探求三昧 - 地震前兆・超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・精神世界など探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




マヤの予言と地球の運命


デイヴィッド・ボウイの『Five Years』という曲をご存知だろうか。
Bowieの傑作アルバム『ジギー・スターダスト』の冒頭に始まる歌だ。
YouTubeで、「bowie five years」で検索すれば見つかる。
それに「tokyo」を加えれば、東京でのライヴも見られる(削除されていなければ)。


地球はあと5年で滅亡すると、ニュースが告げる。
通りには当惑した多くの人々。
発狂した女性は子供を殴る。
母を思い出し故郷へ帰りたくなった。
「あと5年、あと5年」
ボウイは歌い叫ぶ。


一時期、この人が好きだった。
地球に落ちてきた異星人然としたボウイが。
というか、「崇拝」していた。
いまだったら、どんなミュージシャンも崇拝したりしないが。
若いときには、そういうのもありだろう。


50を過ぎても、60になっても
ボウイはこの歌をライヴで歌い続ける。
何か大切なことを訴えかけるかのように。


これはあくまでも一つの歌だが、これが歌の中だけでの話だと言えるだろうか。
これからそういう事態がまったく来ないと。


私は子供の頃から、そういう可能性ばかり考えてきた。
超常現象を研究していたときも、
UFOを研究していたときも、
根底にはそういう危機意識があった。
異常気象とか、異星人が来る理由は何かとか。
学生の頃の親友とは、そういう話ばかりしていた。


今日、比嘉良丸さんがmixi日記で、4つの日記にわたる長文を書き込んでいた。
その内容は衝撃的なものだ。
神に問いかけた時、ビジョンと啓示が降りたという。
やがて終止符を迎える一つの時代と、新たな時代。
一つには、地球と太陽系の仕組みが変わり、地球の大規模な地殻変動がおこり…
原発事故、災害、核戦争…
そういう言葉が出てくる。


ショッキングな内容だが、私にとっては、「ついに来たか」という感じのものだ。
もちろん、それは「選択」であって「必至」ではない。


大国みろく大社のブログでも、同じものが読める。↓
以下の順番通りに読んでください。
http://plaza.rakuten.co.jp/ookunimiroku/diary/200803300000/
http://plaza.rakuten.co.jp/ookunimiroku/diary/200803300001/
http://plaza.rakuten.co.jp/ookunimiroku/diary/200803300002/
http://plaza.rakuten.co.jp/ookunimiroku/diary/200803300003/


これはあくまでも一つの情報であり、それを受け入れる・受け入れないは読む人々の自由だ。
信じることを無理強いできないし、信じないことを責めることもできない。
私にできるのは、その情報を伝えるだけ。


3月16日に伊方原発で祈りが終わった後に、その原発で蒸気漏れ事故が発生した。
そのことは、良丸さんにとって強い警告と受け取った。
そして良丸さんは、祈りを呼びかけています。


宇宙神または宇宙人に願い、儀式をした場所が宇宙船の着陸場所で、
参加した人は優先的宇宙船に乗り込みことが出来ることと思った。
確信に近いが、それはあくまでも直感であり、正しいとは言えないという。


重要なことなので、さっそくダウジングでうしろの存在に伺ってみた。

  1. 良丸さんが啓示を受けたような、宇宙規模の地球の地殻変動、大氷河期などは起きるでしょうか?→Y
  2. 原発事故、核戦争などが起きる可能性はありますか?→N
  3. これから原子力発電所で事故が起きる可能性はありますか?→Y
  4. 地球で核戦争が起きる可能性はありますか?→Y
  5. 日本で大都市を直撃するような大きな災害が起きる可能性はありますか?→Y
  6. マヤの予言には真実が含まれていますか?→Y
  7. 地球が危機に瀕したとき、異星人の援助はありますか?→Y


上の1番目の質問では、腕をグイと強く引かれるような反応があって、水晶ペンデュラムが縦に強く振れた("yes"の意味)。
2番目の質問については、質問の仕方が適切でなかったかもしれないと思い、それ以降の質問に変えてみたところ、こういう結果となった。


もちろん、いつものように、出たことが正しいとは限らない。
自分の潜在意識下の情報が現れたにすぎないかもしれない。
こういう重要なことは、何度か伺ってみる必要があるだろう。


以前、良丸さんの啓示で、関東地方で「3月13日にとてつもない大きな出来事が起きる」というのがあった。
さっそくダウジングで、そういうことが本当に起きるのかと伺ってみた。
答えは「no」だった。
だが、常にそのようになるとは限らない。
未来は完全に決まっているものではなく、われわれの祈り次第で変えていくことはできるだろう。
そう思うからこそ、祈りや聖地巡礼などを行っているのだ。




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email