探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

生き残るために、阪神・淡路大震災から何を学ぶか?(2)住宅の強度が重要

この記事は、短期連載記事「生き残るために、阪神・淡路大震災から何を学ぶか?」の2回目です。
昨日書いた1回目は、こちらにあります。

生き残るために、阪神・淡路大震災から何を学ぶか?(1)神戸市がネットで公開した写真 - 探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆・超常現象研究家が地震予知・予言などを探求


1回目では、地盤の強弱によって生存が分かれることを書いた。
今回は、住宅の強度によって生存の可能性が分かれることを書くことに。


兵庫県南部地震、つまり阪神淡路大震災を引き起こした大地震では、住居の倒壊や家具などが倒れてきたことによる災難が大多数を占めていた。
国土交通省近畿地方整備局の「阪神・淡路大震災の経験に学ぶ」というページがある。
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/daishinsai/1.html

住宅の強度

下記の日本木造住宅耐震補強事業者協同組合のサイトでは、阪神淡路大震災の時の木造住宅の倒壊の特徴として2パターンあったという。
http://www.ku-sekkei.com/taishin.html


古い木造の家では、1階・2階とも崩れ落ちた。
また、比較的新しい木造の家は、1階が崩れ2階が落ちて来たという。
後者の場合、まだ2階にいた人が助かる可能性はあるかもしれない。


また上記サイトでは、壁の量が少ない家は地震に弱いという。
柱や壁が少ないと強度が不足するのは、鉄筋コンクリート造りでも同様だろう。
よくある、1階が駐車場の家。
見ていて危なっかしく、こういう家には住みたくないと思う。
また、近所のファミレスでは、1階スペースのほとんどが駐車場になっていて、柱しかないが、あれを見る度に、大地震でどうなってしまうのだろうと気が気でない。


下記の建設業者の簡易耐震診断のサイトでは、総2階建ての家の方がバランスが良いという。
いわゆる「箱」として嫌われる形だが。
簡易耐震診断 | 福家産業


もうこれからの時代では、住居の見た目の良さなどよりも、どれだけ地震に対して丈夫かどうかが良い家のポイントとなるだろう。
たとえば一軒家でもマンションでも、窓が大きいのはアウトだ。

家族を守るために、生き残るために最低限チェックを

下記に、BLOGOSの「阪神・淡路大震災からの教訓 家族を守るための3つの対策」という記事がある。
http://blogos.com/article/103304/


上記記事では、家族を守るための3つの対策として、以下を挙げている。

  • 木密地域(木造密集地域)から脱出する
  • 家具の転倒防止・配置見直し
  • わが家(戸建)の耐震診断をする


私ならば、この3つに加えたいものとして「地盤を確認する」があるだろう。
3つ目に含まれているのかもしれないが。


また、この記事では、東京都発表の『「木密地域不燃化 10 年プロジェクト」実施方針』の資料にある「木造住宅密集地域」マップを掲載している。
こちらでも以下に図板を引用しておく。
f:id:nmomose:20150115000836j:plain


このマップを見ると、さすがに23区内の中心あたりは木造密集地帯が無い。
23区内を見ると、東京湾の方面を除いて、クロワッサン型に集中している。
私が住んでいる小平市は、密集地帯がまったく無いので一安心だ。


Google防災マップ」というサイトをご存知だろうか?
ここで、東京が中心となるが、自分が住む土地の災害時の総合危険度を確認できる。
クライシスレスポンス


このマップで、真っ赤になっているところ、つまり「危険度5」として最も危険だとされる地域は、23区内の低地は当然として、いわゆる京浜工業地帯にも目立つ。
これを見ると、便利で人気が高いところほど危険度が高い場合が多いようだ。
住む町の選択基準を根底から見直すべきだろう。


ちなみに、私が住む地域をピンポイントで見ると、最低の危険度1だ。
再びホッとする。
だが、いま住んでいる借家は、問題がある。
木造の、かなり古い家だということだ。


地震に備えて、やっておいた方が良いことは色々ある。
たとえば、近所の避難所を再確認すること。
特に、小さな子供にも周知する。


また、生き残るために最も大切なことの一つだが、寝室に高い家具を置かないこと。
うちは完全にそれを実践していて、寝室にタンスなどは一切ない。
どうしても高い家具を置かざるをえない場合、つっぱり棒などの防災用具を利用することだろう
こういうグッズは、それなりに効果はありそうだが、疑問点もある。
たとえば、天井や壁が歪んだらどうなるかとか。


何度も繰り返すが、大地震から助かるためには、住んでいる土地の地盤が最優先だ。
その次が、建物の強度の順になる。
これからの住む土地選びは、「生活の便利さ」「人気」「流行」「ステイタス」「見栄」といったものを全部捨てて、「生き延びられる」という観点から選択すべきではないだろうか。


※昨日で頭痛体感が抜けた。
ミッヒーさんは1/12に「M5クラス体感あり」とツイートしている。
また「1~2日遅れルール」か?
今、耳鳴りがけっこう強く続いている。
1/16~1/17頃、関東内陸ならばM3~M4程度の地震があるかも。


アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト KTB-40

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト KTB-40

[asin:B003SUEJ88:detail]
家具転倒防止安定板 ふんばる君 90

家具転倒防止安定板 ふんばる君 90

12歳からの被災者学―阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵

12歳からの被災者学―阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分



【龍矢】おはよ。Ohayo.
http://instagram.com/p/xz64-2o2qI/


【龍矢】【愛弥美】早すぎた花嫁。555Bride too early. 555
http://instagram.com/p/xz7ZohI2qx/


連載3へ続く↓
tankyu.hatenablog.com

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email