探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




人間が自然と住んでしまうところ


人が住む土地についての話を少ししましょう。
ぼくの先生によると、ある人が住む場所を選ぶときには、過去生で住んでいた場所を自然と選んで住むようになるそうなんです*1
つまり特定の土地との縁があるということですね。
ぼくの場合は、生まれた時に住んでいたのは東京のど真ん中といえる虎ノ門なんですが、自分が好きで住んでしまうのは、多摩地区の、武蔵野の自然が残るところなんですね。
東京のそれ以外の場所、たとえば23区内なんて、絶対に住みたいとは思いませんね。いま住んでいる花小金井は、多摩湖自転車道路が目と鼻の先で、1年を通して様々な草木が見られるところで、すごく気に入っています。
常に自然の中にいないと、ストレスがたまってしまう人間なんですね。人ごみの中も嫌いだし。

それと、ある神仏との縁があって住む土地が決まるということも、あると思うんです。
ぼくの場合、その神仏とは、言うまでもなく諏訪大明神です。
いままで住んできたところで、自分で物件を選んだ場合は、すべてのケースにおいて、近く(半径2Km以内)に諏訪神社がある。
もちろん、その物件を探した時にはそんなことは知らずに、後でわかるんです。

本当は、もっといろんな条件が絡み合って、一つの土地に縁ができて住むようになると思うんですね。
たとえば、いま住んでる東京都小平市に引っ越してくる前には、東村山市久米川に住んでいました。
そのマンションから徒歩5分ほどのところにあったのが八坂神社で、けっこう大きな神社だったんですね。
八坂神社といえば、御祭神牛頭天王であり、スサノオでもあります。両神は同一視されています。
ぼくはスサノオの命とも神縁があるのではないかと思っています。
諏訪大明神にしてもスサノオにしても、やっぱり出雲系の神なんですね。ぼくが特に縁があるように思われるのは。

だから、ある土地に住むようになったら、そこの土地を守護している神様には感謝した方が良いと思いますよ。
うちの場合は、家から歩いて5分のところにある武蔵野神社で、猿田彦大神諏訪大明神が祀られています。

人にはそれぞれ、いろんな神さまとの縁があります。
たとえば生まれた土地の神さまは産土神(うぶすながみ)として、家の神は氏神として、誰にでもある神さまですね。
そういう縁ある神さまは、どんな宗教を信仰していても、日本人としてお参りした方が良いのではないかと思います。

ちなみにぼくは、こんなことを書いておきながら恥ずかしい話だけど、産土神さまがどこにあるか、いままで意識したことがなかったんですね。
虎ノ門は、生まれた時から数年間住んでいたところで、ほとんど記憶がないんです。
○川憲一の育ての親(故人)の家の2階を借りて住んでいたんです。
その後すぐに千駄ケ谷に引っ越しましたが。

で、これではいけないと思って、いまダウジングでお伺いしてみたところ、港区愛宕にある愛宕神社産土神さまだそうです。
もしかしたら、それとは知らずに、何度かお参りしたことがあるかもしれません。
正月にお参りに行くつもりです。
港区愛宕といえば、日本で初めて放送が開始された愛宕山にある神社で、隣に放送博物館が建っています。

いま愛宕神社のHPを見つけて、オンラインのおみくじがあったので引いてみたら、「大吉」でした。よかった。怒られていないみたいで(笑)。
このHPで御祭神を見ると、主祭神は、火産霊命(ほむすびのみこと) だそうです。
ほかに…

  • 罔象女命(みずはのめのみこと・水の神)
  • 大山祇命(おおやまづみのみこと・山の神)
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと・武徳の神)

を正面社殿に祭ってあるそうです。
参りましたね。火の神、水の神、山の神を祀っているとは。
どうも大山阿夫利神社*2の神さまにご縁があると思ったら、こういうことだったのかな…。

みなさんも、自分に縁がある神仏を知りたければ、自分の守護霊や神さまに問い掛けてみてください。何かしらの形で「お知らせ」が来るかもしれませんよ。

*1:もちろん全ての場合に当てはまるわけではなく、たとえば結婚した女性の場合は、ご主人が過去生で縁があった土地かもしれませんね

*2:大山阿夫利神社:御祭神大山祇命


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email