探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【前兆】M6超級の地震の可能性も~ELF帯電磁波の「猛烈な強さ」+百瀬の強烈な耳鳴りも

f:id:nmomose:20181104204154j:plain


関東の渡辺まさあきさんの電磁波測定器が、大地震を示唆する「猛烈な強さ」の値を出し続けていて、このまま続くと「M6を超える地震」が起きる可能性もあるとのこと。
私や周囲の人々の頭痛・耳鳴り・眠気などの強い体感もあり、併せて紹介する。

【目次】

 

前回の「猛烈な強さ」の結果

前回は10/20の1週間前頃から「猛烈な強さ」の電磁波が測定され続けていて、M7超クラスの大地震もありえるということだった。
その結果としては、10/23の与那国島近海M6.1と10/24のM6.3の2つの地震が主に猛烈な強さの電磁波を引き起こしていた。


今回も、M6超ということだが、複数回のより小規模の地震がその結果だったということも、あるかもしれない。

11/3のYouTube動画

渡辺さんは11/3に新しい動画をYouTubeに投稿されていた。
それによると、11/2からの「猛烈な強さ」の電磁波があり、それが11/3に益々強くなってきたという。
そして、この状態が、長引けば「マグニチュード6クラスの地震の可能性も十分にありえるという。


その動画は下記の通り。



 

最新情報では、この電磁波の強さからして、関東地方を含む、東北南部、伊豆諸島、静岡県までは、警戒が必要と思われるという。

山梨県のラドン濃度が急上昇中。

次に、富士山北面標高1200mの山梨県鳴沢村で測定されているラドン濃度の値について。
下記ツイートにあるように、昨日11/3朝に42という異常な高さまで上昇しているという。



ラドン濃度は通常は、下降を始めたときの途中または下降しきった時点で地震が発生することが多い。
今後も同行を伺うことにしたい。

強烈な耳鳴り

実は、今日は外出して20時頃に帰宅して、ブログを書き始めたが、メッチャ眠くて半分眠りながら書いている。
もっとも、昨夜は下記Instagramで投稿したように、耳鳴りが異常に強くて、そのせいで眠れなかった。


https://www.instagram.com/p/BputgwPF3Vl/
【体感】11/4 4:20 昨日の頭痛が収まったと思ったら、セミ鳴きの耳鳴りが強烈に頭の中で響き続けて一睡もできず。地震前兆でなければ病院へ行かなければ。電磁波測定器では「猛烈な強さ」とのことで地震に要注意。 @kokanranger #LINE #地震 #地震予知 #地震前兆 #体感 #耳鳴り


結局6時過ぎに寝入って、9時半頃まで寝た。
そのため、いま異様に眠いのも、単に睡眠不足というだけかもしれない。


その耳鳴りは、未だに強いままで維持している。
関東近辺、地震が起きそうで起きないのは、それだけ強い地震(近場ならば小規模で収まるかも)の前触れであるかもしれない。

頭痛体感

直近の頭痛体感では11/3に強烈な頭痛があり、11/6(火)~11/7(水)あたりに関東近辺で、内陸の近場ならばM3~M4以上、沖合ならばM4~M5以上の地震が起きる可能性がある。


その他の人々も、強い頭痛・耳鳴りや眠気を体感している人が多いようだ。


私の耳鳴りは、右耳を中心に少し圧がかかって、セミ鳴きの耳鳴りが強く続いている。
関東地方周辺、依然として強めの地震に要注意です。

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email