探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

サモアとスマトラで地震

今日、サモア諸島インドネシアスマトラ島沖で立て続けに地震が起きた。
サモアでは、すでに報道の通りM8.3の地震が発生し、それに伴う津波が4回ほど起きた。
現時点で113名の不幸が出て、地震津波により数千人が家屋を消失したという報道もある。


スマトラ島の方は、USGSからメールが届いたばかりで、詳細はわからない。
USGSによれば、現地時間で17:16:10(日本時間19:16:10)に発生した。
Google Earthではマグニチュード7.6となっている。
スマトラ島中部の西沖で、沿岸から50Kmほどしか離れていないので、被害が出ているかもしれない。

電磁波はどこまで届くのか?

地震が気になる」と題した記事を9/23(水)、9/24(木)と昨日9/29(火)に書いて、注意を促しておいた。↓


タイミング的には、地震の予測はズバリ的中といいたいところだ。
だが、今朝のサモア地震は、日本からあまりにも離れすぎている。
たとえM8超の大地震としても、果たして我々に体感を感じさせたり、クモを天井から下ろさせたりするほどの電磁波が日本まで届くものなのだろうか。
ちょっと考えられないことだ。
サモアといえば、インドネシアよりも遠いではないか。


そう思っていた矢先に、今度はそのインドネシア地震が起きた。
このダブルパンチならば、もしかして来るのかもしれないと思ったりして。
それでも考えにくいことではあるが。
この決定は、保留にせざるを得ない。

まだ体感あり

体感の方だが、さきほど帰宅途中、19:40頃に右耳に圧がかかり、ピーっという正弦波様の耳鳴りが数秒間あった。
この耳鳴りがあると、24時間以内くらいに地震があることが多い。
また、今(2009/09/30 21:40)も、右耳にセミ鳴きのような耳鳴りが続いている。
昨夜と同程度、あるいはもう少し強いかもしれない。
それから、またちょっと頭痛が始まりそうな気配がある。
今夜はPCの調子がおかしく、一度フリーズした。
もしかしたら、こんどは日本の周辺で地震があるかもしれない。
あるいは、もし電磁波がそれほど遠くから届くのならば、サモアスマトラの余震があるのかもしれない。
あくまでも可能性で、今後の探究が必要だが。


9/22の記事のコメントで、地震雲らしきものを夢の中で見た人がいた。
これは予知夢だったのだろうか。
今月は西ジャワでもM7.1の大きな地震があったが、こういう地震があることを「見越して」の8月のジャワ島聖地巡礼だったのかも。↓


そして…もしかしたら、伊勢湾沿いを廻ったシルバーウィークの三重県聖地巡礼は、今日のサモア地震津波を「見越して」のことだったのだろうか?
今日15:00気象庁発表の津波注意報では、「三重県南部」が含まれていた。
みな、あくまでも可能性として書いているにすぎないが。


※この手の記事は、一度アップした後で何度も追記したりすることがあります。

追記(2009/09/30 22:00)

この手の記事は、書いている矢先から、どんどん状況が変わったりする。
上に書いたセミ鳴きの耳鳴りだが、その後どんどん強くなってきている。
ちょっと頭がおかしくなりそうなほどに。
やはり日本も要注意かもしれない。
震源が東京に近いほど、絶対的規模(マグニチュード)は小さくて済むのだが。
サモア地震は太平洋プレート、スマトラ沖の地震ユーラシアプレートの境界あたりで発生している。
日本でも連動して「ある」とすれば、太平洋側の沖合いあたりかもしれない。

スマトラ島沖で被害が(2009/09/30 23:00)

スマトラ島沖の地震についてYahooニュースが出た。

マグニチュードはM7.6に下方修正されたようだ。
震源スマトラ島中部パダンの北西約50キロの沖合で、震源の深さは約85キロ。
ダン市内では多くの建物が崩壊し、火災も発生しているという。
地震の揺れはスマトラ島ほぼ全域のほか、シンガポールでも感じられたとある。

クモも現れた(2009/10/01 0:10)

さきほど(0:00ちょっと前)に、風呂に入ったところ、風呂場に小さなクモがいた。
床上30cmほどの低いところの壁にへばりついていた。
ふだん高いところにいるクモがこんな低いところにいるのは、異常行動なのかもしれない。
電磁波を感知して、本能的なものなのだろうか。
高い木や建物の上の方にいれば、地震が起きたら倒壊する恐れがあるから?

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email