探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【地震】今秋にエルニーニョ発生か?~南海トラフ巨大地震を含む大地震発生との関係

f:id:nmomose:20181107204419j:plain


今秋中に、エルニーニョ現象が起きる可能性が高いというが、じつは南海トラフ巨大地震を含む大地震の発生とも関係している可能性がある。
いま私が検討している、その可能性を紹介したい。

【目次】

 

ラニーニャ

エルニーニョとは逆に、太平洋の西側で海水温が低下する期間が続くことをラニーニャ現象と呼ぶ。
これが今年春に終息したが、その後に日本の太平洋側で大地震が起きる傾向があることを、下記のTOCANA記事で書いた。


これを書いた2週間後の6/18に、に、大阪北部地震が起きてしまった。
また、さらに3ヶ月後には北海道胆振地震が起きてしまった。


この2つの被害地震は、たしかに「太平洋側」ではあったが、内陸地震だった。
海溝型の地震ばかりに目が行ってしまい、内陸地震への警戒が疎かになってしまっていた。


数十万人の人が読んだだろうトカナの記事で、「太平洋側の」と指定しなければ、大阪や北海道の人々はもっと地震に警戒できただろうか。
責任が重いメディアで執筆しているわけで、この点が反省点だ。

エルニーニョと地震の関係

これに対して、太平洋の赤道付近から南米ペルー沖の海面水温が高くなるエルニーニョ現象は、10月の気象庁の発表では、この秋に発生する確率が非常に高いという。
まず日本の気候への影響としては、冬季が「暖冬」になる傾向がある。


エルニーニョ現象の発生は、南海トラフ巨大地震も含めて、海水温と海溝型地震の発生に密接な関係があると考えている。


では、エルニーニョが発生すると日本付近の地震の発生に影響があるだろうか?


現時点では、その可能性があると考えている。
エルニーニョが発生すると、その期間中は、特に日本の南側で大きな地震が起きる傾向があるかもしれない。

エルニーニョ期間中の大地震

以下に、エルニーニョ発生中に、北方領土の千島海溝を含む日本で発生した大地震(M7.0超)の例を示す。


凡例: 【エ】=エルニーニョ、「◯」=M7.5以上の地震、「・」=M7.0以上の地震

【エ】1946年春~1947年春
◯1946年12月21日 昭和南海地震 M8.0、死者・行方不明者1,443人


【エ】1951年春~1951/2年冬
・1951年7月12日 小笠原諸島西方沖 - M7.2。


【エ】1953年春~1953年秋
・1953年11月26日 房総沖地震 - M7.4。


【エ】1963年夏~1963/64年冬
◯1963年10月13日 択捉島沖地震 - M8.1。津波。


【エ】1968年秋~1969/70年冬
・1968年10月8日 小笠原諸島西方沖 - M7.3。
◯1969年8月12日 色丹島沖地震 - M7.8。


【エ】1982年春~1983年夏
◯1983年5月26日 日本海中部地震 - M7.7、日本海に大津波、死者104人。


【エ】1997年春~1998年春
◯1998年5月4日 石垣島南方沖地震 - M7.7、一時津波警報発表。


【エ】2009年夏~2010年春
・2010年2月27日 沖縄本島近海 - M7.2、南城市で10cmの津波。


【エ】2014年夏~2016年春
◯2015年5月30日 小笠原諸島西方沖 - M8.1。
・2016年4月16日 熊本地震 - M7.3。


これは、エルニーニョ以外の期間と比較して、多いのか少ないのかなどといったことは、このデータでは見えてこない。
日本以外の事例や科学者の研究も含めて、より詳細は別の場で発表することにしたい。

南海トラフ巨大地震

この記事を読みに来ている人の多くは、やはり南海トラフ巨大地震との関係が知りたいところだろう。
上記の例では、南海トラフ巨大地震の例として、昭和南海地震が1件だけ含まれている。


この地震については、過去には7月から翌年2月までの期間にしか発生していないことがわかっている。
なぜ季節的な要因があるのかというと、やはり海水温と密接な関係があるように思う。


南海トラフの地震については、特に海水温と海流(黒潮)が大いに関係しているようだ。
他の地震と異なり、季節的な偏りがある理由は、そのへんにあるのではないか。

黒潮大蛇行との関係

以前から私が主張しているように、南海トラフ巨大地震は、上記の発生月の条件の他に、「黒潮の大蛇行が起きていない時(直進期)に発生する」傾向がある。
現在は大蛇行が続いているために、南海トラフでの巨大地震は発生しない可能性が高いと考えている。


特に西日本の人たちは、まったく見えない相手が、いつ来るかとビクビクしているよりは、少しでも条件によって期間が絞れた方が安心…といったら変だけど、多少の心構えができるのではないか。

黒潮大蛇行とエルニーニョ・ラニーニャの発生時期を見てみると、両者は被らないことが多いようだ。
ごく一部で、エルニーニョまたはラニーニャと期間が一部被る例もある。


もうすぐエルニーニョが発生するというが、その後で黒潮の大蛇行が終息すれば、両者が被る数少ない例ということになる。
そうなると、南海トラフ巨大地震の発生の可能性は高まるかもしれない。
もっとも、「7月~2月」という条件が整う必要があるが。


ちょっと一部はわかりにくい説明になってしまったが、よりわかりやすくなるように、後日何らかの形で全体をまとめることにしたい。

今日の地震前兆

【赤信号】電磁波が猛烈レベルで11/8新月以降の1週間は厳重注意を。
f:id:nmomose:20180927125010p:plain


【参考】


地震対策用 エコルート 「耐震シェルター」 Wタイプ

地震対策用 エコルート 「耐震シェルター」 Wタイプ

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様

浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ 推奨仕様


TOCANAで「放射能五輪」と福島の原発被害について記事を書きました。


『釈迦の霊泉の研究』に、「生理不順・卵巣・更年期障害・妊娠」の改善例のページを追加しました。


https://www.instagram.com/p/Bp214rxAthf/
生後7ヶ月の故しろ子と、生後3ヶ月のちび子。もはや見分けが付かない。ちびちゃんはまだ太りすぎかな。Late Shiroko and Chibiko.#ハムスター #ジャンガリアンハムスター #hamster


https://www.instagram.com/p/Bp22UJDAReE/
【愛弥美】おはよ。Mornin'#愛弥美

■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email