探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【地震前兆百科】水中・水辺の動物:淡水魚:コイ・フナ

このページでは、主にコイの前兆現象を紹介する。 川・池・沼に生息するコイ(鯉)とフナ(鮒)は、いずれもコイ目コイ科コイ亜科に分類される魚なので、一部の例ではフナも扱うことにする。

【地震前兆百科】水中・水辺の動物:淡水魚:キンギョ

キンギョ(金魚)は、中国のチイ(鮒)の突然変異種であるヒブナ(緋鮒)を改良したものだ。 そのため分類上はコイ目コイ科コイ亜科フナ属キンギョ種となる。 日本には室町時代に中国から伝来した。 日本では、金魚はごく身近にいるペットなので、飼っている…

【地震前兆百科】動物分類:水中・水辺の動物

ここでは、魚類の他に、カニやエビなど水中・水辺に棲む動物もまとめて取り上げる。 また、普段は自然に生息する状態を見ることができないが、前兆かもしれない大漁・不漁などの現象も扱う。

【地震前兆百科】陸上の動物:動物園の大型動物(ゾウ、パンダ)

ゾウやパンダといった動物は、もちろん日本では動物園でしかお目にかかれない。 ただ、動物園へ行った時に、たまたま動物が異常な行動を示していたり、海外のニュースなどでそのような光景を見たときには、地震に注意することはできるだろう。

【地震前兆百科】陸上の動物:家畜(ウシ、ウマ、ブタ)

ウシ、ウマ、ブタといった家畜は、日本の都市ではあまりお目にかかれないが、欧米や中国などの海外では、前兆現象と思われる例が少なくない。 その多くは、日本でも参考になると思われる。

【地震前兆百科】陸上の動物:ネコ目:クマ

クマ(熊)は、哺乳綱ネコ目クマ科の動物の総称だ。 日常的にクマを見かける機会は滅多にない。だが、クマが人里に現れればニュースで報道され、私たちの知るところとなる。

【地震前兆百科】陸上の動物:鯨偶蹄目:イノシシ

イノシシ(猪・豬)は、鯨偶蹄目イノシシ科の一種だ。 犬と同じくらい鼻が非常に敏感で、神経質な動物だという。 日本では、ニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種が分布する。

【地震前兆百科】陸上の動物:ネコ目イタチ科:イタチ(フェレット)

イタチ(鼬、鼬鼠)とは、ネコ目、イヌ亜目、クマ下目、イタチ科、イタチ属に含まれる哺乳類の総称だ。 日本では「イタチ」は日本に広く棲息するニホンイタチを差す。 他に、オコジョ、イイズナ、ミンク、ニホンイタチなどもイタチ属に分類される。 ペットと…

【地震前兆百科】陸上の動物:ウサギ目:ウサギ

ウサギ(兎、兔)は、広義にはウサギ目、狭義にはウサギ科、さらに狭義にはウサギ亜科またはノウサギ亜科の草食哺乳類の総称だ。 現在世界中でペットとして飼われているウサギは、スペイン半島など限られた地域に生息していたアナウサギという種類が新種改良…

【地震前兆百科】陸上の動物:トガリネズミ形目:モグラ

モグラ(土竜)は、トガリネズミ形目に含まれるモグラ科の哺乳類動物の総称だ。 日本には4属7種のモグラ類が棲息し、さらに複数の亜種に分けられる。 7種のうち、コウベモグラを除く6種が日本固有種だ。 日本では、西日本に広く分布するコウベモグラと、東日…

【地震前兆百科】陸上の動物:ネコ目:ネコ

ネコ(猫)は、狭義では食肉目ネコ科ネコ属に分類される哺乳類だ。 先祖はヨーロッパヤマネコで、それが家畜化されたものがイエネコとなった。 世界中で多く買われているペットだけあって、イヌと同様に前兆報告は多い。

【地震前兆百科】陸上の動物:ネコ目:イヌ

イヌ(犬)は、ネコ目(食肉目)-イヌ科-イヌ属に分類される哺乳類だ。 「ネコの親戚?」と意外に思われるかもしれないが、生物学的分類上ではそうなっている。 イエイヌ(狼)が家畜されたものだ。

【地震前兆百科】陸上の動物:人間のペットたち(イヌ、ネコ、etc)

阪神・淡路大震災の報告をまとめた「前兆証言1519!」では、分類された1,711事例のうち、「獣類」が324ケースで、全体の19%となっている。 そのうち、イヌは35%で約113件、ネコは25%で約81件となり、合わせると獣類の約60%にあたる194件ほどが犬猫に関する報…

【地震前兆百科】陸上の動物:ネズミ目:リス

リスの習性 阪神・淡路大震災(1995年1月17日)の前兆例 まとめ 【参考文献】 【関連記事】 リス(栗鼠)は、ネズミ目リス科に属する動物の総称だ。 モモンガやムササビもリスの仲間だ。

【地震前兆百科】「未科学的」地震の前兆現象を網羅したWeb事典(by 地震前兆研究家:百瀬直也)

「生物のことは物理でわからぬ」という経典的信条のため、こういう研究がいつも異端視されるのは誠に遺憾なことである。科学の進歩を妨げるものは素人の無理解ではなく、いつでも科学者の科学そのものの使命と本質への認識の不足である。 寺田寅彦 地震前兆…

地震前兆百科:陸上の動物:ネズミ目:ハムスター

ハムスターの基礎知識 阪神・淡路大震災(1995年1月17日)の前兆例 L・シューアによる実験 ハムスターの地震予知利用 ハムスター運動量と地震発生の関係 ハムスターしろ子の最新の運動量 まとめ 【参考文献】 参考:百瀬が飼っているハムスターの運動量ツイ…

地震前兆百科:陸上の動物:ネズミ目(げっ歯目):ネズミ

関東大震災(1923年9月1日)の前兆例 伊豆大島近海地震(1978年1月14日)の前兆例 その他の大地震 阪神・淡路大震災(1995年1月17日)の前兆例を解析 ネズミがいなくなる地域と現れる地域 海外の事例 阪神・淡路大震災(1995) 埼玉県北部M5.5(2015) 小笠…

【地震前兆百科】動物分類:陸上の動物たち

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の報告をまとめた「前兆証言1519!」では、分類された1,711事例のうち、「獣類」が324ケースで全体の19%となっている。 獣類の中で更に動物の種類により多い順に並べると、以下のようになる。 イヌ(35%)、ネズミ(2…

【地震前兆百科】ヒト:幼児や赤ちゃんの夜泣き

2004年頃、当時の妻との息子が夜泣きして1時間ぐらい収まらない日々が数日間続いた。 それは、2004/12/26に発生したスマトラ島沖地震の10日前頃から始まった。 それ以来、赤ちゃんの夜泣きが地震の前兆である可能性を検討するようになった。あくまでも可能性…

【地震前兆百科】ヒト:「体感」による地震予測

地震の発生の前に、「体感」すると主張する人々がいる。 普通「体感」というと、地震との関係においては、「体感で震度2ぐらいだった」などという表現が用いられる。 だが、日本のネット上ではいつからか、地震に関係して別の意味で「体感」という言葉が使わ…

【地震前兆百科】どの動物が地震に敏感か~小動物たちはいち早く反応する

京都大学の前田担名誉教授は著書「生物は磁気を感じるか」で、こう書いている。 「多くの動物は長い進化の間に自然環境に適応できるようになっており、時には天災を予知して、危険をさけることもできるようである」 人間はその進化の過程で道具や言葉を使う…

【地震前兆百科】動物の異常行動は科学的に説明できる~テレビ番組で検証された重大な事実

以前に見たテレビ番組でも、動物の異常行動などと地震の発生の関係には科学的根拠があるという思いをさらに深めた。 それは、2007/09/22(土)にテレビ朝日系列で放映された『素敵な宇宙船地球号』「脳が地震を予知する!?~生き物が持つ不思議なチカラ」だ…

【地震前兆百科】地震を予知する動物たち~なぜ多くの動物たちは地震の前に騒ぐのか?

先に紹介した、阪神・淡路大震災の宏観現象をまとめた「前兆証言1519!」では、FAXなどで送られた1,519件の報告のうち、文意が不明なものや内容が前兆証言と関係ないものを除き、1,207証言が残った。 そこから、分類と収集のために、場合によって1件の報告を…

【地震前兆百科】地震の前兆現象と電磁波

私(百瀬直也)は、地震の前兆現象の大半は「電磁波」によって説明がつくと思っています。 このページでは、地震前兆現象としての「電磁波」について簡単に解説します。 ここで書いている理論的な部分は、主に池谷元伺・大阪大学名誉教授(故人)が提唱した…

【地震前兆百科】前兆現象は非科学的か?~「未科学」ということ~地震前兆研究を始めたきっかけ

先に、阪神・淡路大震災の時に見られた宏観現象の例は、すべて科学的に説明がつくと書いた。 だが、本書で取り上げる前兆現象の説明原理の多くは、科学の世界で定説とはなっていない。 そのため、このような現象を「非科学的で根拠がない」とする人もいる。 …

【地震前兆百科】はじめに~Amazon電子本を無償開放した経緯など(百瀬直也)

このコンテンツ【地震前兆百科】の内容は、当初Amazonキンドル本として有償で販売していた電子本『大地震の前兆集~生き残るための必須知識《動物編》』を無償開放したものに、さらに情報を追記しています。

【体感】長野県の直子さんと大分県のミシェルさんがパプアニューギニアM7.1の地震を予知+シナブン山噴火

今朝パプアニューギニアで起きたM7.1の地震を、長野県の直子さんと大分県のミシェルさんが体感(予感)で予測し的中したので紹介する。

【前兆】河口湖の水位が低下~富士山噴火の前兆?→噴火の夢・ヴィジョンを見た人々が多い

富士五湖の一つ河口湖の水位が低下する現象が起きているが、これが富士山の噴火と何らかの関係があるのかを検討する。 また、私の周囲に多い、富士山噴火の夢・ヴィジョン・予感などを得ている人々をまとめて紹介する。

【地震】5/7パプアニューギニアでM7.1の地震~オランダのフッガービーツ氏が予測的中

日本時間5/7 6:19に、パプアニューギニアでM7.1の地震が発生した。 オランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏がM6台後半~M7クラスの地震を予測していたが、その通りに起きたことになる。

【前兆】中規模の太陽フレア出現か?フッガービーツ氏がM7クラスの地震を予測+探究三昧のレイアウト変更

5/4に発生した太陽フレアだが、小規模のCフレアから中規模のMフレアに届きそうな勢いなのと、オランダのフッガービーツ氏が最新予測を発表したので紹介する。 また今日はPC版Webの模様替えを行ったので、それもお知らせする。

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email