探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【TOCANA】大地震が起きると3日以内に”地球の裏側”でも大地震が誘発される?定説を覆す驚愕の研究

f:id:nmomose:20180825193758j:plain


今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載された。
世界のどこかで大地震(M6.5超)が起きると、3日以内に最遠では地球の裏側でもM5超の地震が誘発される傾向にあるという科学的研究を紹介したもの。
題して、『【緊急】大地震が起きると、3日以内に“地球の裏側”でも大地震が誘発される! 定説を完全に覆す驚愕事実が判明(最新研究)』。


私にとっても俄には信じがたい学説で、編集部から依頼が来た時には驚いた。
だが、いつものように自分でデータを検証してみると…。
「あるかもしれない…」と思い始めた。

【目次】

 

TOCANAの記事

この研究は、米・オレゴン州立大学(OSU)の研究チームによって科学誌に発表されたもの。
まず、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。
その後に、自分が調査した地震データなどについて補足を行います。


tocana.jp
 

実際の地震誘発の例

TOCANAの記事で紹介した地震の実例は、代表的な事例として紹介するにはあまり適当ではないかもしれず、元の英文記事なり論文では、たとえばこういう例があるという程度で示したものかもしれない。


私が独自に調べて示した2つの巨大地震例を、図の一部に追記して再度下記に示す。
まず、この記事の冒頭に示したのは東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から3日間の地震データ(M5.0以上)だが、下記に再度示す。


f:id:nmomose:20180825193758j:plain


これを見ると、3/11当日または翌日に起きた地震が多く、カリフォルニア湾だけは3/13となっている。
これらの地域をまとめると、5つのブロックで誘発されるようにM5超の地震が起きていて、うち4ブロックはリング・オブ・ファイア上だった。


次に、2003/9/26の十勝沖地震(M8.0)の時のもの。
f:id:nmomose:20180825204210j:plain


その翌日にシベリア南部でM7.3の大地震が起きていたが、なぜかWikipediaの地震の年表にも載っていなくて、当時は秘密裏にされたのかもしれない。
これも緯度が近い例だ。
2地点間は5千kmほど離れていて、また別プレート上のため、通常では説明が難しいだろう。

最近の対応するかもしれない地震の例

昨日の記事で紹介したような最近の世界(リング・オブ・ファイア)上で起きている大きな地震の分布を見ても、そのような傾向に当てはまるものがあるかもしれないと思いながら書いていた。


この最近の大地震のマップで、緯度が近い関係にある2つの地震をピンクの線で結んでみた。


f:id:nmomose:20180825210959j:plain


ここで注目すべきなのは、これらの誘発された(?)地震は、元の大地震とは異なるプレート上で起きていることだ。
太平洋プレートなどの境界は、赤線で示してある。


どうしてこういうことが起きるのだろうか。
あるいは、すべては「たまたま」そうなっているのだろうか。


3.11から3日間に、世界(特に環太平洋)でM5.0以上の地震が406件も起きていた。
これも「たまたま」だろうか?

地震予知に役立てるか?

もし本当にこのような「法則」があるのならば、地震予知の活動に大いに役立つだろう。
科学者や研究者以外の一般の人たちにとっても、世界のどこかでM6.5以上の大地震が発生した際には、そしてその震源の緯度が日本と大きく変わらなければ、「数日中に日本でも大きな地震が起きるかもしれない」と警戒をすることができるということだ。


今回の記事では、締めの部分で、私が原稿に書いたほぼそのままの形で編集してくれたので、ありがたかった。
やはり、非常に主張したかったことなので。


それは、下記の部分だ。

これだけ科学技術が発達した現在でも、「地震予知は不可能だ」と頭ごなしに否定する風潮が強い現代日本では、地震による犠牲者が減少することはなく、むしろ南海トラフ巨大地震や首都直下地震で想定以上に多くの死者が出ることも考えられる。しかし重要なのは、どんなことでも“可能性がある”ならば、あきらめず研究してみようとする姿勢なのではないだろうか?


「お金」とか「名誉」の追求がメインではなく、夢と勇気をもって地震前兆の研究をされていた故・池谷元伺大阪大学名誉教授のような科学者が増えてきてほしいものだ。

明日8/26の満月トリガー要注意

明日8/26の満月は、スーパームーンなど特殊なものではないけれど、前回8/11の新月がスーパームーン+部分日食と稀有なパターンだったので、その影響がないとはいえない。


現に、この2週間ほどで世界(特に環太平洋)で大地震が多発していたのは、周知の通り。
8/23に頭痛体感もあったので、日本でも日月あたりが注意か。


※安い古書は、今のうちに!

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)

地震の前、なぜ動物は騒ぐのか―電磁気地震学の誕生 (NHKブックス)


https://www.instagram.com/p/Bm4kgedHv9D/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美 #浴衣

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email