探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【ダウジング】ミシェルさんの富士山噴火と百瀬の地震予測~鹿児島県沖・神戸市~大阪湾にも津波?

f:id:nmomose:20181101221357j:plain


今日は、大分県のミシェルさんの「手のひらダウジング」による富士山噴火のポイントと、私が今日実施したダウジング地震予測で鹿児島県沖と神戸市が出たので、それを紹介する。

【目次】

 

ミシェルさんと私の「伊勢湾トライアングル」

この3日ほど、各所の原稿執筆で多忙で、昨日はブログを書く暇がなかった。
これから紹介する大分県のミシェルさんのダウジング予測については、例の伊勢湾トライアングルについては、下記の10/30の記事で書いた。
まだ読んでいない方は、こちらを先に読むことを強くお勧めする。


この伊勢湾の件は、ミシェルさんもブログで紹介して読者の方が私のブログを読みに来てくれたこともあって、相乗効果で非常に話題になったようだ。
今日Googleで「地震予知」で検索したところ、久々に1位に返り咲いていた。


いつも華さんの地震予測まとめブログと抜きつ抜かれつしているけれど、たぶん向こうはあまり努力しなくても上位に居座っていられるのに対して、こちらは常に努力しないとどんどん下がっていくみたいな違い?


自分的には、月間5千万PVのTOCANAを追い抜くといい気持ちみたいな?
(私もライターだから怒られるか?)
余談はこれくらいにして…。

ミシェルさんの富士山噴火のダウジング

ミシェルさんが10/18に、上記の伊勢湾のダウジングポイントを教えてくれたのと一緒に、富士山噴火が起きるポイントを教えてくれた。
それが下記のマップ。


f:id:nmomose:20181101223241j:plain


富士山の山頂から北と南にある赤い印が、ここから噴火するというポイントらしい。
この図には、ミシェルさんから下記のメッセージが付せられていた。

富士山噴火の可能性は赤い目印北東側と南部でヒットしましたが、画像上部の赤い目印がかなり強く感じました。


というわけで、富士山の北にある河口湖あたりから見える山頂直下のあたりから噴火する可能性がもっとも高いと感じているようだ。


ちょうど記事の冒頭の富士山の写真が、河口湖から撮ったものだ。
白い雪が被った真正面から若干左のあたりが、噴火ポイント。


私はこのような火山噴火のポイントをダウジング予測したことはないが、それほど精度が高くないので、無理かもしれない。


富士山噴火といえば、今年あたりから予知夢を見る人などが夢を見始めているので、噴火が近いのかもしれない。
その中には、スズさん、スズさんの娘さん、茨城県の郁代さん、七曜高耶さんなどがいる。
下記のブログで書いている。
www.tankyu3.com


これほどそうそうたる面々が夢を見ているのだから、やはり噴火が近いのだろうか。

私のダウジング地震予測(1)鹿児島県

今日、地震が気になるので、ダウジング地震予測を実施した。


https://www.instagram.com/p/Bpo0O9Tl5FB/
【地震予測ダウジング】11/1 21:25。大きな地震があるところ→鹿児島県・黒島あたり。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #ダウジング #地震予測ダウジング


下記のマップのように、鹿児島県の西沖はこれまで何度か出ているので、気になるところだ。


f:id:nmomose:20181101224602j:plain


この北の方の沖合で3回ほど出たのは、今年4月以降だった。

私のダウジング地震予測(2)神戸市

更にもう一度、ダウジング予測をやってみた。


https://www.instagram.com/p/Bpo17kKFutQ/
【ダウジング地震予測】11/1 21:40。大きな地震があるところ→神戸市北区北区矢田町深谷ダンロップゴルフコースあたり。 @kokanranger #地震 #地震予知 #地震前兆 #ダウジング #ダウジング地震予測 #LINE


f:id:nmomose:20181101235615j:plain


神戸市あたりは今まで出たことがなくて、外してしまったかもしれない。
あまり地震に自信がないが、念のため書いておくことにする。


この記事を投稿して、しばらくしてから、「あっ」
気がついたことがあって、3秒間ぐらい開いた口が閉まらなかった。


伊勢湾のときと同様に、これから大阪湾を囲むようにダウジングポイントが増えていくのではないか?と。
今夜は時間がないが、明日以降に、各地点が津波到達の可能性があるかどうか、調べてみることにしたい。

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email