探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

Time is value(時は価値なり)


さきほど帰宅して、冷蔵庫にあった発泡酒を珍しく1カン飲んだ。
普段は、家で酒を飲まない。
神々にお供えした御神酒のお下がりをちょっとだけ飲む食前酒は別として。


アルコールなんていうのは、やめようと思えばいつでもやめられる。
やめないのは、飲み会などでウーロン茶ばっかり飲んでいても、間が持たないということもある。
ただでさえ、飲み会とかパーティーとかは苦手なのに。


今の仕事場で、本来の業務とは別に、あるツールを開発していた。
VBScriptを使用したそのツールが、今日やっと完成した。
1月から構想を練って設計開発していたので、3ヶ月弱かかったことになる。
こんなに時間がかかったのは、VBScriptによる開発が未経験で、学習しながら作ったということもあるが。


現在の仕事は、開発ではなくて、検証。
将来的に、日本の人口の数十パーセントが利用するかもしれないという、非常に重要なもの。
それについては企業秘密なので書けないが、キーワードは「次世代」
その検証で使用するために、こういうツールがあると便利だろうと思い、開発した。
みんなの役に立てればいいと思って。


昼休みを犠牲にして、5分の時間を惜しんで作った。
小食な人間で、食べる回数は1日1.5食だ。
0.5というのは、昼に食べるのは、おにぎり1個かそこらなので。
そのツールが完成したのが嬉しくて、帰宅して祝杯をあげたというわけだ。


紆余曲折して、苦労しただけあって、嬉しい。
ひとつの仕事をやり遂げたという達成感は最高だ。
これを味わいたくて、自ら苦労しているようなものかもしれない。

昼休みの時間を無駄にしない

こういう状態で3ヶ月が過ぎたが、そうではなくても、普段から昼休みは有効に使おうと思っている。
というか、人生の方針として、貴重な時間を5分でも無駄にしないというポリシーで生きている。
特にないときには、必ず読書だ。
これからは、作詞作曲というも加わるだろう。
そのための道具(ミニキーボード)も入手したが、これは後日紹介する。


荒俣宏氏が私と同じSEだった頃に、昼休みにデパートの階段にある椅子に座って、黙々と翻訳を続けたという話がある。
以前に紹介したかな、この話。
それを聞いて、「ああ俺と同じようなことやっている人がいる」と思ったものだった。

「Time is money」なんてまっぴら

普通の人たちの1.5倍の人生密度で生きようと心に決めている。
なので、無駄な時間は絶対に費やせない。
あまりにもやるべきことが多すぎて。
電車の中でも、必ず何か読んでいるか書いている。


私の人生指針として「Time is value」というのがある。
「Time is money」というのがあるが、あれは大嫌いな言葉の一つだ。
何よりも、「貴重な人生の時間をお金なんぞに換算されてたまるか」というのがある。
なので、私のばあい「時は金なり」ではなく、「時は価値なり」なのだ。


常に何かクリエイティブなことをやっていないと、人生が空しくなってくるような人間なのだ。


今生であと何年生きられるかわからないが、そういう基本的な方針は変わらないだろう。
「人生意気に感じる」と思って死んで逝きたいものだ。
たとえそのときに、一生を供にするパートナーがいなくとも。
妻子と別れて、今後の人生がどうなるか?
そういうことは、神さまに任せてあるので。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email