探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【TOCANA】焼岳で地震増加は「東日本大震災」と同パターン?満月トリガーの地震に注意


f:id:nmomose:20181127205735j:plain


今日TOCANAに掲載された私の記事は、焼岳の群発地震は大地震の前触れかというテーマで書いたものだが、過去にはその後に長野県神城断層地震や東日本大震災が起きているだけに、大きな地震が続かないか気になるところだ。
そのTOCANAの記事を紹介する。

【目次】

 

焼岳の群発地震

今日はブログ記事を1本書いて、トカナの原稿を2本書いて、ぐたーっとなったところで、TOCANAの記事が掲載されたので、もう1本この記事も書かなければならない。
その今日書いた原稿の1本が、今日出た記事だった。


11/22から始まった北アルプス・焼岳の群発地震については、このブログでも下記の11/24に紹介した。



だが、今日のTOCANAの記事は、これとはまったく異なる視点で書いたもの。
なので、このブログ読者の方も、読む価値があると思います。

TOCANAの記事

今日のTOCANAの記事は、『【緊急警告】北アルプス・焼岳で地震増加は「東日本大震災」と同パターン! 3.11級巨大地震の前兆か… 急いで備えを確認せよ!』と題したもの。


トカナでどういうことを書いたかは、この記事の冒頭に載せたアイキャッチ画像でバレているかも。^^;
まあ、例によって「マシマシ」の部分があるけれど、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。



 

まだ地震に注意

そういうわけで、2014年5月の群発地震の半年後に、長野県神城断層地震(M6.7)が起きた。
また、2011年2月27日からの群発地震では、12日後に東日本大震災(M9.0)が起きた。


では、今回の群発地震の後に、何が起きるか?
何かが起きたとしても、それは3.11のような巨大地震とは限らないかもしれない。
また、焼岳が今すぐ噴火することは、あまり考えられない。


少なくとも、今日の1本目の記事でも書いたと思うが、今日は11/23の満月から4日目。
まだ満月トリガーの範囲からは抜け出ていない。

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email