過去の事例を含めて紹介する。

【地震】3/13能登半島M5.5の地震~日本海側で大地震の連鎖はあるか?「日本海東縁ひずみ集中帯」とは?

3/13に石川県能登地方でM5.5最大震度5強の地震が発生したが、過去に能登半島あたりで大地震が起きた後は、どのへんが揺れるかという傾向があり、注意が必要なエリアを指摘する。

【地震予測】今日は「フルワームムーン」スーパームーン満月~数日間は大きめの地震に注意

今日3/10は満月だと周知していたが、スーパームーンであることをすっかり忘れていた。 また要注意名天体配置も重なるために、数日間は強めの地震に注意したい。

【地震】3/9豊後水道でM4.7最大震度3の地震~フィリピン海プレートで大きめの地震に注意

今朝2020年03月09日 04時28分に九州北部と四国の間の豊後水道でM4.7の地震があったが、今後はフィリピン海プレート上での大きめの地震に注意が必要だ。

【前兆】南海トラフ巨大地震は満月・新月・上弦・下弦にシンクロして起きていた~月齢は重要

今日もまた重要な発見をしたが、過去の南海トラフ巨大地震の発生日と月齢の関係を調べたところ、満月・新月・上弦・下弦の狭い範囲内に収まり、顕著な傾向があることがわかった。

【巨大地震】黒潮大蛇行は日本南岸の大地震の「守り神」だった~南海トラフも首都直下も来年以降か?

ここ数日で黒潮大蛇行と地震発生の関係を調べていて、また重大な発見をした。 それは、西日本の大平洋で黒潮大蛇行が発生している時には、日本南岸の「黒潮域」で大地震の発生が少なくなるということ。 南海トラフ巨大地震や首都直下地震だけでなく、日本南…

【巨大地震】南海トラフ巨大地震の執行猶予が延びた?~黒潮大蛇行が長続きしそうで東京五輪中は…

黒潮大蛇行の長期予測によると、まだ長く継続しそうで、南海トラフ巨大地震の発生が延びると思われるために、これは朗報だろう。

【体感】耳鳴りがひどい+ばけたん点滅も多発~関東圏地震に注意+無感地震をチェックするサイト

今朝は東京都多摩東部で地震があったが、現在も、私もヒプノセラピストマリアさんも耳鳴りが酷い状態が続いていて、またばけたん点滅もあるので、関東圏はまだ揺れそうだ。

【地震予測】南海トラフ巨大地震と首都直下地震の発生時期が見えてきた~黒潮大蛇行と巨大地震を結び付けた先覚者

今日も非常に重要なことを書きます。 今日は南海トラフ巨大地震と首都直下地震の発生時期について研究していたところ、ある重大な事実にたどり着いた。 これで、いままで曖昧だった2つの巨大地震の発生時期の予測に一歩近づいたかもしれないので、紹介する。

【前兆】南海トラフ付近で地震が増えている~昭和東南海地震の前と比べてみた~次の巨大地震はどこか?

今年に入って、南海トラフの手前の内陸及び海溝で小規模な地震が多発しているようで、どれだけ増えているのか調べてみたところ、南海トラフ巨大地震の前兆ではないかという無視できない傾向が見えてきたので紹介する。

【前兆】暖冬・気温変化と地震の関係~気温の上昇下降で大地震の発生がわかる?

今年は暖冬だが、暖冬の年には大地震が起きやすいという説がある。 他に、大地震の発生前には当地で気温が上昇するといわれるが、過去の大地震の前の気温の変化をチェックして検証してみる。

【地震】茨城県沖でM5.6の地震~ハムスター異常行動や体感の前兆があった~関東まだ揺れそう注意

先ほど2/06 20:20に茨城県沖でM5.6の地震が起きたが、この前兆現象と思われるハムスターの異常行動や私の体感があったが、まだ前兆が見られるので関東は後続の地震があるかもしれない。

【地震】中米で地震・噴火が相次ぐ~キューバM7.7など~カリフォルニア周辺も地震に注意か?

今年に入って、プエルトリコM6.4、キューバ沖M7.7などの地震や、メキシコ、ポポカテペトル山の噴火など、中米で地震・火山噴火が目立つが、そうなるとカリフォルニアあたりでも大地震が気になってくる。

【地震予測】南海トラフ巨大地震の発生条件を見直した~4~5万年前から200年間隔で起きていた+コロナウイルス撃退

海洋研究開発機構などのチームにより、遠州灘では過去4~5万年前から200回ほど南海トラフ巨大地震が発生していたことがわかった。 また、黒潮大蛇行の発生に伴う南海トラフ巨大地震が起きる条件を見直してみた。

【予知夢】明菜さん横浜や三陸の地震に注意+根室半島南東沖でM5.4の地震+千島エベコ火山噴火

今日は未明の千葉県北西部M3.0に始まって、根室半島南東沖でM5.4など、そして千島列島ではエベコ火山の噴火もあったが、オホーツクプレート上で地震活動が活発になっていて、まだ新月トリガー3日目なので、もうしばらくは大きめの地震に注意が必要だ。 また…

【大地震】ついに首都直下地震「発生の法則」を発見・オリンピックに直撃?11・12月に南海トラフも?

今日1/26にTOCANAに掲載された私が執筆した記事は、首都直下地震の発生時期の「2つの法則」に関するもので、それを紹介する。

【前兆】新潟県でクマ出没~日本海側は地震に注意か?ダウジング地震予測でも新潟+地震と不眠

今朝1/21に新潟県見附市の県営住宅にクマが出没したが、たまたま昨夜私がダウジング地震予測を行ってヒットしたのが佐渡島沖だったので、同じ新潟ということで気になるところで、地震が起こる可能性を検討したい。

【地震予測】暖冬の原因と今後の傾向~大地震は暖冬で抑制される?~諏訪湖の御神渡りと古代イスラエル

【アイキャッチ画像】諏訪市のサイトより拝借。 この冬は日本では暖冬となる原因を探るとともに、暖冬の時期に大地震が増えるかどうかや、今後の気象の傾向なども探ってみた。 また、諏訪湖の御神渡りが今年は見られない可能性が高いが、そうなると日本は「…

【地震】和歌山県南部でM3クラスの地震2回~ラブカ出現は前兆だったか?南海トラフなど大規模の可能性は?

1/17と今日1/20に和歌山県南部でM3クラスの地震が2回続いて発生したが、1/16に和歌山県の熊野灘で深海ザメ「ラブカ」が捕獲されたことと、大阪の古谷佳子さんが強い体感があり和歌山県あたりで揺れそうと言っていたことに対応するかどうかを検討する。

【地震予測】京大教授が警告~2020年に首都直下地震の衝撃~東京オリンピック前後に大地震が襲る可能性を探る

京都大学大学の鎌田浩毅教授が、今年は極めて高い確率で首都直下地震が起こると主張しているので、その可能性を検討することにしたい。

【地震予測】首都直下地震?千島海溝?地震学者が警告「3.11から9年の20年は大地震に注意」~静穏期の後に大地震か

1/17の女性自身サイトで、『地震予測第一人者が警告「3.11から9年の20年は大地震に注意」』と題した記事が掲載されたが、首都直下地震の前に大地震が起きるかもしれないエリアを指摘したりしているので、内容を紹介する。

【地震予測】南海トラフ沖でスロースリップ発生~南海トラフ巨大地震の発生との関係は

南海トラフ沖でスロースリップ発生~南海トラフ巨大地震の発生との関係は1月16日、東京大生産技術研究所と海上保安庁は、南海トラフ地震の想定震源域の沖合側で、プレート境界が揺れを伴わずに動く「ゆっくりすべり」と呼ばれる現象を観測したと発表した。 …


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email