探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【予言】松原照子氏が大阪北部地震を予言した3つ目の世見+7/10「特定な名前が付く大災害」~三河・宝永・明応の解釈

f:id:nmomose:20180213225043j:plain


今日は、松原照子さんが大阪北部地震を予言していた3つ目の世見の紹介と、7/10の「特定な名前が付く大災害」という世見を解釈することにしたい。

大阪北部地震を予言していた

既にTOCANAとこのブログでは、松原照子さんが大阪北部地震を予言していたと思われる世見を2つ紹介した。


TOCANAで紹介したのは、下記の2012/06/20の世見。

2012/06/20「伏見城で大地震に」
ただ、8月5日高槻で講演会をする事になっているので高槻を探すと、この高槻から思い出深い有馬温泉に一本の線が見えたのです。
この一本の線の意味は分かりませんが、秀吉が伏見城の天守閣で体験した事に繋がるようなのです。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2012/06/20より)


以前に書いたように、「秀吉が伏見城の天守閣で体験した事」とは、慶長伏見地震のことだった。
大阪北部地震は、この地震の再来ともいわれている。
そう世見した出来事(大地震)が、ちょうど6年と2日たった今年6/18に起きたことになる。


そして、もう一つは、2017/06/11のもの。

◎2017年06月11日「地殻変動列島」
地図に「中央構造」と書かれている線も影響が見られるのです。
日本にどれだけの数の活断層があるのかはわかりませんが、大阪湾から生駒山一帯と、京都から奈良にかけて、それと金剛山、この名もいつの日か騒がしくなる気さえいたします。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2017/06/11)


それからちょうど1年たって、指摘したところでM6.1の地震が起きてしまった。
いままで様々な的中した世見を見てきて、1年というのは、一つの重要なタイムスパンであるようだ。


ちなみに、私は上記の松原さんの世見に先立つ2017/5/16に、ダウジング地震予測を実施して、出た場所が、「台湾内陸部(東側?)」と「生駒山」だった。



台湾の方は、2018/02/06の台湾・花蓮地震(M6.4)が、台湾東部の内陸近くだったため、これが対応する地震だったかもしれない。
2つ目の「生駒山」でペンデュラムが出た時には、「9割方ハズレだな」と内心思った。
直近でこういうところで大きな地震が起きることは、あまり考えられないと思ってしまったのだ。


だが、それから1年1ヶ月ほど経った今年6/18に、生駒山から15kmほどのところでM6.1の地震が起きてしまった。
先入観を持ってはいけないということだ。
しかも、松原さんも活断層と関連付けて「生駒山」の固有名詞を出していたのだから、尚更だ。
深く反省するところとなった。

月刊SYO 2018年5月号

今回の3つ目の世見というのは、『月刊SYO』今年5月号で書かれていたことだ。


そこでは、全国の地震を懸念する地点ということで、「関西」の2つのうちの一つとして、こういう記述があった。

生駒山の周辺も気が抜けません
terukomatsubara.jp


このように、松原さんは6年前から今年にかけて3回、「高槻」あるいは「生駒山」の固有名詞を出して、大きな地震に注意を促していたことになる。
もちろん、自分の考え(解釈)が必ず正しいとも思わないが。

7/10「特定な名前が付く大災害」

話題は変わって、4日前の7/10の「特定な名前が付く大災害」と題した世見記事について。
「特定な名前で呼ばれる大地震など起きて欲しくはありません」と始まるこの記事は、大地震や火山噴火など、特別な名称を冠した災害、つまり後世に名を残すものについて言及している。

「三河」

「三河」、意味なくフッと書きたくなった。
「三河」から学ぶことはあるのだろうか? 私もわからないので、わかる人以外は気にしないでいる方がいいのかなぁ~と、少し疑問も湧くのですが‥‥。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2018/07/10より)
www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com


これはもう解釈の必要はなくて、終戦の年1945年1月13日に発生した三河地震(M6.8、犠牲者・行方不明者2,306人、津波あり)のことだ。
愛知県・三河湾付近の直下型地震で、1944年の昭和東南海地震と1946年の昭和南海地震の間に起きた大地震だった。


これだけでは、松原さん(についている不思議な世界の人々)が何を言いたいのか、よくわからない。

「宝永」

「宝永」、この字を書きたくなり、自分が書いたこの字を見ていると、8の数字が見えた。
過去形なのか、ウ~ンわかりません。
「松尾芭蕉が訪れし場所にヒントあり」
意味不明ながら、芭蕉が目にした景色の場所が揺れていたとしたらどうだろうか。
(松原照子、同上)


まず、「松尾芭蕉が訪れし場所」ということで、いろいろ候補はあるが、東海道だろうか?
そして「宝永」は、名を冠した災害ということでは、「宝永地震」か、または富士山の「宝永大噴火」ではないか。


「宝永地震」は、1707年10月28日に起きた南海トラフ全域が震源域とされている巨大地震で、M 8.4〜M8.6程度と推測される。
宝永大噴火は、その2ヶ月弱後の1707年12月16日に起きた。


次に、「8」の数字の意味だが、これで思いつくのは、「マグニチュード8」か「8月」くらいだ。
「宝永」が宝永地震のことだとすれば、南海トラフ巨大地震が8月に起きるのは、あり得る。
過去の南海トラフ地震は、すべて7月~2月に起きているからだ。
そして、M8も、南海トラフが3連動しなくても、そのくらいは普通に行く規模だ。

「明応」

ここで又、字が浮かぶ。
「明応」、なんか嫌な気分になる。
(松原照子、同上)


「明応」は、過去の世見でも出てきていた。
それは、下記の記事で書いている2014/11/22のものだ。
www.tankyu3.com


1498年9月11日(or 9月20日)に発生した明応地震は、東海道沖の巨大地震(南海トラフ巨大地震)とされ、M 8.2〜8.4で、犠牲者3〜4万人以上だった。
伊勢・駿河などで津波により大きな被害があり、これによって浜名湖が海と繋がったという。

まとめ

この世見に出てきた「特定な名前が付く大災害」としては、下記の3つがあった。

(1)「三河」:愛知県南部直下で、南海トラフ巨大地震の前兆地震?
(2)「宝永」:3連動か。M8?8月?どちらも十分あり得る。または富士山の大噴火。
(3)「明応」:静岡県沖の南海トラフ巨大地震。南海も別に揺れた可能性あり。


(2)を富士山噴火とすれば、異なる3つの大災害ということで、揃うことになる。
そうでなく、南海トラフ巨大地震と解釈すれば、なぜ2回同じエリアが揺れた地震のことを出したのか、謎が残る。
南海トラフ巨大地震が同時に3連動するのではなく、2回に分けて起きるということなのか。


そして、もしかしたら、これらが順番に起きるということ?
そう指定しているわけではないから、違うだろう。


ただ、愛知県南部で地震のあとで南海トラフが3連動する巨大地震が発生するということぐらいは、暗に示しているのかもしれないが。


というわけで、恐らくこの世見は、大阪北部地震が起きた後で原稿を書いたものだろうが、いまこの時期にこの話題ということは、やはり大阪北部地震の前兆または何らかの関連があるということなのかもしれない。


こうして現時点での解釈を書いてみたが、その後になって考えが変わるかもしれない。
その時にはまた、ブログで紹介することにしたい。

【追記:2018/07/14 23:15】

大阪東部と広島のラドン濃度グラフが下降して、発震直前かもしれない。


f:id:nmomose:20180714231905p:plain
f:id:nmomose:20180714231918p:plain


広島は、いつものレンジ外かもしれないが、それでも下降しきったかもしれず、念のため要注意です。

しろ子の運動量と私の体感

まず、今朝のしろ子の運動量は、下記のように2日続けて少なかった。


https://www.instagram.com/p/BlMTtKJn2zX/
【ハムスター】7/14朝、カウンター値:213。少ない。 @kokanranger 報告 #hamster #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


次に、私の体感。


https://www.instagram.com/p/BlNX_mAHhp_/
【体感】7/14 夕方から軽く頭痛が始まるが、低気圧要因はなし。夕食後に薬を飲んで様子見することに。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #LINE #体感


じつは、これを投稿した直後の18:30頃だったか、左耳の閉塞の直後にピー音の弱めの耳鳴りが数秒間あった。


関東は2日以上有感地震が起きていないが、スーパームーン心月+部分日食トリガーはまだ続いているので、ご注意を。



https://www.instagram.com/p/BlMXqHkn1B_/
【東京くらし防災】東京都作成の「女性視点の防災ブック」。160頁程の小冊子だが、首都圏以外でも役に立つことが多そう。ヤフオクやメルカリで売っている人がいるけれど、無償配布のものをかき集めて必要な人の手に渡らなければ問題では?#東京くらし防災 #東京防災 #防災ブック #防災 #災害 #LINE


https://www.instagram.com/p/BlNSnrhnrHj/
【飲泉】『医者がすすめる 続奇跡の温泉』、朝倉一善、小学館、2001年。以前に紹介の続編。55の「飲泉」用の温泉を紹介。もっと知りたい人向けだがAmazon古書が残3冊で3千円以上。同著者の類似本で紹介された所があるかもしれないが定かではない。#釈迦の霊泉 #温泉 #飲泉 #飲む温泉水 #LINE2


https://www.instagram.com/p/BlNEps2nyB7/
【愛弥美】ママが前髪をカットする時に、大好きな「HUGっとプリキュア」のキュアエールと同じくカーブを描いてと注文したら、あやは大喜び。Aya's hair cut is the same as "Cure Ale" of HUGutto PreCure.#プリキュア #HUGっとプリキュア #キュアエール #ヘアスタイル #PreCure #Japan #anime

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email