探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

松原照子氏と百瀬の対談YouTube+世見者との不思議なご縁

昨日はTOCANAの原稿執筆と年末年始向け大量ネタ出しをしていて、ブログを書く時間がなかった。
お休みしてしまった日は、わざわざ見に来てくれた方々に申し訳なく思う。
今日は昨日の分も書きますということで、2倍増量特別サービスで行きます。


昨日10日に、松原照子さんの講演会DVDがワンダージャパンから発売された。
Amazonなどネット書店では、まだ販売されていないようだ。
今後展開されるだろう。
早く見たいという方は、ワンダージャパンさんのショップで購入した方が良いだろう。

f:id:nmomose:20141211221215j:plain



昨日YouTubeで、このDVDの松原さんと私の対談部分の「ダイジェスト版」として投稿されていた。
ワンダー・ジャパンさんの公式チャンネルからの投稿だ。
動画は10分位もあり、WJさん太っ腹だなと思った。
しかも、南海トラフ地震がいつ発生するかという松原さんの発言の核心部分も含まれている。


DVDのメインはあくまでも講演会の方だから、ということなのか。
下に動画を埋め込んでおくので、見ないと損ですよ。


私は派遣の仕事の関係上、モロに顔出しはまずいので、サングラスをかけさせてもらった。
こうしてYouTubeにダイジェスト版が投稿されることになって、正解だった。
松原照子さんはテレビ出演の経験が全くなく、このDVDで初めて映像が公開されることになった。
そういう意味でも、非常に貴重なものだ。
まず、このダイジェスト版の対談動画を埋め込んでおくので、御覧ください。



松原照子さんは、今まで思い描いていた通りのイメージでしたか?
容貌も声も、実年齢よりもずっと若い。
私とちょうど10歳の開きがある。
血液型は、前にも書いたように、同じB型同士だ。


この対談で、私が松原さんの今年有名になった言葉「今年はギリギリセーフ」を話題にした時だった。
松原さんが、南海トラフ地震の発生時期について、下記のように確信に迫る発言をされた。

百瀬「まぁ確かに大きな災害はなかったですね、日本では…」
松原「まったく…じゃあ、これからどうなんだって言われたら、うーん、私の感じるのでは、2017年ぐらいまでは気をつけないといけない年に来てるかなぁっていうのを感じますね」


私はトークが苦手な上に、対談のような形は初めてで、終始緊張していた。
用意していた質問も、半分位しか聞くことができなかった。
だが、この松原さんの貴重な言葉を引き出せただけでも、この対談の大きな収穫となったのではないか。


それで私は、例の南海トラフ地震の発生時期に関する謎の数字の私の解釈として、「2017年に起きる」ということではないかと説明した。
私が「2017年」と言う前に、松原さんからその言葉が出るのを聞いて、内心ビックリしたものだった。


私の最新のダウジング予測では、富士山噴火、南海トラフ地震、首都直下地震が、2017年前半から後半にかけて、次々に襲ってくると出ている。
もっとも、これが「最終結果」ではなく、今後繰り返すに連れて、期間が変わってくるかもしれないが。


私の予測と重なるが、松原さんは、2015年頃から2017年頃までを注意しなければならないと語っている。
もっとも、南海トラフ地震に限定しているわけではなく、この3年ほどの間に大きな災害に注意しなければならないと語っているのだが。


「いよいよか」の感がある。
来年からの3年間、私が言うところの「三大災害」がいつ来てもおかしくはないと、気を引き締めて行かなければならない。

松原さんとの出逢い

そもそも、なぜ私が松原照子さんと対談することになったのか、疑問に思う人もいるでしょうね。
松原さんと私の馴れ初め…ではなかった、出逢いは、突然訪れた。
ご本人から聞いた話では、こういうストーリーだ。


ある日、松原さんは書店を訪れた。
そして、そこに置いてあった1冊の本に目が止まった。
その表紙にある文言が、松原さんの興味を惹いたのだ。
「3.11を的中させた予言者、科学者たちが恐怖の日を大予測」


「私の他に、3.11を予言していた人がいるのかしら?」
更に好奇心が増して、本を手にとってめくってみた。
パッと開いたページには、こう見出しがついていた。
「日本最強予言者が見た恐怖の未来」


「日本最強の予言者?誰かしら?」
本文を読んでみると、そこには「松原照子」の名前があった。


そう、それは松原照子さんの「日本列島切断」や南海トラフ地震などの予言を紹介した、私が執筆した記事だったのだ。
そして、その本というのは、私が企画して約半分の記事を執筆したムック『予言・天変地異 その日に備えよ』(ダイアプレス)だったのだ。


予言・天変地異―その日に備えよ! (DIA COLLECTION)

予言・天変地異―その日に備えよ! (DIA COLLECTION)


松原さんはムックを購入し、家に帰って読んでみた。
そして、「この百瀬という人は、私のことをよく理解している」
そう思ったという。


こういう経緯があり、松原さんは私の名前を記憶の片隅にとどめた。
そして、ワンダージャパンさんからDVDに収録する企画を提案された時に、対談相手として百瀬を指名したという。


このような経緯を聞いて、もしかしたら松原さんとは不思議なご縁があるのかもしれないと思った。


私がダイアプレスさんのムックを初めて書かせていただいたのは、2013年大晦日に発売された『2014予言 恐怖の大陰謀』だった。
この本は、コンビニだけで販売され、書店やAmazonで購入することはできなかった。
だが、『予言・天変地異』は、どういう経緯があったのか知らないが、一般書店やAmazonなどのネット書店でも販売され、かなりの話題になった。


松原さんはPCやスマホを触ることができず、コンビニで本を立ち読みしたりするとは、あまり思えない。
というか、私も前著を置いているコンビニを探すのに東京中を歩き回ったものだった。
コンビニでも、客層によってオカルト本の類を置く店は限られるのだ。


この本が一般書店に並ぶことになっていなければ、松原さんと本との出会いはなかっただろう。
そして、私との出逢いも。
11/2の松原さんの講演会の後の懇親会の席上でも、その話でちょっと盛り上がった。


そういうことを考え合わせると、やはり不思議なご縁によって導かれたのかもしれない。
「不思議な世界の人々?」
そこまでは、わからないが。


※「宇宙からの大予言」、Amazonに古書が1冊入りました。
ただし、2万6千円ぐらい。^^;
誰が買うのって。

宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ

宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ

年末に2015年版が出ますよー。
2014予言恐怖の超陰謀 (DIA Collection)

2014予言恐怖の超陰謀 (DIA Collection)


【今日の食卓】口寂しい時用に、まちおかで駄菓子を買ってきた。右側の袋は6個入り98円!利益出るの?Bought okashi(cake) for kids.
http://instagram.com/p/wbKzrwo2gG/


【今日の食卓】ブラックサンダーが大人気の、小平市に本社があるユーラクだけど、ピーナッツ+アーモンド入りのクリスプサンダーの方が好き。Crisp Thunder - nuts chocolate.
http://instagram.com/p/wbMImPo2lF/


【龍矢】おはよ。おかし食べたい。Ohayo. Yaak kin kanom.
http://instagram.com/p/wZyqUHI2hW/


サルちゃんの2番めのお姉さんと。
【愛弥美】おはよ。
http://instagram.com/p/wZzDHwo2j3/


【愛弥美】女系3代。with grandma and mom.
http://instagram.com/p/wZzlqMo2nH/

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email