探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

生き残るために、阪神・淡路大震災から何を学ぶか?(3)防災のために備えるもの


短期連載「生き残るために、阪神・淡路大震災から何を学ぶか?」の3回目。
初めて読まれる方は、下記の1回目と2回目を先に読むことをお勧めします。


今日は3回目として、大地震に備えるための防災用品、そして大地震が起きて被災してしまった時に役立つ物について考えてみたい。


以下に紹介するAmazonの商品の中には、各用途で最適な選択ではないものもあるかもしれない。
購入される際には、類似の商品が表示されると思うので、そういうのも比較してみると良いでしょう。

【目次】

 

災害に際して必需品とされる物の筆頭は、備蓄食料だろう。
だが、私は食料は最低限あればOKだと考える。
東日本大震災で、餓死者がいただろうか。
政府や自治体の援助に加えて、さまざまな企業による物資援助があった。
そのへんの道でオヤジが倒れていても誰も声をかけない日本でも、大震災となれば助け合いの精神が芽生える。


物事には優先順位というものがある。
まず、生き残るための努力を最優先としなければならない。
帰宅困難者になった時の対策も重要だが、死んでしまったら何にもならない。


昨年3月の「真実を探すブログ」で、東日本大震災の経験者の多くが一番困ったことは、とにかく誰とも連絡がつかないことだったという。

 

ソーラー/手回しなど電源

また、上記記事で紹介されているアンケートでは、一番困ったものは、停電、断水、ガソリン不足の順だったという。
ちなみに、ブロガーの山田氏は、ソーラー発電システムやポータブル充電バッテリーなどを準備し、電力が絶たれても活動できるようにしているという。


山田氏が使っているのは、Ankerの折りたたみ式ソーラーチャージャーのようだ。
折り畳めばA4サイズになり、簡単に持ち運べる。
スマホの充電ぐらいは十分できるようだ。


災害発生時に情報収集のために必要になってくるのは、TwitterなどSNSなどネットの利用だ。
そのためには、スマホが欠かせない。


スマホ用の最強バッテリーといえば、かつではパナのモバイルバッテリーだった。
下記の資料ページで紹介している。
私と同様、ヤマダ氏もこれを愛用しているようだ。


うちでは、外出した時に、サルちゃんと私用のiPhone5を充電している。
サルちゃんが買ったのはソフトバンク純正品だが、このパナのOEMのようだ。
最新機種では、同じ容量で値段が安くなっているようだ。

Panasonic モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源<Disney Special Edition - Mickey Mouse> ブラック QE-QL202MC-K

Panasonic モバイルバッテリー 5,800mAh USBモバイル電源 ブラック QE-QL202MC-K


今はもっと高容量で安いバッテリーが色々あるようだ。
Amazonのモバイル充電バッテリーのジャンルでベストセラー1位になっているのが、これ。


上記のような充電バッテリーは、電気のライフラインが生きている時に使えるもので、停電時などには乾電池式のスマホ充電器も持っていた方が良いだろう。
普段でも、カバンに入れて携帯すれば、スマホの充電し忘れとか、いざという時に役に立つ。

USB接続充電器 電池式充電器 スマートフォン充電器

USB接続充電器 電池式充電器 スマートフォン充電器


こちらのソニーの製品は、ポータブル充電器に手回し発電機能がついている。
カスタマーレビューで、30分間回し続けてやっとスマホが2~3%充電できたとあるので、オマケ機能程度に考えた方が良さそうだ。^^;
それでも、停電で乾電池もないといった状況では、あった方が良いかもしれない。

SONY スマホ用手回充電機能付USBポータブル電源(高容量リチウムイオン)4,000mAh CP-A2LAKS

SONY スマホ用手回充電機能付USBポータブル電源(高容量リチウムイオン)4,000mAh CP-A2LAKS


もし避難所生活を送らざるを得なくなった場合は、電気供給が可能であっても、一度に利用できる人数に制限があるだろう。
ソフトバンクショップなどへ行けば無料で充電してもらえるが、これも当然のように長時間の行列必須だろう。

灯り

自宅で被災して停電になって、夜に一番必要となるものは、何といっても灯り(あかり)だろう。
乾電池式または充電式のランタンが必要になる。
Amazonでベストセラー1位になっているのが、こちらだ。
72時間点灯し続ける!
こういう時は、低消費電力のLEDが活躍する。
単1乾電池3本使用。


私がほしいと思うのは、こちら。
ソーラー充電式で、8時間で充電され、12時間連続点灯する。
やはり電源を必要としないソーラーが魅力だ。


こちらはヘッドライト。
単3電池1本で8時間連続点灯する。


こちらは、手回し充電も可能なライト。
この手のものはデメリットもあるので、カスタマーレビューをよく読んで。


以上のようなランタンは必要だが、ローソクも並行して常備しておくと、いざという時に役立つかもしれない。

カメヤマ ローソク 長時間 24時間 ボーティブ カップ入り 6個セット

カメヤマ ローソク 長時間 24時間 ボーティブ カップ入り 6個セット

 

ガスが止まった時のために

ライフラインのガスが止まったら、どうなるか。
自宅で、調理ができないし、風呂にも入れない。
風呂は我慢するとしても、食事をどうするか?
阪神・淡路大震災の時には、水道とガスが復旧するまでに3ヶ月かかったとか。
燃料と水の確保が大きな問題となる。


カセットコンロはどこの家にもあるだろうが、カセットボンベも備蓄しておきたいもの。

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

ボンベは大量で買うと結構安くなる。
ニチネン カセットコンロ用ボンベ マイボンベL(48本セット販売)

ニチネン カセットコンロ用ボンベ マイボンベL(48本セット販売)

冬季には、ストーブとしても。
3時間強でボンベ1本使い切り、日常用としては不経済だが、防災用として。 

家具などの固定

地震対策として、タンスなど大型家具の固定は最優先での実行が望まれる。
このような突っ張り棒を用いるのが一般的だろう。

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具 転倒防止 伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト 防災 用品 災害グッズ KTB-40 2本入

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具 転倒防止 伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト 防災 用品 災害グッズ KTB-40 2本入


だが、テレビでやっていた検証実験では、震度7で突っ張り棒は外れたが、L字固定式のこの家具転倒防止用具は大丈夫だったという。

不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001

不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001


Facebookの友達で、阪神淡路大震災で被災された人がいる。
地震の時に、部屋にあった27インチのテレビ(ブラウン管式)が震度7で飛んできて、4メートルほど離れた自分を直撃したという。
よく助かったと思う。
今は液晶テレビになっているから、軽いために飛び方はもっと半端でないだろう。
震度7ぐらいの大地震になると、あらゆる家具などが凶器となり得る。
このような固定するものがあれば、安全性は増すだろう。

プロセブン テレビ転倒防止マット 50-70V型まで P-TV70C

プロセブン テレビ転倒防止マット 50-70V型まで P-TV70C


冷蔵庫などのキャスターは、はずすか固定した方が良い。
すごいスピードで移動してきたら凶器になるかもしれず、また移動して戸が開かなくなり脱出できなくなる可能性もある。

備蓄食料

非常食については、食べ物には各人の好みがあるだろうし、いろんな種類の商品を紹介し始めたらキリがないだろう。


最近はこういうパンの缶詰などが流行りのようだ。
美味しいだろうけれど、高いし場所を取るから、個人的には興味がない。


水をかけるだけで食べられるカレー。
1個あたり100円ぐらいと、安い。
味は、食べてみないと何とも言えない。


やっぱり日本人はパンよりもご飯でしょう。
5年ぐらいと、かなり保存が効くようだ。
たとえ配給があるとしても、ご飯が配られるとは限らない。

尾西食品 アルファ米 白飯100g×5食

尾西食品 アルファ米 白飯100g×5食


炭水化物の他に必須なのは、野菜だろう。だが備蓄は難しい。
コーンは優秀な非常食だ。
炭水化物と食物繊維をとれる。


ポップコーン原料豆。
コーンのセルロースが便秘に効く。

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg


余談だけど、ポップコーンはとてもヘルシーな食品。
ファミマで100円ぐらいで売っているものは、原材料がコーン、植物油、食塩のみと、余計な添加物類が入っていなく、半年もつ。

その他の防災用品

防災頭巾は、地震発生後に外へ出る時は必須だ。

防災頭きん 大人用 3979

防災頭きん 大人用 3979


ウォータータンクは、水の配給を受ける時に必須になる。
これはキャスター付きで持ち上げる必要がなく、20Lも入る。

タンゲ化学工業 防災グッズ 水専用 コロコロタンク 20L 【ホイール&ハンドル付】 2000GT-WII

タンゲ化学工業 防災グッズ 水専用 コロコロタンク 20L 【ホイール&ハンドル付】 2000GT-WII


工具セット。
ドアや玄関が開かない時にはバールでこじ開ける。

E-Value ツールセット 68点組 ETS-68M

E-Value ツールセット 68点組 ETS-68M


非常用トイレは、特に高層マンションなどでは欲しくなるだろう。

石崎資材 シートイレ 50回分セット STT-50

石崎資材 シートイレ 50回分セット STT-50

サッと固まる非常用トイレ袋(30回分) 災害での断水時でもトイレが使える!

サッと固まる非常用トイレ袋(30回分) 災害での断水時でもトイレが使える!


あると助かる防災用品は?

下記のNAVERまとめでは、100円ショップで買える防災グッズを紹介している。
なるべく安く買えるものは、Amazonなどで買う必要はないだろう。


特に挙げておきたいものは、以下の通り。
上記ページで紹介していないものもある。
ダイソー:防水ポンチョ、非常用ローソク(8時間)、ライター、使い捨てショーツ、簡易トイレ、耳栓、ラップ(食器の上に敷くと洗わずに済む7)、ゴミ袋(簡易トイレ、防寒、カッパ)。
100円商品は壊れやすいので、予備も買っておくと良いだろう。


松原照子さんは、正月の世見で、今年も震度6クラスは覚悟しなければならないのかなぁと書いていた。
首都直下地震は来年か再来年かわからないが、震度7となったら、どうなってしまうのだろうか。
27インチのブラウン管テレビが4メートル先まで飛んでくるほど、震度7というのは恐ろしいものだ。
テレビだけでなく、PCやオーディオや何もかもが、凶器となって自分や小さな子供に襲ってくるかもしれないのだ。
家具などの固定がどれだけ大切か、思い知らされた。


みなさんは、どういうものを備蓄していますか?
おすすめのものがあれば教えてください。


【追記】2015/01/17
保存食をおいしく食べるレシピの情報があるので追記する。
味気ない非常食の代名詞である乾パンも、こうすれば美味しくなるという、アッと驚くアイデアも。


親子のための地震安全マニュアル―家庭で備える地震対策最新情報!

親子のための地震安全マニュアル―家庭で備える地震対策最新情報!

生き延びるための非常食[最強]ガイド

生き延びるための非常食[最強]ガイド

一昨日紹介した時には、数百円の古書があったのだけど、もう高いのしか残ってない。
私がブログで紹介した希少本は、とにかく早い者勝ちで買わないと、こういうことになります。^^;
私だったら今の値段(1800円)でも買うけどね。それだけの価値はある。
前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分


連載(5)へ続く↓


【龍矢】【愛弥美】おはよ。Ohayo.
http://instagram.com/p/x2amiQo2tM/


【愛弥美】おはよ。
http://instagram.com/p/x2aYn0I2s1/

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email